ハリケーン被害に遭った緑を、18歳が自力で再生

2017年9月、フロリダ州南部に直撃した超大型ハリケーン「イルマ」。日本のテレビでもその脅威が報道されていたので、覚えている人もいるかもしれません。

そんな危険も伴う状況下でフロリダの自然を救う行動に出た、ひとりの青年がいました。当時18歳だったTheo Queneeさんです。

マングローブを
屋上で再生させる

ハリケーンによる被害を知ったQueneeさんは、真っ先にフロリダに広がる「マングローブ」が頭に浮かんだそうです。

彼は嵐によって荒らされたマングローブに生息する木々も瓦礫と一緒に捨てられてしまうのではないかと思い、広範囲に散らばってしまったその木々の回収を決意。そのとき、フロリダの多くの都市では瓦礫撤去がおこなわれていました。

Queneeさんは大学の友人の協力を得ながら、まだ元気を取り戻せる比較的小さな木々を500個ほど集めました。そして、家の屋上にヨーグルトの容器を使って“即席グリーンハウス”を作り、苗木を育て始めることに。

5358716106833920

屋上を選んだ理由は、家の周りが木で囲まれているから、日当たりを良くして湿度を保つためだそう。ヨーグルトの容器を活用する方法やグリーンハウスの作り方は、大学の海洋科学の授業から学んだものでした。

Queneeさんは7ヶ月かけて回収した木々の手入れをし、400本もの苗木を育て、マングローブの再生に成功。彼の勇気ある行動のおかげで、被害は軽減されたのだとか。

ちなみに、アメリカの科学者からのアドバイスをもらい、苗木が育ちやすい自然へと戻し終えたそうです。

Licensed material used with permission by Theo Quenee , Instagram
2017年9月、アメリカ南部を中心に猛威をふるったハリケーン「イルマ」の被害に遭い、大切な結婚式を中止にせざるを得なかったカップルがいます。けれど二人はそ...
ハイチでは800人以上の死者を出したと報じられた大型ハリケーンの「マシュー」。アメリカ南西部にまで上陸したとき、中西部ネブラスカ州のオマハに住んでいるエリ...
今年8月にアメリカを襲った超大型ハリケーン「ハービー」。その水害で結婚式のプランを全て台無しにされたカップルがいた。しかし彼らは洪水後のテキサスに代わりの...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
レイプは被害者の心に大きな傷を残すことになりますが、被害を知った人が被害者に追い打ちをかけるようなことを言ってさらなる深い傷をつける、セカンドレイプの被害...
セクハラ被害で辛いのは、加害者からの心ない嫌がらせであることは言うまでもない。しかし、それだけではない悲しい現実がある。声をあげたところで、周囲から受け入...
Instagramでフォロワー数が20万人以上になる18歳の青年の絶景写真。彼が故郷であるスイスの自然の虜になったのは、今から2年半前のこと。まだ遊びたい...
もしも、どんなに汚れている水でも、すぐに飲料水に変えてしまう魔法のボトルがあったら…。アメリカに住むマイケル・プリチャードさんは、2004年スマトラ島沖地...
18歳の誕生日を迎えたアビー・バン・メートルさんの元に届いた、誕生日プレゼント。それは100年以上前のものと思われる、木でできた大きな箱でした。そして両親...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
弱冠18歳のインドの青年Rifath Shaarookさんが、世界最軽量の人工衛星を開発した。「KalamSat」と名付けられたこの衛星は、なんとわずか6...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
アメリカのネブラスカ大学リンカーン校が、男性がポルノを初めて見た年齢とその人の性傾向についての関係性を発表。年齢が低い男性ほど女性への支配欲が強く、遅いと...
再生可能エネルギーで生活できる街をつくろう。という計画は、実験段階ではあれど世界中で始まりつつあります。フロリダ・フォートマイヤーズもそのひとつ。エジソン...
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
自然に囲まれ、空気もキレイなところに住むことが健康にいい、というのはスッと理解できるはず。でもそれが「収入にも影響する」と言われたら、ちょっと驚きませんか...
昨年の被害総額は、なんと約566億円。オレオレ詐欺に代表される「特殊詐欺」の被害は、過去最悪を更新し続けているのだそう。悲劇に遭う家族を、どうにかゼロにし...
気象の変動が激しいサハラ砂漠では、意外にも豪雨が続くことも多いそうです。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告では、この水害により難民キャンプ用に設...
ピンク色の豆の形をしたキャラクター“Ketnipz”。神出鬼没なこいつの持ち味は、ぷっと吹き出してしまうシュールな小ネタ。イラストを描いてるのは、イギリス...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...