冬スイーツの定番になりそうな、台湾NINAO(ニナオ)の「ホットピーナッツスープ」

台湾のおもてなしの⼼を表現し、約110種類あるソフトクリームのフレーバーから、数種類を日替りで提供するというスタイルと「スッキリと甘い=“スキアマ”」なフレーバーで、日本でもたちまち人気店となった「蜷尾家/NINAO(ニナオ)」は、各店にて、冬季限定メニュー「花生湯(ファーシェンタン)」を2019年12月7日〜2020年2月29日まで販売する。

台湾において冬の定番スイーツである花生湯は、杏仁の香りが広がる甘く仕上げたピーナッツスープ。蜷尾家では、もちもち食感が絶妙な紅白の白玉を加え、食べ応えのある一品に仕上げている。

また、トッピングとして、台湾産天日塩、黒胡麻、きなこを用意。好みのトッピングを加え、味の変化を楽しみながら、スープの香りと甘みをより一層堪能することができるという。

麻布十番店は、イートインとテイクアウトの2種、三軒茶屋店・ルミネ池袋店は、テイクアウトのみ、各店とも13:00(変更となる場合もあり)より販売開始とのこと。この冬注目の食材「ピーナッツ」を使ったホットスイーツは寒い日のおやつにぴったりだ。

©2019 株式会社マッシュホールディングス
©2019 株式会社マッシュホールディングス

蜷尾家/NINAO(ニナオ)

【公式ホームページ】http://www.ninao.jp

Top image: © 2019 株式会社マッシュホールディングス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
「ニューバランス」が、10月19日(月)〜25日(日)にオンラインランニングイベント「NB FuelCell 10K CHARGE」を開催する。
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
この国の「安うまグルメ」から抜け出すことは、容易ではない!
キアヌ・リーブスがアメコミ作家としてデビュー。原題は『BRZRKR』。ロサンゼルスに拠点を置くアメリカンコミックやグラフィックノベルの出版社「BOOM! ...
ハリケーンの発生頻度を抑える壮大な計画を北欧の国・ノルウェーを拠点にするスタートアップ「OceanTherm」が進めている。その計画とは、海の底に空気を放...
小籠包、魯肉飯、牛肉麺、タピオカミルクティーにかき氷。それぞれお気に入りの専門店があるはず。でも、台湾庶民の味ならばコチラ!
台湾の総統府に宿泊できるという企画が発表され、申し込み受け付けが開始された。応募要項にはSNSに関連するいくつかの条件や事項などが含まれている。
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!