どこにあっても心の故郷。浅草の民謡酒場『追分』が61年の歴史に幕

ダイナミックに変化を続ける日本。
その波の中で失われていく景色への哀惜の情——。
今見なければ一生見られなくなるものの記録をはじめます。

 

今まで、たくさんの若手三味線奏者や、民謡歌手がこの場所を通り過ぎていきました。ここは浅草にある、日本最大級で歴史も最古の民謡酒場『追分』。

その追分が、浅草での61年の営業に幕を下ろすそう。別の場所で店は続くというけれど、たくさんの人たちに長年愛された浅草でのステージが見られるのも、残りわずか。61年の歴史を偲んでここに紹介します。

民謡はかつて
若者の心のよりどころだった

©2018 TABI LABO

民謡とは、各地で庶民が生み出し歌い継いできた歌謡のこと。戦後高度成長時代、農村の若者は“金の卵”ともてはやされ、都会へ集まっていきました。今のようにネットもSNSもない時代、郷里を離れた者の孤独を癒やすのは、慣れ親しんだ地元の民謡。東京屈指の歓楽街・浅草でも、吉原遊郭(台東区千束)あたりには、民謡の生演奏を聞かせる「民謡酒場」が雨後の筍のごとく現れたそうです。

©2018 TABI LABO

当時は娯楽がほとんどない時代。民謡を通じて人と交われて、同世代の若者や民謡好きが集う民謡酒場は、第二のふるさとのような存在であったことでしょう。

「浅草・追分」は
若手民謡家の登竜門だった

©2018 TABI LABO

すっかり数は減ってしまいましたが、現役で営業中の民謡酒場はまだいくつかあります。中でも浅草にある『追分』は、現存する民謡酒場の中でも最大級で、歴史も最古となります。「おじいちゃんやおばあちゃんのサークルのようなものかな?」と想像しながら出かけてみると、演者は若衆ばかり。聞くとなんと、10代までいるという話です。

 

18時ごろに到着すると、すでに先客が数組。客席は畳にテーブルというクラシックスタイルで、ステージもすぐ目の前です。若女将以下、法被を着た若衆が忙しく立ち働くのを見ながらの飲食は、実に粋なものです。

©2018 TABI LABO

19時になるとステージがはじまります(第二部は21時~)。店内が暗くなり、さっきまで接客をしていた若衆がステージに上がり照明で照らし出されると、ちょっとしたスターの顔に。そうか、彼らは演者だったのか。民謡や踊り、竹製の楽器「銭太鼓」演奏、津軽三味線演奏など、多様な演目が披露されました。

©2018 TABI LABO

ステージ終わりに、「歌や演奏だけでなく、接客もソツなくこなせて、みなさんすごいですね」と若女将に聞いてみると、

 

「追分は、民謡界の登竜門のようなものなんです。地方から民謡歌手を目指して上京し、住み込みで働く人もいるほど。昼は師匠のもとで歌や三味線を学んで、夜は追分に出演する、大学に通いながら追分で働くなど、さまざまなスタイルで働いています。津軽三味線の吉田兄弟のお兄さんも、ここで修業していたことがあるんですよ」

 

と教えてくれました。

©2018 TABI LABO

演奏や歌の技術だけでなく、接客の腕や社交術を身につけ、羽ばたいていくのです。でも、プロデビューしてからも「追分だけは出続ける」と言う人もいるほど、ここは永遠の心の故郷。

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

民謡を知らなくても
美味しいし、楽しい場所

©2018 TABI LABO

歴史も伝統も超一流ですが、なんの気兼ねもありません。堅苦しいどころか、すべての人に開かれた楽しい大衆酒場そのものです。浅草だけあって、下町のソウルフード「どじょうの唐揚げ」も絶品。カラッと揚がっているから、スナック感覚でポリポリいけます。追分は、お酒や料理だけ目当てでも十分楽しい場所なのです。

©ETSUKO KIMURA
©2018 TABI LABO

それから客層は、粋な旦那衆風のおじさま方ももちろんいますが、20代、30代のお客さんも少なくありません。畳にテーブル、それから座布団。隣席との距離もほどよく、なんだか平和で平等でいい感じ。

追分は新天地へ。でも
ステージの傷は持って行けない

©2018 TABI LABO

語りつくせない物語ばかりですが、残念なことに『追分』は閉店することになりました。閉店の経緯は割愛しますが、お店の経営は極めて好調。お客さんのハートもしっかりつかんでいるから、新天地でも繁盛するでしょう。「追分閉店!」という情報が公開されるやいなや、閉店を惜しむ常連が全国から押し寄せ、連日満員になるほどですから。常連さんは全国各地にいるし、若女将や従業員も「お店がどこにあっても、自分の軸足は追分」と決めているようです。

 

「ずっとこの地で続けていくつもりで、1階客席を改装したばかりだし、思い出いっぱいの三味線や舞台の小道具なども持って行くつもり」と若女将。ただ、みんなが刻んだステージの傷だけは持って行けないね……とやっぱり少しさみしそう。

©2018 TABI LABO

見てください、この活気と賑わい。それから流れた時の重さ。

2018年12月19日、ここは無くなり、この光景はもう二度と見られなくなります。

©2018 ETSUKO KIMURA
Top image: © 2018 TABI LABO

追分
住所:東京都台東区西浅草3-28-11 追分ビル
TEL:03-3844-6283
営業時間:17:30〜24:00
定休日:月曜日

東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
コーヒー、紅茶、緑茶を“ショットグラス”で楽しむ。 世界初のオーガニックカフェインチャージバーcaffeineholic〒103-0002 東京都中央区日...
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
心温まる動画をご紹介。
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
1914年創業の浅草アートブラシ社の大ヒット商品、毛玉取りブラシを買いました。私ももういい年なので、いいものを長く使っていきたいななんて思ったわけです。そ...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
日本の伝統技術は進化している。金魚の姿をリアルに再現したガラス細工のような作品だが、実は食べることができる「飴細工」だ。伝統飴細工店「浅草飴細工アメシン」...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
2017年、東京にオープンする予定の「BLIND BARBER」は、BAR併設型で深夜2時まで営業する理容室。ヘアカットやシェービングはもちろん、フラッと...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
餡バタ、ピスタチオ、えびふりゃー、ステーキなど約8種類の味が楽しめる「コッペパン専門店」iacoupé(イアコッペ)〒110-0007 東京都台東区上野公...
雰囲気で食べさせる——。そんなお店が好きです。ご飯がおいしいのはもちろんだけど、「毎日通いたい、ずっと通いたくなる店」には、それだけじゃない癒しポイントが...