あぐらにクラフトビールで聴く「室内楽」のデリバリーサービス

このところ、NYやLAに暮らすミレニアル世代の若者たちを中心に、あるデリバリーサービスが大人気。それが宅配ピザやケータリングのお寿司なら、ここまで大きな話題にはならなかったはず。届けてくれるのは、「生演奏のクラシック」と聞けば、どう?

室内楽団“出前”します

Aea09550ec8daad2f95e13a22f55899bb57499f9

恋人とふたり夕食感覚で彼らを招く訳ではなく、ホームパーティーの余興のひとつとして(いや十分にこちらがメインで)、自宅のリビングで室内楽コンサートを楽しもうというもの。

ソファに深く腰掛け足を伸ばす人もいれば、フロアであぐらをかいたってOK。その手にはワイングラスやクラフトビール。もちろん、ドレスコードだってありません。普段着で楽しむゆる〜いクラシックがそこにあります。

7a2547bb273384022716bde6abf657a7126181a2

この自宅と室内楽の生演奏をつなぐスタートアップ「Groupmuse」が発足したのは2013年のこと。チームを率いるCEOのSam Bodkinは、堅苦しいクラシックを自分と同じミレニアルズでも楽しめ、気軽に受け入れてもらうアイデアとして、このサービスを思いついたそう。

現在登録しているプレイヤー数はおよそ1,200人。彼らのほとんどは音楽学校を卒業したばかりの若手音楽家で構成されています。大きなホールでの出演機会が、まだあまり多くない彼らにしても、“リビング演奏会”のメリットは多いようです。例えばお客との距離感、さらには演奏のフィードバックをその場で吸収できる、といった利点も。

クラシック音楽をもっと
自由に、身近に楽しむ

6ae31304c07d895fe4d7426540ca4d6dfc05c4fbB6316a91261f18c907fd738cd70935bbd676c100

Groupmuseの公演実績は、これまでのべ2,000回以上。「今年10月だけでも70回近いイベントを成功させた」とSam。徐々に活動エリアを広げ、今ではNY、サンフランシスコ、ボストン、シアトルの4都市を中心に展開中なんだとか。

ところで、いくら駆け出しのミュージシャンが中心といっても、ソリストやカルテットを自宅に招く料金って、いったいどんなものなのでしょう。Groupmuseによると、観客の支払いは一律でひとり10ドル(約1,150円)でいいんだそう。そして、1回の公演で演奏者に入るギャラがだいたい160ドル(約18,400円)ほど。

大勢のオーケストラがスポットライトを浴びて演奏するコンサートホールとは、設備も環境も当然違いますが、どっぷりなクラシックファンでもない限り、ラフで自由なスタイルをミレニアルズが受け入れている理由もよくわかる気がします。

C31a10ce8a5753fcbc6b88de6fd75f2ee0355145

自宅のパーティーの場に室内楽団を招く。これだけ聞けば、ただの“お金持ちの道楽”でしょ、なんて節もあります。けれど実はそうではなかった。クラシック音楽への興味関心が薄いミレニアルズたちへ、いかにして魅力を届けるか、その施策にがっちりハマったのが、みんなと自分たちらしく聴くスタイルだったんでしょうね。

最後にGroupmuseの公式サイトから、もっとも刺さった文言をご紹介。

音楽史に残る傑作を友だちと一緒に、自宅のリビングで楽しみませんか?登録しているアーティストであれば、誰でも呼ぶことができます。もちろん、ビールやワイングラス片手に。ライブだって、みんなで共有したほうが楽しいでしょ。

Groupmuseさん(@groupmuse)が投稿した写真 -

Groupmuseさん(@groupmuse)が投稿した写真 -

Groupmuseさん(@groupmuse)が投稿した写真 -

Licensed material used with permission by Groupmuse
アメリカの総人口(約3億)の1/4近い数字を占めるミレニアル世代。アプリを使いこなしてランチをデリバリーし、ファストカジュアルでごはんを済ませる(もちろん...
日本で「出前」と言ったら、やはり寿司やピザが王道なのだろうか。さいきんでは、イタリアンやフレンチ、エスニックなど、レストランまで足を運ばなければ食べられな...
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
クラフトビール、クラフトコーヒーに続く、新たな「クラフト」トレンドといえば、ミルク。ビール、ピザ、ハンバーガーなど幼き、若き頃のコンフォート・フードを「ハ...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
同じミレニアル世代だけれど、すでに自分が目標をしていたことを達成している人たち、その横で羨ましそうに眺めている人たち。彼らは一体何が違うのだろう?キャリア...
朝帰りするときって、疲れているし、ちょっと後悔もあるし、大抵テンションは低め。そんなときに聴いてほしいのがクラシック音楽。聴いた瞬間に、ちょっとだけ気持ち...
旅先の宿の選択肢として、今や欠かせない存在になったAirbnb。個人宅に泊まる体験も魅力ですが、すでにアメリカのミレニアル世代の間では、これのアウトドア版...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
社会的、経済的な側面から「ミレニアル世代」と呼ばれる18歳〜34歳。この世代特有の価値感の変化がさまざまなメディアで伝えられますが、ここで紹介したいのは、...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
アメリカの心理学の調査によると、現在の10代のZ世代たちはスマートフォンの世代。スマートフォンが原因で家族や友達、または恋愛に対しても消極的になり、画面と...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...