波の音、潮の香り。「ビーチ」で授業を受けられる学校がスペインに誕生

陽光を浴びながら、波の音潮の香りでリラックス。

そんな環境で学校の授業が受けられたら、最高な気分を味わえるはず。

夢のようなそんな授業風景が、スペイン南東部で実際に存在するのをご存知?

© Reuters/ YouTube

スペインの小学校「Felix Rodriguez de la Fuente school」は、海水浴場「プラヤ・デ・ロス・ニエトス」で授業をおこなっている。

新型コロナウイルスの蔓延により、この学校ではオンラインの活用感染防止対策をしたうえで授業に取り組んできたのだが、ついにビーチを教室代わりにするアイデアを実施。

同学校の英語教員・Juan Francisco Martinez氏は「ビーチでの授業は安全であり、子どもたちもとても楽しんでいる」とコメント。

新しい生活様式や時代の変化とともに、これまで画一的だった教育を取り巻く環境にも徐々に変化の兆しが。そういった意味において、「変化」は新しいことに挑戦する「チャンス」といえるのかもしれない。

Top image: © Dubova/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事