最高気温が30度を超えたら、レモネードは赤く染めろ

全国的に真夏日(30度以上)となりそうな今日。うだるような暑さがもうやってきました。で、楽しい熱気の飛ばし方さえ心得ておけば、この暑さだって案外楽しめちゃうものです。

スタンダードに留まらず、何種類かバリエーションを持っておくのがおすすめのレモネード。アメリカ人の夏といえばコレ。でも、Merrill Stubbsが提案するのは、色鮮やかな一杯でした。「Food52」よりどうぞ。

イチゴでつくるレモネード!?

© 2013 James Ransom

数週間前に、パークスロープの「Gather」でストロベリーバジルレモネードなるものを飲んだんです。とっても鮮やかな色合いで、でも、そこまで甘くもなくて。初夏を迎え入れる今の時期に最高のドリンクだなって。

冷蔵庫にいちごがいくつかあまっていたので、デッキで育てているバジルを使って、Gatherのそれを再現しようと思い立ちました。シロップを冷ます時間を抜けば、ほんの10分程度。これひとつでパーティが活気づいちゃうかもしれませんね。

もっと言うと、みんなにコレを出す目的でパーティを開催したくなっちゃいそうです。

材料:8人分

砂糖:1カップ(約200g)

いちご(4等分に切る):3カップ

バジルの葉っぱ(荒く刻む):20枚

レモン果汁(搾りたて):1と1/2カップ

作り方

【1】耐熱ボウル、もしくはカップに砂糖を入れて、その上からお湯を1カップ分注ぐ。砂糖とお湯を混ぜて、冷ます。

【2】いちご、バジル、1/4カップ分のシロップを、なめらかなピュレ状になるまでブレンダーにかける。

【3】グラスに氷と大さじ3杯分のレモン果汁、大さじ3杯分のいちごのピュレ、1/2カップ分の水、そして大さじ1〜2杯分(量は甘さのお好みに応じて)のシロップを入れる。よくかき混ぜて、すぐ召し上がれ。

Written byMerrill Stubbs
Top photo: © 2013 James Ransom
Licensed material used with permission by Food52

関連する記事

この時期サイコーにおいしいのが「レモネード」。NYで話題の飲み方や、インド流のスパイシーなアレンジでいただくものから、宮崎県日南市の超レアなレモンを使った...
インドの夏には欠かせない、体を涼ませるドリンク!フレッシュなミントをのせて、キンキンに冷やせば、完成です。
日本にレモネードを根付かせた立役者「LEMONADE by Lemonica(レモネードバイレモニカ)」がシロップ専門ブランド「SUGaRCaNE」設立。...
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
「LEMON by Lemonade Lemonica(レモン)」が渋谷駅西口に開業した「渋谷フクラス」1Fに12月5日、グランドオープン。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
福島県の事業者マッチングを支援する「ふくしまみらいチャレンジプロジェクト」が「ふくしまのウェルネスフード」シリーズを企画した。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...