六本木にできた、入場料ありの本屋「文喫」

12月11日、青山ブックセンター六本木店の跡地に、入場料が必要な本屋がオープンしました。

「本との新たな出会い」をテーマにした本屋「文喫」。一日中本に浸る。珈琲をお供にじっくりと過ごす。数ある本棚から意中の本と出会う。入場料1500円を払い、そんな文化的な匂いのする場所で時間を費やすからこそ、そこに価値が生まれます。

まさに、名前の通り「文化を喫する」本屋というわけ。

本棚には、文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり“出会い”を求めて長時間滞在してもOK。読書するなり、本棚を漁るなりして、自分が心から好きだと思える本をじっくり探してみてください。

念の為お伝えすると、文喫はあくまで本屋なので、店内に並ぶ本の購入は可能です。ただ、席数に限りがあるため、混雑した日は入場制限をかける可能性もあるのにはご注意を。それでも、「今日はゆっくり読書でもしたい」なんていうときに、六本木へ足を運んでしまうようになる。そんな魅力のある本屋ではないでしょうか。

Top image: © 2018 文喫
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

入場料のある本屋「文喫」は、個人向けの定額制会員サービス「文喫定期券」をスタート。月額1万円(税抜)で平日のみ何度でも利用できる。
六本木で有機野菜のビュッフェを楽しめる グリーンハウス併設のオーガニックカフェ.RAW〒106-0032 東京都港区六本木5-10-32 1Fhttps:...
本場の味・ボリューム・雰囲気がそのまま!ステーキハウス激戦区・NYの名店が日本上陸BENJAMIN STEAK HOUSE〒106-0032 東京都港区六...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
30種類のキノコの秘伝スープが決め手六本木にあるキノコだけのしゃぶしゃぶ専門店Shangri-La's secret〒106-0032 東京都港区 六本木...
お酒は一切なし。日本初の完全ノンアルコールバー「0%」が、本日7月16日、六本木にオープン。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月27日(土)の20時30分から、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR」が実施。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。