六本木にできた、入場料ありの本屋「文喫」

12月11日、青山ブックセンター六本木店の跡地に、入場料が必要な本屋がオープンしました。

「本との新たな出会い」をテーマにした本屋「文喫」。一日中本に浸る。珈琲をお供にじっくりと過ごす。数ある本棚から意中の本と出会う。入場料1500円を払い、そんな文化的な匂いのする場所で時間を費やすからこそ、そこに価値が生まれます。

まさに、名前の通り「文化を喫する」本屋というわけ。

本棚には、文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり“出会い”を求めて長時間滞在してもOK。読書するなり、本棚を漁るなりして、自分が心から好きだと思える本をじっくり探してみてください。

念の為お伝えすると、文喫はあくまで本屋なので、店内に並ぶ本の購入は可能です。ただ、席数に限りがあるため、混雑した日は入場制限をかける可能性もあるのにはご注意を。それでも、「今日はゆっくり読書でもしたい」なんていうときに、六本木へ足を運んでしまうようになる。そんな魅力のある本屋ではないでしょうか。

Top image: © 2018 文喫
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事