先にはじめてまーす【シンガポール編】

 


異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第五弾はシンガポール編です。
どういうわけか物憂げな表情が目立つミレニアルズの毎日をお届けします。

 

「ハロー ミレニアルズ」#5 - Singapore

 

©Nguan

 

 

©Nguan

 

 

©Nguan

 

 

©Nguan

 

 

©Nguan

 

 

©Nguan

 

 

©Nguan

 

 

©Nguan

 

 

©Nguan
Top image: © Nguan
なんかちょっと、変なんだけど。
シンガポールのクラーク・キーには、今や大手旅行会社もインスタ映えするスポットとして注目する建物、The Old Hill Street Police St...
ハリー・ポッターにインスパイアされたというシンガポールのカフェ「Platform 1094(プラットフォーム 1094)」を知った途端、『ハリー・ポッター...
「ハロー ミレニアルズ」#11 - Melbourne
今冬限定で、チーズフォンデュを機内食のメニューに追加している「スイス インターナショナル エアラインズ」。オーダーできるのは、ジュネーヴからの限られた路線のみ。
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第六弾はマイアミ編です。何でもあり!なマイアミのミレニアルズの毎日をお届けします...
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
日本からしたら意外かもしれない、シンガポールのあるあるを9個紹介。体験談入り。様々な罰金制度の他にも、チャイニーズ・ニューイヤーでお店が休みになること、結...
アメリカの玩具メーカー「Hasbro」からミレニアル世代向けのモノポリーが登場!ゲームの進行は、もちろん彼らが“共感”できる内容で溢れています。
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第一弾に続き、今回も中国編です。クール?それともファニー?中国のミレニアルズの...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第一弾は中国編です。クール?それともファニー?中国のミレニアルズの、理解を超え...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾に続き、今回もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらない...
日本でも話題となった「#MeToo」のムーブメント。ショッキングな事例が次々と明らかになりましたが、問題はもっと根本的なところにあると考える女性たちも多い。
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第九弾もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気がす...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾はニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気が...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第三弾はジャマイカ編です。どこか退廃的なムードが漂うミレニアルズの毎日を、全2...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第三弾に続き、今回もジャマイカ編です。どこか退廃的なムードが漂うミレニアルズの...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第10弾はロシア編です。きっと格好なんてつけてないんだろうけどカッコいいミレニ...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
上海、シンガポール、マカオ…。今日もアジアのどこかでシャッターを切っているのは、フォトグラファーのHarimo Lee。独自のアングルで切りとられた写真は...