ハリケーン被害で連絡がつかないおばあちゃん。意外な方法で安否確認ができた!

ハイチでは800人以上の死者を出したと報じられた大型ハリケーンの「マシュー」。アメリカ南西部にまで上陸したとき、中西部ネブラスカ州のオマハに住んでいるエリック・オルセンさんは、フロリダ州に住んでいる87歳のおばあちゃんのことが気がかりでした。

おばあちゃんのクレア・オルセンさんの住まいは、ハリケーンの直撃地域。停電の影響もあり、クレアさんと2日間もの間連絡が取れず、安否がわからないままでした。

電話が通じなくて心配が募るなか、オルセンさんはあることを思いつきました。

そうだ、おばあちゃんの家に
ピザを注文してみよう

C34dc636cbe53bd3f73d95abe477dad12a7f416e

「警察に電話をして、保安官にも電話したんだけど、通じなかったんだ。だから本当に心配したよ。それで思いついたんだ。おばあちゃん家にピザを注文して、もし彼女が受け取ったら、生きてるってわかるんじゃないかって」

宅配ピザの配達員が
安否を確認!

885c51042eec55b11886b9aa6530fe15fe1a1dff

そう思いついたオルセンさんは早速「Papa John's Pizza」に電話をして、配達員の人にこうお願いしました。

「おばあちゃんの家に着いたら僕に電話をして、彼女と話をさせてほしい」

そして、わずか30分後。クレアさんの無事を確認することができたのです。クレアさんは、電話が使えなくなっていて、連絡ができない状況だったとのこと。

お客さん一人ひとりに対応する
ピザ屋さんだからできたこと

オルセンさんは、後にこう語っています。

「警察や消防署じゃ、こうはいかないよね。でも、ピザ屋は30分でおばあちゃん家に行って、携帯電話をおばあちゃんの耳に当ててくれたんだよ。他の人にはなんで警察に電話して安否確認しなかったんだって言われるんだけど、僕だって最初はそうしたんだよ。ピザ屋への電話は最後の手段だったんだ」

100万世帯が停電して混乱が広がるなか、警察や消防に「30分以内にうちのおばあちゃんの安否を確認して電話をくれ!」なんて頼むのは、確かに難しいもの。

でも、普段から注文があった家を一軒一軒を訪ねて届けている宅配デリバリーだったら、話は別です。ピザ屋さんだからこそできた、即時の安否確認と言えますね。

ちなみに、ペパロニピザを受け取ったおばあちゃんは「とってもおいしかったわ」と味のほうにも大満足だったとのこと。

Licensed material used with permission by Elite Daily
Reference:ABC News
2017年9月、アメリカ南部を中心に猛威をふるったハリケーン「イルマ」の被害に遭い、大切な結婚式を中止にせざるを得なかったカップルがいます。けれど二人はそ...
今年8月にアメリカを襲った超大型ハリケーン「ハービー」。その水害で結婚式のプランを全て台無しにされたカップルがいた。しかし彼らは洪水後のテキサスに代わりの...
2015年11月13日夜(日本時間14日早朝)、フランス、パリのレストランやコンサートホール、劇場など6カ所で、銃撃や爆発によるテロ事件が発生。捜査当局に...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
フロリダ州南部に直撃したハリケーン「イルマ」。日本のテレビでもその脅威が報道されていたので、覚えている人もいるかもしれません。そんな危険も伴う状況下でフロ...
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
陽気に踊り出すおばあちゃんと、それを一緒に楽しんでいる孫のロス・スミスさん。仲が良すぎて、一見いじめているようにしか見える動画もありますが、おばあちゃんは...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
2016年4月14日21時26分ごろ、熊本県で最大震度7に及ぶ地震が発生しました(気象庁)。「防衛省」は、述べ約2,100名の自衛隊員を救援活動のために派...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第10回は、ハイチの海の幸を使っ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
21世紀を生きる若者たちが、自分と同じように悔やまないよう、Chachoさんは自身の祖母をモデルにして「僕のおばあちゃんは決して言わなかったけど、若者たち...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第8回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
私が知る限り、ユーザーの言葉を認識して、言われたことに対してキチンと操作・実行するというのが音声アシスタントのイメージ。なのに、B-Reelが開発した「S...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第3回はフィジーより、海と暮ら...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...