聖徳太子1400年忌に生まれた「ととのうお茶」

2021年は、聖徳太子1400年忌という節目の年にあたるそう。この100年に一度のビッグイベント「聖徳太子1400年御遠忌(ごえんき)」に関連した展示会やイベントが各地で予定されている。

聖徳太子ゆかりのお寺・曹洞宗 塔世山 四天王寺(三重県津市)での『聖徳太子1400年御遠忌』記念事業の一環として、お茶を通して日本の間をつなぐお茶のスタートアップ「TeaRoom」がプロデュースした記念のお茶を紹介したい。

©株式会社TeaRoom

ブレンドティー「HIRAKU」は、心や身体を癒し、坐禅したときのように心を開くためのお茶。こう聞くと、なんだかヨガやサウナに通じるものがある。

「マインドフルネス」や「ととのう」なんて表現で片付けられがちだけど、「茶禅一味」という言葉があるように紐解いていけば、禅宗茶道は長い歴史に裏付けられた深いつながりがある。

禅の精神性とお茶の精神性の融合。連綿と続くふたつの文化を、令和の時代に新たなブレンドティーとして味わってみてはいかがだろう。「わび・さび」や「お作法」は、いったん置いておいたとしても、一杯のお茶を通して、自分を見つめ直す機会をつくることはきっとできるはず。

さて、「HIRAKU」には2種類のお茶が用意されている。三重県産の紅茶を使い、バラとともに赤く染まる「花紅」。菊やジャスミンの花とともに染まる黄色のお茶「日月」。どちらも3gのティーバッグが8つ入りで1500円(税込)。購入は下記公式オンラインショップより。

©株式会社TeaRoom
©株式会社TeaRoom

HIRAKU

【公式オンラインストア】https://shitennouji.thebase.in/

Top image: © 株式会社TeaRoom
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

605年に聖徳太子が創建したとされる、滋賀県の「教林坊」。この隠れ里では、紅葉の時期になると、敷地内のもみじの大木が一斉に真っ赤に染まる。11月1日からは...
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
リモートワークが続くなか、オンラインでのWEB会議に「お茶」の共有体験を。
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
2021年3月27日(土)の20時30分から、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR」が実施。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...