最高気温が30度を超えたら、レモネードは赤く染めろ

全国的に真夏日(30度以上)となりそうな今日。うだるような暑さがもうやってきました。で、楽しい熱気の飛ばし方さえ心得ておけば、この暑さだって案外楽しめちゃうものです。

スタンダードに留まらず、何種類かバリエーションを持っておくのがおすすめのレモネード。アメリカ人の夏といえばコレ。でも、Merrill Stubbsが提案するのは、色鮮やかな一杯でした。「Food52」よりどうぞ。

イチゴでつくるレモネード!?

6232596459552768
© 2013 James Ransom

数週間前に、パークスロープの「Gather」でストロベリーバジルレモネードなるものを飲んだんです。とっても鮮やかな色合いで、でも、そこまで甘くもなくて。初夏を迎え入れる今の時期に最高のドリンクだなって。

冷蔵庫にいちごがいくつかあまっていたので、デッキで育てているバジルを使って、Gatherのそれを再現しようと思い立ちました。シロップを冷ます時間を抜けば、ほんの10分程度。これひとつでパーティが活気づいちゃうかもしれませんね。

もっと言うと、みんなにコレを出す目的でパーティを開催したくなっちゃいそうです。

材料:8人分

砂糖:1カップ(約200g)

いちご(4等分に切る):3カップ

バジルの葉っぱ(荒く刻む):20枚

レモン果汁(搾りたて):1と1/2カップ

作り方

【1】耐熱ボウル、もしくはカップに砂糖を入れて、その上からお湯を1カップ分注ぐ。砂糖とお湯を混ぜて、冷ます。

【2】いちご、バジル、1/4カップ分のシロップを、なめらかなピュレ状になるまでブレンダーにかける。

【3】グラスに氷と大さじ3杯分のレモン果汁、大さじ3杯分のいちごのピュレ、1/2カップ分の水、そして大さじ1〜2杯分(量は甘さのお好みに応じて)のシロップを入れる。よくかき混ぜて、すぐ召し上がれ。

Written byMerrill Stubbs
Top photo: © 2013 James Ransom
Licensed material used with permission by Food52
インドの夏には欠かせない、体を涼ませるドリンク!フレッシュなミントをのせて、キンキンに冷やせば、完成です。
この夏、まことしやかに囁かれている新たなコーヒーブームがあるそうな。なんでも、ブルックリンにある幾つかのコーヒーショップで、コーヒーとレモネードをカップリ...
頬をとおる風が冷たく感じるたび、冬の訪れを実感するこの季節。カラダの芯からあったまりたいときには、コーヒーよりも「ジンジャーレモネード」でしょう。お店で飲...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
国産レモンの話題が増えているように感じます。「減農薬、ノーワックスで皮までおいしい」なんてよく言われますが、まだシェアとしては全体の10%ほどしかなく、と...
みんな大好きな、いちごのショートケーキ。いつもの食卓も、このコが出てくるとぱっと華やぎますよね。でもスポンジを焼いて、クリームを泡立てて、と作るのは一苦労...
ティッシュやのど飴に頼るだけでは不十分。カラダの中からポカポカあったまるドリンクをどうぞ。
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
日本人には聞きなれないオルチャータという飲み物があります。なんでもこれ、スペインやメキシコなどラテン系の人たちが愛してやまない夏の風物詩だとか。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
活力チャージのエナジードリンクに次いで、今度は逆に気持ちを落ち着かせるためのリラクゼーションドリンクなるものが登場。TPOに合わせた新ジャンルが次から次へ...
30代は、20代で得た知識をフル活用していける最高の年頃です。「Elite Daily」に寄稿する女性ライターLauren Martinさんがまとめた「3...
ロシアやポーランドに隣接する国ベラルーシ。冬場の平均気温はマイナス5度以下という寒さの厳しい気候条件だからこそ、ミルクの脂肪分をたっぷり摂取することができ...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...