冬スイーツの定番になりそうな、台湾NINAO(ニナオ)の「ホットピーナッツスープ」

台湾のおもてなしの⼼を表現し、約110種類あるソフトクリームのフレーバーから、数種類を日替りで提供するというスタイルと「スッキリと甘い=“スキアマ”」なフレーバーで、日本でもたちまち人気店となった「蜷尾家/NINAO(ニナオ)」は、各店にて、冬季限定メニュー「花生湯(ファーシェンタン)」を2019年12月7日〜2020年2月29日まで販売する。

台湾において冬の定番スイーツである花生湯は、杏仁の香りが広がる甘く仕上げたピーナッツスープ。蜷尾家では、もちもち食感が絶妙な紅白の白玉を加え、食べ応えのある一品に仕上げている。

また、トッピングとして、台湾産天日塩、黒胡麻、きなこを用意。好みのトッピングを加え、味の変化を楽しみながら、スープの香りと甘みをより一層堪能することができるという。

麻布十番店は、イートインとテイクアウトの2種、三軒茶屋店・ルミネ池袋店は、テイクアウトのみ、各店とも13:00(変更となる場合もあり)より販売開始とのこと。この冬注目の食材「ピーナッツ」を使ったホットスイーツは寒い日のおやつにぴったりだ。

©2019 株式会社マッシュホールディングス
©2019 株式会社マッシュホールディングス

蜷尾家/NINAO(ニナオ)

【公式ホームページ】http://www.ninao.jp

Top image: © 2019 株式会社マッシュホールディングス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。