自分はどんな「死」を迎えるんだろう?知っておきたい6つの豆知識

どんな人でも、「死」から逃れることだけはできません。一般的には「静かに、穏やかに、眠るように死にたい」という人が多いようですが、実際のところ、人はどのように死を迎えているのでしょうか?

01.
100年でこんなに変わった
「死亡理由」

1900年には31歳だった平均寿命も、2016年には71歳と、100年ちょっとで倍以上も長くなりました。そして、死の理由も大きく変わってきています。

アメリカを例にすると、2014年には2,600万人以上の人が亡くなっていますが、その内の半数以上の原因は、心臓病やガンでした。でも約100年前の1914年の主な原因は、結核やインフルエンザ

科学の進歩によって、かつて「不治の病い」とされていたことも、その多くが治療可能な対象に。

02.
ガンからの生存率も
この50年で向上

1970年代のアメリカでは、ガンになったあとの生存率は50%でした。しかし現在は68%まで上昇していて、1,550万人以上にも及ぶ人がガンを克服したそうです。

03.
こんな死に方ってあり!?
自撮りやゲーム、
ホットドッグまで

次に、少し変わった「死因」を見てみましょう。2015年には自撮り関連の事故で27人が亡くなっています。またある男性は『スタークラフト』を50時間ぶっ通しでプレイしたあとに、心不全で亡くなったそうです。

ロシアに注目すると、年間100人もの人が落ちてきた「つらら」のせいで亡くなっています。さらに、毎年70人もの子供達がホットドッグをノドに詰まらせて死亡しているのだとか。

04.
ほとんどの人に
「突然死」は訪れない

「逝くときは、苦しまずに…」と思っていても、ほとんどの場合でガンや心臓病は「突然の死」にはなりません。病院で亡くなる人の60%はこのどちらかの病気だと言われていますが、死に至るまでには長い時間がかかるケースが多いです。アメリカでは平均して10人に1人は、1ヶ月以上も病院で過ごすことになります。

05.
イメージと違う!?
サメより犬のほうが怖い

私たちが抱いているイメージは、じつは間違っているのかもしれません。2014年アメリカでは、サメによる死亡事故は0件ですが、犬によるものは38件もあったそうです。

また「自転車に乗るときは気をつけなきゃ」と思う人は多いかもしれませんが、自転車での死亡事故は900件なのに対し、歩行者は6,300件。じつは歩行中の事故のほうが断然多いんです。

また、テロに遭い死亡する割合と、アルコールで死ぬ割合を比べると「1:80」。アルコールで亡くなる人の割合のほうが圧倒的に多いことがわかります。

06.
自分がいつどうやって
死ぬかわかるようになるかも…

コンピューターの凄まじい発展により、将来的には既往歴などをもとに、いつどうやって死ぬ可能性が高いかを割り出してくれる日も近いと言います。

でも問題なのは、みんなが自分の寿命を知りたがるかどうか。あなたはどう?

Licensed material used with permission by Asap Science
ロンドンで生まれた「Death Cafe(デスカフェ)」という文化は、知らない誰かとケーキを食べたりお茶を飲みながら、誰もが迎える人生の最期の時「死」につ...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
イスラム教徒(ムスリム)にとって「死」とは? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、ムスリム流の生と死の考え方。
8月16日に台湾のニトリがまるちゃんと花輪くんが登場する動画を公開していました。
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
革製品ブランド「土屋鞄製造所」の鞄職人が作る「スイカ専用バッグ」が、六本木店と渋谷店で期間限定で展示される。
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
「死がもたらすのは、終わりだけじゃない」。写真から、そんな言葉が聞こえてくるような気がします。これは、蜷川実花さんが昨年の春、父・幸雄の死に向き合う日々を...
人が、死を前にして本気で後悔することとは? そのときの言葉をまとめた本が『The Top Five Regrets of The Dying』です。ある看...
「川崎市立日本民家園」内の藍染め工房「川崎市伝統工芸館」が用意したのは、政府から支給されたマスクを持ち込み、藍染め体験をおこなえる期間限定プログラム。
ジョバンニ・ボッカチオの作品「デカメロン」をモチーフにした、BookCafe&Bar「デカメロン」がオープン。店内では、お酒を中心としたメニューの提供やア...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
TABI LABOのYouTubeチャンネルで楽しめるコンテンツを紹介。登録しなきゃもったいない!
「Kent Fire and Rescue Service」というイギリスの救助隊が公開した事故現場が、インスタレーションみたい!
ここで紹介するのは、アメリカのメディア「Higher Perspective」に掲載された「6つの仏教の教え」。それは、あなたの人生を変えてしまうほどの可...
豆苗は栄養価が高くリーズナブルな緑黄色野菜。2回まで再生栽培ができ、手軽な家庭菜園としても注目されています。そんな豆苗の育て方と失敗しないコツを紹介。あな...
わたしたちが知ってるようで知らない、生き物の生態。当然ですが、あのハムスターでさえ、意外な生き方をしているのです。あらゆるものの寿命が掲載されている、いろ...