ホンモノを凌駕する“ニセモノ”カクテル

「電気ブラン」というお酒を知っていますか?

ブランデーをベースに白ワイン、ジン、キュラソーを加えたカクテルで、東京浅草「神谷バー」がその発祥。太宰治や萩原翔太郎の作品にも登場することで全国的にその名が知られました。

が、ここで紹介するのはその電気ブランではなく、ニセモノのほう。

庶民の味だった
“ニセモノ”の味

電気ブランを真似てつくったカクテルで、琥珀を薄めたような色合いの液体。ではこのニセモノ、いかにして登場したのか。

じつはこちらも文学作品でして、森見登美彦の小説にその名が出てきます。小説の言葉を借りるなら、その味はまるで「口に含むたびに花が咲くよう」だとか。

ところで、小説では多少脚色があるものの、「偽電気ブラン」は実際に存在したお酒なんだとか。本家が発売されたころ、庶民にとってまだ高価な嗜好品だった電気ブランが買えず、どうにか再現しようとつくられたのが偽ブランというわけ。雰囲気だけでも味わいたい、と「偽」の方が広く愛されるようになっていったようです。

特に戦後間もない時代を生き抜いた人たちにとっては、偽電気ブランこそがホンモノなのかもしれませんね。

ホンモノを再現した
「偽電気ブラン」の再現レシピ

ところでこのカクテル、偽物とだけあって、じつはきちんとしたレシピが残されているわけではないそうです。そこで、本物の方はたくさんのハーブを使ってしこまれるという情報から、ハーブを使ったお酒として、こんな再現レシピを紹介します。

本物を真似たくて開発(再現)したニセモノの再現、あぁ、もうなんだかわからなくなってきた(笑)

イエーガーマイスター:100cc
ホワイトラム:40cc
レモン果汁:小さじ1
ミネラルウォーター:60cc

グラスに氷を入れて、イエーガーマイスター、ラム、レモン果汁、ミレラルウォーターの順に入れていき、軽くステア(かき混ぜる)すればできあがり。

Top image: © santypan/Shutterstock.com
Text used with permission byFOOD CREATIVE FACTORY
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
浅草のローカル文化を体感できる人と繋がるコミュニティ・ホテルWIRED HOTEL ASAKUSA 〒111-0032 東京都台東区浅草2-16-2htt...
世界最高と言われたコーヒーが浅草でノルウェー発の「フグレン」日本2号店Fuglen Asakusa〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目6-15htt...
「会社に行きたくない」「やる気が出ない」「モヤモヤする」、そんなミレニアルズの悩みにおすすめの漢方を、神奈川県鎌倉市大船の薬局三代目・杉本格朗さんが、経験...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
「銀座300BAR」は、青森にある直営牧場から届くオーガニック野草、野菜、ハーブを使ったカクテルやフードを提供。6月に続いて今回は第二弾。タンポポと日本酒...
1月28日、東京のHIPHOPシーンで注目を浴びるYENTOWNに所属するラッパー「kZm」と、DJ DARUMAが率いる「FULL-BK」のコラボコレク...
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...
この夏定番にしたいとっておきのカクテルを紹介します。ビールよりも夏気分!
多くの若手三味線奏者や民謡歌手の登竜門だった、浅草の民謡酒場「追分」が、浅草での61年の営業に幕を下ろします。移転し再スタートするものの、皆に愛された浅草...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
車のシェアサービス「Lyft」が自転車シェアサービス「LyftUp」を発表。このサービスは「Lyft」と「YMCA」、さらにレブロン・ジェームスの協力を得...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
10月4日〜13日まで開催された「ロンドン・カクテル・ウィーク 2019」で世界的なウイスキーメーカー「The Glenlivet(ザ・グレンリベット)」...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。