ホンモノを凌駕する“ニセモノ”カクテル

「電気ブラン」というお酒を知っていますか?

ブランデーをベースに白ワイン、ジン、キュラソーを加えたカクテルで、東京浅草「神谷バー」がその発祥。太宰治や萩原翔太郎の作品にも登場することで全国的にその名が知られました。

が、ここで紹介するのはその電気ブランではなく、ニセモノのほう。

庶民の味だった
“ニセモノ”の味

電気ブランを真似てつくったカクテルで、琥珀を薄めたような色合いの液体。ではこのニセモノ、いかにして登場したのか。

じつはこちらも文学作品でして、森見登美彦の小説にその名が出てきます。小説の言葉を借りるなら、その味はまるで「口に含むたびに花が咲くよう」だとか。

ところで、小説では多少脚色があるものの、「偽電気ブラン」は実際に存在したお酒なんだとか。本家が発売されたころ、庶民にとってまだ高価な嗜好品だった電気ブランが買えず、どうにか再現しようとつくられたのが偽ブランというわけ。雰囲気だけでも味わいたい、と「偽」の方が広く愛されるようになっていったようです。

特に戦後間もない時代を生き抜いた人たちにとっては、偽電気ブランこそがホンモノなのかもしれませんね。

ホンモノを再現した
「偽電気ブラン」の再現レシピ

ところでこのカクテル、偽物とだけあって、じつはきちんとしたレシピが残されているわけではないそうです。そこで、本物の方はたくさんのハーブを使ってしこまれるという情報から、ハーブを使ったお酒として、こんな再現レシピを紹介します。

本物を真似たくて開発(再現)したニセモノの再現、あぁ、もうなんだかわからなくなってきた(笑)

イエーガーマイスター:100cc
ホワイトラム:40cc
レモン果汁:小さじ1
ミネラルウォーター:60cc

グラスに氷を入れて、イエーガーマイスター、ラム、レモン果汁、ミレラルウォーターの順に入れていき、軽くステア(かき混ぜる)すればできあがり。

Top image: © santypan/Shutterstock.com
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
カクテルのレシピが覚えられない…?だったらグラスに描いちゃえばいいじゃない。そんな発想から生まれたのが、こちら。考案者は元弁護士のアリソン・トーマスさん。...
ドイツのお祭りに登場する屋台のなかに、心もカラダもあったまる、とっておきのカクテルが店を出します。当地ではとってもポピュラーなこのカクテルは、ココアをラム...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
お酒を嗜む人であれば、ビターズという言葉を耳にしたことはあるだろう。ビターズとは、数種類の果物やスパイスなどをお酒に漬け込んで作るリキュールのこと。その味...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
やはり「芸術性」か「実用性」か……この論争は長引きそうです。なににどれだけ重点を置いているのか、人それぞれですからね。
カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、...
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
シンガポール国立大学の研究によって開発された「Vocktail」は、視覚と嗅覚、味覚を操ることで、ただの水でもカクテルを味わったような感覚にさせるのだとか。
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
〈W&P DESIGN〉の「CARRY ON COCKTAIL KIT」は本来飛行機内で楽しむものですが、BBQや家飲み用にももってこい。洒落たデザインは...
暑い夏の定番カクテルといえば、キンキンに冷えた「モヒート」をおいて他にありません。ライムとミントの爽快な味わいは、この上ないベストマッチングですが、ライム...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
「かき氷」と言われて連想するのは、シャリッと音を立ててストローが刺さる氷の山。そこにピンク、ブルー、イエローといった、蛍光色の鮮やかなシロップがかかった夏...