【パリ同時テロ】友だちの安否確認ができる「Facebookの機能」。開発のきっかけは、東日本大震災だった・・・

2015年11月13日夜(日本時間14日早朝)、フランス、パリのレストランやコンサートホール、劇場など6カ所で、銃撃や爆発によるテロ事件が発生。捜査当局によると、少なくとも150人以上が犠牲になったとAFP通信が伝えている。

そんな中、ここで注目したいのはFacebookだ。現地の人々の安否確認にFacebookは、いち早く対応し、専用ページを開設していた。

その機能は、
3.11をきっかけに開発された

prayforparis2015-11-14

日本政府は、一連の襲撃事件を受けて、パリの日本大使館に現地対策本部を設置し、情報収集や安否確認にあたっている。しかし、その対応よりも早く、友だち同士で無事を確認し合う行動がSNS上では始まっていた。

先の東日本大震災時、多くの人々がSNSを通じて友だちや家族の安否を確認することができた。当時の「伝言掲示板」機能を充実させ、Facebookは2014年10月より「災害時情報センター」を導入していたのだ。

その機能は、ワンタップで災害時に友だちや家族の安否を確認できるほか、ユーザーがプロフィールに登録した所在地で災害が発生した場合、安否確認のメッセージが届いたり、無事を知らせる記事をニュースフィードに投稿できるというもの。さらに、影響を受けた地域にいる友だちを確認し、友だちの無事を知った場合、それを代わりに報告することも可能だ。

今回のパリ同時テロ専用に関しても、安否確認ページが公開されている。ページにアクセスするだけで、Facebookでつながっている友だちの無事を確認することができる。パリ在住の日本人も多く、現地からの情報が少ないなか、こうしたSNSを通じての安否確認に胸を撫で下ろしている人も多いようだ。

ユーザーからは、
こんな声も

 Reference:AFP , CNN ,  NHK
Licensed material used with permission by :  シンディ , Maeda,Rai-chan

 

2016年4月14日21時26分ごろ、熊本県で最大震度7に及ぶ地震が発生しました(気象庁)。「防衛省」は、述べ約2,100名の自衛隊員を救援活動のために派...
独メディア「ドイチェ・ヴェレ」が行ったダライ・ラマ14世への単独インタビューで、先のパリ同時多発テロを受けて、事件後初めて公の場で発言をしました。ここでは...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
先のパリ同時テロを受けて、実行犯が逃走したとみられる隣国ベルギー。警戒レベルを最高位に引き上げ、厳戒態勢が続いている。警察当局は、首都ブリュッセルで展開さ...
ハイチでは800人以上の死者を出したと報じられた大型ハリケーンの「マシュー」。アメリカ南西部にまで上陸したとき、中西部ネブラスカ州のオマハに住んでいるエリ...
パリ同時多発テロから一夜が開けた2015年11月14日朝。バタクラン劇場前でジョン・レノンの『イマジン』を弾くピアニストがいました。その場に居合わせた人々...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
2015年1月11日、パリ中心部に群衆が押し寄せた。同月7日に発生した政治週刊紙「シャルリー・エブド」銃撃事件を受けて、フランス史上最大規模と言える抗議活...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
2004年2月4日創業。今やSNSの代名詞とも言えるFacebookは、この12年間で世界を変えたと言っても過言ではありません。国境を越えた友情を演出し、...
パリの主要ターミナル駅のひとつ、リヨン駅。ここから少し歩いたところにあるクレミュー通りに暮らす住民が苦情を申し立てています。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
パリ五輪を前にシャンゼリゼ通り活性化させるという計画案が注目されています。理由は、その一環として凱旋門を囲うラウンドアバウトに夏はビーチ、冬はスケートリン...
パリで人気のフードトラックと言えば、「Le Camion Qui Fume」。肉厚でヘビー級だけれど随所にこだわりが見られ、美味なアメリカンスタイルのバー...