40年前の写真が、ボクに教えてくれたこと。

ある日、62歳になる父が、昔アメリカの西海岸へ1年間旅をしたときの写真を見せてくれた。押入れの奥から取り出された写真アルバムのなかには、今まで知らなかった父の姿と、見たことのない風景が、100枚ほど閉じ込められていた。

40年前に父が見た景色

父は40年前「何を見て、何に惹かれ、何にシャッターを切ったのか?」

話だけでは伝わりきらない当時の様子が、写真を見ながら会話をすることで鮮明にイメージできた。色褪せた写真は、時間の流れを可視化しているようで、とても趣がある。

父はおもしろくて、よくしゃべる典型的な大阪のおっちゃんだ。自転車で日本一周もしていたらしく、とても行動力がある。

小さい頃にもっと色々と話を聞いていたら、間違いなく同じように海外に行っていたかもしれない。

ボクの「一人でふらっと出掛けていく性格」は、きっと父に似たのだろう。

ボクは、写真を撮るようになってからもうすぐ6年が経つ。大阪のストリートフォトやポートレートを中心に撮っていて、最近では海外からも連絡がくるようになり、大阪の街を案内しながら撮影をすることもある。

40年前のアルバムを見ると、父も街を歩きながら気になった風景を思い思いに撮っていたことがわかった。風景だけではなく、人が写っていたりストーリーを感じさせる写真であることも、自分と似ているような気がした。興味を持つところが自然と似ていたのだろう。

写真に写っている若い頃の父の姿がボクに似ていて、同じ道を歩んでいるような気持ちになり、なんだか嬉しくなった。

今、この街はどうなっているのだろうか。

建物はすべて高層ビルに建て替わっているのか。それとも、このままの街並みが残されているのか。この写真を見たときは、同じ場所で、同じ構図で撮ってみたい衝動に駆られた。

サンフランシスコにて。

父:「シスコは坂が多いんやけど、ここはS字カーブに花壇があって綺麗な街やった。たまたま日本車を発見して撮ったんやけど、日本人として誇れる瞬間やったね」 

グランドキャニオンにて。

父:「えっ、この女の子だれかって?そんなん知らんわ。そこにたまたま居たから一緒に撮ってもらってん。ひとりで撮っても淋しいやろ」 

ロスへ移動中のバスにて。

父:「この写真の右下に写ってんの靴やねん。アメリカ人が靴のままベッドに乗ったり、座席の背もたれに足乗っけてるのを見て、カッコイイと勘違いして真似してん。いま思うと、行儀悪いな(笑)」 

アルバムのページをめくり終えたときに思ったのは、父が退職したら、一緒にこの街を訪れたい、ということ。

父が撮った写真は、当時帰国したときの友だちとの話に花を添え、その40年後には息子と思い出を振り返ることができた。改めて、写真の力は、すごい。

家族みんなで写真を見れたら
とても幸せだろう

プリントやアルバムは、写真を1枚1枚じっくりと見ることができる。さらに、視覚だけでなく、写真やアルバムがこすれたときに出る音、匂いからも、情報として伝わってくる。

スマホで簡単に写真を撮ったり見たりできる時代だからこそ、プリントされた写真をじっくり見て欲しい、とも思う。きっと、今まで気づかなかった写真の魅力が発見できるのではないだろうか。

将来、子どもや孫とアルバムを回し見しながら、ボクたちが過ごした日常風景を共有できたら、とても幸せなことだと思う。もちろん、アルバムの保管はボクの実家のように押入れの奥ではなく、きちんと本棚に保管しておいて欲しいけど。

Licensed material used with permission by yuji hirai, (Instagram)
40年ほど前に発売されたAppleのパソコン「Apple I」がオークションにかけられ落札。実際に動いている様子を動画で見ることができます。マニアにはたま...
ここで紹介するのは、白黒写真に写った昔の日本風景に色をつけたもの。当時の雰囲気が伝わってきます。1900年前後の様子を、いまの生活と見比べてみては?
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
韓国の英字新聞「The Korea Times」の記事によれば、同国にあるアメリカ大使館は、1980年から現在までの約40年間、賃料を払っていないとのこと。
50年以上に渡ってカメラを握り続けてきた、アメリカのベテラン写真家Charles H. Traub。長いキャリアでも氏の傑作と呼ばれる作品を紹介します。4...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
時を経て、同じ場所に訪れてみる。自分だけのお気に入りの場所がこの世界にあるということは、人生の大きな楽しみだったりする。カリフォルニア在住のLisa We...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
30代後半〜40代前半の男性を「40男」と定義付け、「彼らはある問題を抱えている」と語るのは男性学の第一人者、田中俊之さん。ここでは田中さんの著書『〈40...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
期限切れのフィルムを使いこなす、フォトグラファーIan Howorth。その作品を見ていると、なんだか数十年前にタイムスリップをしたような感じになります。
Instagramのおそろいの服を着た写真をたくさん載せている女の子とお母さん。笑顔溢れる表情の裏にはたくさんの苦悩があるのです。Finelyちゃんは15...
家族もいないし、周りは既婚者ばかり。休日はいつもひとりで、どうすればいいものか──。こういった悩みを抱えている中年の男性が多いと語るのは、男性学の第一人者...
「写ルンです」が、サブカル好きにリバイバルブームを起こしている。インスタントカメラの「チェキ」も、おしゃれアイテムとして人気だ。ローファイなメディアは、偶...
先月、「Human Reproduction Update」に発表されたある研究結果に、男である自分も他人事とは思えなかった。科学者たちが突き止めたのは、...
でもきっと、あっという間。
「40男には、現実を直視できていない人が多い」と明言するのは、男性学の第一人者である田中俊之さん。ここでは彼の著書『〈40男〉はなぜ嫌われるのか』より、世...