東京の天然温泉#4 下町観光で寄りたい「台東区・墨田区」の銭湯4選

東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東・墨田エリア」。このエリアには、浅草寺やスカイツリーに代表される観光スポットや、ホッピー通りといったグルメスポットなどの見所がたくさんあります。

でも、人混みの中を歩き回っていると、疲れてしまうこともあります。そんな時「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える銭湯のなかから、特におすすめの天然温泉が楽しめる銭湯を紹介します。

1.
やわらかな湯でお肌しっとり
「湯どんぶり 栄湯」

©2018 湯どんぶり 栄湯

2017年にリニューアルオープンした「湯どんぶり 栄湯」。ここは、東京メトロ日比谷線三ノ輪駅、南千住駅から徒歩10分のところにある、浅草エリアからほど近い銭湯です。

銭湯絵師の田中みずきさんが描いた絵が彩る施設内には、露天風呂や薬湯、寝風呂など、疲労回復や美肌に効果のある7種類のお風呂があります。サウナコースセットは660円、指圧や足つぼマッサージは30分2000円で利用可能です。

湯どんぶり 栄湯
住所:東京都台東区日本堤1-4-5
TEL:03-3875-2885
料金:大人460円、子供180円、乳幼児80円
定休日:水
営業時間:14:00〜24:00、日祝12:00〜24:00
公式HP:http://sakaeyu.com/

2.
露天風呂からスカイツリーを眺める
「大黒湯」

©2018 大黒湯

東京メトロ、都営地下鉄浅草線押上駅から徒歩6分のところにある「大黒湯」。ここでは、種類豊富な日替わりの薬湯や高濃度炭酸泉、スチームと遠赤外線のサウナを楽しむことができ、広々とした露天風呂からは東京スカイツリーを見上げることもできます。

貸しタオルセット(バスタオル、フェイスタオル)は50円とお得。シャンプーとボディソープも設置されているので、手ぶらでも気軽に利用できます。

大黒湯
住所:東京都墨田区横川3-12-14
TEL:03-3622-6698
料金:大人460円、中学生360円、子供180円、乳幼児80円*サウナ利用は+200円
定休日:火*祝日の場合は翌水曜が休み
営業時間:平日15:00〜翌10:00、土14:00〜翌10:00、日祝13:00〜10:00
公式HP:http://www.daikokuyu.com/

3.
1947年創業の黒湯
「御谷湯」

©2018 御谷湯

「御谷湯(みこくゆ)」は、創業から半世紀以上の歴史ある黒湯天然温泉。2015年のリニューアル以来、清潔感と開放感のある浴室が人気です。富嶽三十六景のペンキ絵を眺めながら、心臓に負担をかけない不感温温泉や半露天風呂、日替わりの薬湯を楽しむことができます。また、介護が必要な人のための、貸切家族風呂(1人1500円/90分)もあります。

都営地下鉄浅草線本所吾妻橋駅から徒歩12分、都営バスのバス停、石原三丁目からは徒歩2分でアクセス可能です。

御谷湯
住所:東京都墨田区石原3-30-10
TEL:03-3623-1695
料金:大人460円、子供180円、乳幼児80円
定休日:月替わり*公式HPをチェック
営業時間:15:30〜26:00*最終入場25:30
公式HP:http://mikokuyu.com/

4.
ロウリュは1日15回
「楽天地スパ」

©2018 楽天地スパ

「楽天地スパ」は、東京メトロ半蔵門線錦糸町駅に直結している「東京楽天地」の9階にあります。ここは、神経痛や筋肉痛、肩こりに効果のある男性専用の天然温泉。1日に15回も行われるサウナイベント熱波浴「ロウリュ」は、利用者に人気。

日曜日23時から翌月曜日10時までの時間帯以外はオープンしているので、時間を気にせずにリラックスできます。

楽天地スパ
住所:東京都墨田区江東橋4-27-14 9F
TEL:03-3631-4126
料金:一般入浴料2400円、60分入浴料1250円(*24:00〜翌5:00の利用は深夜割増料金1100円を追加)
定休日:年中無休
営業時間:24時間営業(*日23:00閉店、翌月10:00開店)
公式HP:http://www.rakutenchi.co.jp/floor/detail/?id=29

Top image: © 2018 湯どんぶり栄湯
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
東京都内では珍しい、源泉掛け流しの温泉。実は板橋にあるって知っていましたか?しかもココ、内装もめちゃくちゃ素敵なんです!
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
東京・品川での食事と聞くと、ビジネス街のイメージが強いので、ラーメンや働く人たちのサク飯を思い浮かべがち。でも、羽田空港や新幹線などの交通の要所なので、ち...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
餡バタ、ピスタチオ、えびふりゃー、ステーキなど約8種類の味が楽しめる「コッペパン専門店」iacoupé(イアコッペ)〒110-0007 東京都台東区上野公...
飲んで、食べて、腕を磨く。渋谷にある「卓球タウン」T4 TOKYO〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目12−16 ASIA BUILDINGhttp...
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...