このタコス、とっても朝っぽい

きっと、世界一の朝食で有名なbillsの影響だろうけれど、日本でリコッタチーズというと、パンケーキに入れたり、はちみつと一緒に食べたり、どちらかといえばスイーツとの相性の良さで認知されているんじゃないでしょうか。

けれど、本場南イタリアでも、あるいはここに紹介するタコスにしても、料理にこのチーズを使う機会は多々あるんですよね。

さて、「Food52」で見つけたのは、Genius Recipesによるリコッタチーズを使ったタコス料理。サルサやディップってわけでなく、リコッタそのものをメイン食材にしているようですよ。

朝からいける、
重たくない「リコッタタコス」

5903732994736128
©James Ransom

ベジタリアン向けのタコスパーティーや、夏場のブランチ、冷蔵庫の残りものを使い切りたいとき、あるいはササッと夜ごはんを用意したいときに使える一品がこちら。『The Art of Mexican Cooking(メキシコ料理の美学)』に掲載されていたレシピを自分たちなりにアレンジしてみました。

材料(4人分)

固めのリコッタチーズ:600g
べに花油:大さじ4
玉ねぎ(みじん切り):80g
セラノ・ペッパー(みじん切り):4つ
※なければ唐辛子でOK
※辛さを控えるには種と茎をすべて取り除く
トマト(みじん切り):300g(皮は剥かない)
海塩:小さじ1/2

作り方

【1】リコッタチーズはしっかり水を切り、ほぼ乾燥している状態が理想(でないと調理に時間がかかる)。水切りが充分でない場合、チーズクロスもしくはコーヒーのフィルターを細かいメッシュのこし器にかけて湿気を取る。使う直前まで置いておき、直前まで余分な水を切る。

【2】調理の準備ができたら、フライパンに油をたらし、玉ねぎとセラノペッパーを入れて1分ほど軽く炒める。

【3】トマトを入れて強火で炒める。具材が乾いてくるまで4分ほど混ぜる。

【4】リコッタチーズと塩を入れてさらに混ぜ、明るいクリーム色を目安に、水分がすべて飛ぶまで中火にかける(目安はスプーンでかえしたときに、フライパンからきれいに剥がれるくらいまで)。

調理時間は約15〜20分も、はじめにどれだけ水切りができているか次第。できたらすぐにコーントルティーヤと召し上がれ。

Written byGenius Recipes
Top image: © James Ransom
Licensed material used with permission by Food52

More Contents from Food52:
Creamy Homemade Ricotta
Ricotta and Chive Gnocchi

ポイントは、豚バラ肉をりんごジュースベースの液に浸して一晩寝かすこと!
爽快感あるトマトベースの定番サルサもいいけれど、オトナ向けの甘じょっぱいバルサミコ酢漬けのレーズンソースもクセになります!
タコスの具材にルールはありません。どんなものでも皮にくるんで楽しめるわけですが、健康志向の強いアメリカでは、こんなグルテンフリーなスタイルもアリなんだそう。
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
ポイントさえ押さえておけば、キレイな円型トルティーヤに。味はもちろん、見た目にもこだわる人は要チェックです。
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
タコス、トルティーヤ、ブリトーなど。人気メキシコ料理の影に隠れ、なかなか口にする機会がありませんが、これもメキシコ人のソウルフード。肉や魚、チーズ、野菜を...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
2017年9月、アメリカ南部を中心に猛威をふるったハリケーン「イルマ」の被害に遭い、大切な結婚式を中止にせざるを得なかったカップルがいます。けれど二人はそ...
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
ネブラスカ州在住のグラフィックデザイナーMartinさんの題材は、どれも5歳になる娘のHarper Graceちゃんとの会話から生まれたもの。奇想天外な少...
科学的に裏付けられた、より良い朝を迎えるための6つの簡単な方法を紹介。
朝食メニューに少しひねりを加えてみましょう。手間をかけるのではなく、あくまで少し工夫するだけ。「Food52」で紹介されているレシピから、ブレックファスト...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
最高の発明とは、往々にして「なんで思いつかなかったんだろう?」と思うものばかり。このサルサこそが、まさにそれにあたるもの。
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
早起きをすれば、時間をもっと有効活用できることくらい。寝坊しがちな、私だってわかってるんです。それでもベッドから抜け出せない…。毎晩、明日こそは早起きをと...
これで朝の習慣が変わるなら…。
ベジタリアン、ヴィーガン、マクロビアンなど、動物を口にしない食生活が、広く受け入れられるようになってきた今の時代。世間の潮流に逆らうようなグラタンを紹介し...
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。