車種に合わせてオーダーメイドできる、アウトドア専用「キッチン」

アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。

でも、ここまで機能的でオールインワンのキッチンを見せられては、屋外でも腕を振るいたい生粋の料理好きでなくたって、食指が動くっていうもの。

アウトドア料理を存分に
楽しむためのキッチン

現時点では、アメリカ国内向けのプロダクトでしかないのがちょっぴり残念。が、カリフォルニアのキャンプ用品メーカーScout Equipmentが開発した、このユニット型キッチン「Overland Kitchen」に思わずワクワクしてしまう人も少なからずいるはずだ。

コンセプトは、自宅にいるのと同じ使い勝手でアウトドア料理を楽しめるというもの。

オーダーメイドで
自分好みに仕上げる

アメリカのアウトドアシーンにどこまで浸透しているかは定かでないが、アルミフレーム構造のユニットはスライド式。ピックアップトラックからバン、RV車、SUV車まで幅広い車種に対応するセミオーダータイプ(フルーダーもあり)のキッチン。ここに登場するのは、フル装備した「オールインワン」タイプだ。

上の写真が車の荷台にちょうど収まった状態。小型冷蔵庫もバッチリ。その隣の引き出しを引いていくと……。

コンロ、シンク、調理台
導線もカンペキ!

ぐぐぐーっと延びて登場するのが、折りたたみ式シンクに調理台、ガスコンロが次々と登場してくる。車体後部の冷蔵庫から→シンク→調理台→コンロと、しっかり導線も考えられているのがニクい!

屋外とは思えないような手際の良さで、存分に腕をふるうことができそう。

車種に合わせてフレーム構築
安定感はお墨付き

それにしても、こんなにユニット本体から引き伸ばされて、バランスや強度は大丈夫なのかと心配にならないだろうか。けれど、メーカーの説明によると、主要なアウトドア車の製造元と製造番号ごとに適合するようベースプレートの設計がされるらしく、この点に関しては問題なし。ちなみに、重量は調理器具が空の状態で45キロほど。

もちろん、スケールもサイズ感もアメリカン。いくら4WDユーザーとはいえ、このユニットだけをを積んでキャンプに出るわけにもいかない。が、友だちと車2台で荷物を分散するなら話は別だし、アウトドア飯をめいっぱいエンジョイしたい!だって十分な動機だ。ちょうど写真のカップルのように。

前述の通りオーダーメイドのOverland Kitchen、価格の上限は不明だが、米メディアの情報を見るに、本体価格は5,500ドル(約57万円)くらい。

もしも、ここまでの装備があるとしたら、あなたのアウトドアライフは変わる?変わらない?


Licensed material used with permission by Scout Equipment Co.
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
荷物運び用から焚き火用まで、用途に応じて様々なモデルがラインナップされているアウトドア用グローブ。「アウトドアリサーチ」や「ペトロマックス」など、こだわり...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
〈GORDON MILLER(ゴードンミラー)〉のペーパータオルです。オートバックスが手がけるブランドだけあって、自動車や自転車などのメンテンスなど、いわ...
本格アウトドアシーズンに向けて準備しておきたい「最高においしいビール」を飲むためのギア&グッズを厳選してご紹介! オシャレと実用性を兼ね備えた一品をぜひ!
〈3sun〉の「パッチワークキルトラグ」は、車の中に一枚あると便利。ハンドメイド感たっぷりのデザインは、アウトドアはもちろんインドアでも。
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
自分で育てたフレッシュなハーブや野菜を料理に使うのに憧れています。ですがキッチンはどうしても必要なアイテムが多く、なかなかプランターを置くスペースまで確保...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
キッチンを清潔に保つことはもちろん、食料棚も念入りにチェックしたほうがいいかもしれません。とても小さな虫があなたの棚に潜んでいる可能性があるのです。
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
スプーンやフォークは言うに及ばず、ニンニクマッシャー、チーズグレーター、オレンジやレモンの皮を削るゼスターなど、普段のキッチンツールのなかでも「ひと手間」...
アウトドアに出かけて、美しい自然の中でハンモックに揺られる。憧れる光景ではあるけれど、設営のために場所を選ばなきゃいけないのが難しいところ。そんな問題を解...
アウトドアの大きくて重い荷物を運ぶなら「背負子(しょいこ)」がオススメ! モンベルからミステリーランチまで、オシャレで使える「背負子」を厳選してご紹介します。
アウトドア遊びでは普段使っているサイフはかさばったり重かったりと、なにかと不便。そこで、薄くて小さくて、しかもカッコいい「サイフ&カードケース」を厳選して...