【パリ同時テロ】友だちの安否確認ができる「Facebookの機能」。開発のきっかけは、東日本大震災だった・・・

2015年11月13日夜(日本時間14日早朝)、フランス、パリのレストランやコンサートホール、劇場など6カ所で、銃撃や爆発によるテロ事件が発生。捜査当局によると、少なくとも150人以上が犠牲になったとAFP通信が伝えている。

そんな中、ここで注目したいのはFacebookだ。現地の人々の安否確認にFacebookは、いち早く対応し、専用ページを開設していた。

その機能は、
3.11をきっかけに開発された

prayforparis2015-11-14

日本政府は、一連の襲撃事件を受けて、パリの日本大使館に現地対策本部を設置し、情報収集や安否確認にあたっている。しかし、その対応よりも早く、友だち同士で無事を確認し合う行動がSNS上では始まっていた。

先の東日本大震災時、多くの人々がSNSを通じて友だちや家族の安否を確認することができた。当時の「伝言掲示板」機能を充実させ、Facebookは2014年10月より「災害時情報センター」を導入していたのだ。

その機能は、ワンタップで災害時に友だちや家族の安否を確認できるほか、ユーザーがプロフィールに登録した所在地で災害が発生した場合、安否確認のメッセージが届いたり、無事を知らせる記事をニュースフィードに投稿できるというもの。さらに、影響を受けた地域にいる友だちを確認し、友だちの無事を知った場合、それを代わりに報告することも可能だ。

今回のパリ同時テロ専用に関しても、安否確認ページが公開されている。ページにアクセスするだけで、Facebookでつながっている友だちの無事を確認することができる。パリ在住の日本人も多く、現地からの情報が少ないなか、こうしたSNSを通じての安否確認に胸を撫で下ろしている人も多いようだ。

ユーザーからは、
こんな声も

 Reference:AFP , CNN ,  NHK
Licensed material used with permission by :  シンディ , Maeda,Rai-chan

 

9月5日、Facebookは恋人探しができる機能「Facebook Dating」をアメリカで提供開始と発表。
2016年4月14日21時26分ごろ、熊本県で最大震度7に及ぶ地震が発生しました(気象庁)。「防衛省」は、述べ約2,100名の自衛隊員を救援活動のために派...
独メディア「ドイチェ・ヴェレ」が行ったダライ・ラマ14世への単独インタビューで、先のパリ同時多発テロを受けて、事件後初めて公の場で発言をしました。ここでは...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。