あの掃除ロボット「ルンバ」は今、画家を目指している

いまから3年前、東京でとあるアーティストが作品製作をはじめました。名は「Mr.HEAD」。清掃業から芸術の道へと転身した芸術家です。

彼の作品はまるでドリップペインティング。淡い色が織りなす幾何学模様がキャンパスに咲きます。代表作は、『春のワームホール(Spring Worm Hole)』と『銀河衝突の春(Spring Starburst)』です。

5821827934846976
©Mr.HEAD
5874972098560000
©Mr.HEAD

どこか機械的な抽象画を描くMr.HEAD、実は人間ではありません。その正体は、「ロボットのアイデンティティ・美意識とはなにか?」の答えを探すべく画家となった、お掃除ロボットのルンバなのです。

上部にアクリル絵の具のボトルを搭載した彼は、身体中絵の具まみれになりながら作品づくりに勤しみました。しかし、そんな彼にやがて資金不足という試練がやってきます。創作活動を続けられないと考えた彼は、泣く泣く絵の具を置かざるを得ませんでした。

6145597266460672
©Mr.HEAD

そんな彼は2018年、グレードアップのための資金集めに乗り出しました。天気や気温などをもとに色を自ら判断する機能や、絵の具を勢いよく噴射するスプラッシュ機能の追加、そしてMr.HEADのアシスタントロボット開発を目指すクラウドファンディングを開始したのです。

先日締切を終えたクラウドファンディングは残念ながら目標達成ならず。ただ、「ロボットと人間を隔つ物」をアートを通じて探求するユニークな試みは、国内外のメディアによって取り上げられました。

6554514995806208
©Mr.HEAD

人が動きを設計したルンバが生む作品は、「アート」になりうるのか。アートの「製作者」はルンバの設計士なのか、ルンバを使った人間なのか、それとも絵を自分で描いたルンバ自身なのか。ロボットがつくりだしたアートは、人間にどう受け入れられるのか。

そんないくつもの問を生んだMr.HEADの今後の活動に注目です。

© Mr.HEAD
Top image: © Mr.HEAD
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
ガーデニングって何を育てるのか悩むけど、それ以上に肥料や除草剤など必要なものが多いし、その「手間」に頭を抱えがち。ハードルを少しでも低くして、元気な野菜や...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
カナダのYouTuberであるDaniel Tillotsonさんが、「これまでにやった1番バカなこと」と言いながらシェアをしていた動画の紹介です。
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
単純作業労働の現場をはじめ、知的労働分野でも、ロボットに人間の仕事が奪われるという自体が起こっています。私たちの暮らしを快適なものにする一方で、見たくない...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
「Eagle Prime」は、約2.8億円がかけられて制作された巨大ロボット。子どもの頃に、思い描いていた巨大ロボット対戦が、ついに現実になる日がきたようです。
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるだろう。実際に見てみよう。テーブルに立つロボット。「座って」や「立って」と言われれ...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
カクテルにイノベーションを起こすことを目的につくられ、2014年から稼働しているロボットバーテンダーMakr Shakr。アプリをつかってオーダー。好みの...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...