あの「ロボット犬」が「フォード」の従業員に!

7月26日、「フォード」が「ボストン・ダイナミクス」の製造するロボット犬を2匹リースしたことを発表した。「Fluffy」「Spot」と名づけられ、どちらも工場の設備を再配置するプロジェクトに参加するようだ。

フォードはこれまで同じ作業をするにあたり、従業員が三脚に取りつけられたレーザースキャナーを使用し、2週間かけて、ひとつの工場のデータを集めていた。そのコストは30万ドル(約3億1700万円)にのぼるという。

しかし、「Fluffy」と「Spot」にかかれば、作業期間は半分になり、コストも大幅に削減できるのだとか。人が入れない場所にいける点なども評価されているとのこと。

人間とロボットが同じ空間で同じように働く──。SF映画のようなシーンを日常的に目の当たりにするのは、もうすぐなのかもしれない。

© Ford Motor Company/YouTube
Top image: © Ford
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
12月4日、「フォード」と「マクドナルド」が共同でプロジェクトを進めると発表。その内容は、マクドナルドが提供しているコーヒーの製造過程で出た“コーヒーかす...
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
2021年1月に配送予定の「Petoi Bittle」は、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて6000万円以上の資金調達に成功した小型ロ...
たった15分間で99%のウイルスを死滅。ニューヨーク市警察、ロサンゼルス警察が所有する車両を対象に、試験導入中。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...