北カリフォルニアで出会った、ある老夫婦とオーガニックライフの話

Al(エル)とMineca(ミネカ)は、カルフォルニアの北部に住んでいる老夫婦。

エルはもうすぐ80歳で、北部に移る前は都市部で働くサラリーマンだった。ミネカも同じく街で働いていて、彼と出会ったときにはすでに40歳を超えていたそう。そんなふたりは、パートナーとして生活を共にすることにした。

仕事に追われる毎日に、精神的にも肉体的にも疲労していたのだ。エルは50歳のときに仕事を捨て、ミネカと共にゆったりとした暮らしをすることを決断。彼女にとってはこれが最大のプロポーズだった。

自分たちの手で土地を耕し、自宅も建てた。

368f1fadcc266ee3739eef8a5a88efcb5978b109

ふたりが作る「有機ワイン」は
地元でも人気に

当時、ふたりは有機野菜栽培と有機ヴィンヤード(ブドウ園)を営んでいた。毎週土曜に行われるファーマーズマーケットと直接契約をしているレストランへワインを卸し、その売り上げで生計を立てていた。

ファーマーズマーケットは、車で山を下り、約1時間の市街地にある。1週間に1度の大仕事だ。地元の人が、野菜やワインを買い求めにくる。また、ふたりだけで営んでいるため、風邪や病気で休んでる暇はない。地元で唯一の有機ワインの生産者で、かつ昼夜の寒暖差を利用したレタス栽培がとても人気だったのだ。良質な有機ワインを製造している、とカルフォルニア大学から栄誉証書されたこともある。

表彰されたときのエルと教授の写真が、ワイン工房に飾ってあった。エルは、決して長くやっていたわけではないワイン造りを高く評価してもらえたことに、とても誇りを持っていた。

220181e988ab75a13fade2c3f9017ff8938eea6e9159cb294c36f73a5d0d518691d2a3c43c0baf04

糖尿病をきっかけに
食生活を見直した

ミネカは、北部に移り住んだ当初から糖尿病を患っていた。そのため、日々の血糖値と薬物コントロールは、欠かせない状態。しかし彼女の糖尿病がこの程度で済んだのは、あのときエルが「ここに住もう」と提案してくれたからだ。

いまでは、40年以上も焼いてなかったパンも焼くし、毎食が手料理。

「ふたりの時間があることに感謝しているし、糖尿病をきっかけに自分の食生活も見直すようになったわ。当時はオーガニックっていう言葉も、今みたいに有名じゃなかったけど、出会えて良かったって、本当にそう思ってるの」

2013年の夏
私はふたりのファームを訪ねた

彼らはWWOOF(World Wide Opportunity of Organic Farm)と呼ばれるNGO団体に登録している。

有機農場の体験プログラムとして「無報酬で仕事をする代わりに、宿泊費と食費は無料で提供される」というものだ。

WWOOFはロンドンから始まり、2015年時点では、日本を含め60か国に広がっている。経験したい、行ってみたい、という国のWWOOFに登録し、契約している有機農家と直接コンタクトを取るシステムだ。

私は2013年の夏、彼らの農場を訪ねた。夏場でも朝は10℃前後、日中は30℃と、朝夕の寒暖差を強く感じる土地だった。

ふたりの「ヴィンヤード」は
新しい家族の手へ

カルフォルニア北部は冬になると雪に覆われ、市街地に下るのは不可能になる。買い物も一ヶ月に数回だけくる、大型スーパーからの購入配達に頼るしかない。

また糖尿病を抱えるミネカは、車で30分かけて通院していることも懸念していた。除雪してメイン道路に出るまでの私道も長く困難で「冬はとても閉鎖的なんだ」とも話していた。冬はWWOOFのヘルパーも皆無で、高齢化していくふたりにとっても便宜性と肉体的な問題で、その土地を手放すことを数年のうちに考えている、とも。

日本に帰国してからも、たびたび有機野菜のことをシェアしたく連絡を取っていたが、つい先日、市街地や病院にも15分以内で行ける新たな2エーカーの土地へ移り、ふたりのためだけの有機栽培をし、ゆったり暮らしていると話してくれた。

ヴィンヤードがあった土地は現在、新しい若い家族によって、いまも継続している。1年間、その家族に住み込んでもらい、有機のノウハウを教え、彼らにその土地を売ったのだそう。

ミネカからのメールには、こうも書かれていた。

「たとえ形は変わっても、自分たちが築いたものが続いていくことに幸せを感じている」

と。

269ef64aea324bcefc7a8aa9a9ff9f856f6df397

この商品は、どんな背景で
生産されたのだろう?

現在、有機農場だけに限らず、農業全体における人力不足と高齢化は、深刻な問題になっている。

また、アメリカ都市部の富裕層の有機物の購買はスタンダードになりつつあるが、貧民層での需要は少なく、まだまだ農薬や化学肥料を使用したものを食べざるを得ない。

オーガニックを安価にする方法は、供給を増やすことだろう。

陳列された商品が「有機物」と「農薬などによって栽培された食物」であったら、どちらを選ぶだろう。「オーガニック」と謳われてなくても、無農薬や特別栽培で、なるべく化学肥料を使わずに農業を行っている農家さんは、みなさんの周りにもたくさんある。

また、多くの人にオーガニックのことを知ってもらうことで、その商品の購入だけにとどまらず、「どんな背景でこの商品が生産されたのだろう」と考えると、きっと生産者の想いが伝わってくるはずだ。

私も、このふたりとの出会いをきっかけに、日本の有機生産や普及率はどうなっているのだろうと、疑問を持つようになった。いま、日本の有機・オーガニックの普及率は、先進国のなかでも最下位だ。アメリカでは、2015年の食品市場を占めるオーガニック・有機食品の割合は5%となり、青果物に関してはカテゴリー最大の13%となった。

エルとミネカのことを思い出すと、こう考えてしまう。アメリカは、ふたりのような小さな地方の有機農家がファーマーズマーケットで活躍することで、富裕層だけでなく、市民にまでオーガニックの良さが浸透していったのだろう、と。

033ea80129c91eb41d15588bd498ed35346b4b1a
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
北カリフォルニアでニュースキャスターをするFrank Somervilleは、ある日、Facebookにこんな疑問を投稿しました。「もしも僕がアメリカに来...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
TABI LABOフードコンテンツのなかでも、人気の高い「美味しいコラム」を紹介します。あ〜、お腹が鳴る〜。
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
ある日、カリフォルニア市内がヘンテコなポスターでジャックされました。もちろん、これらは全部がフェイク。有名人や企業を勝手に使って、ちょっと行き過ぎでしょ!...
埼玉県・小川町は、おいしさとやさしさが溢れる町だ。オーガニックでおいしい食べ物は、僕たちの心を体を満たしてくれるし、地球にとってやさしい、ということも大切...
Uber EATSをはじめとするオンラインの宅配サービスや、Amazon Goのような店舗運営を自動化する動きが、世界で急速に加速している。一方で、そんな...
アーティストであるAnnabel Oosteweeghelの「Everlasting」というシリーズは、ある老夫婦の平穏な生活が写し出されている。誰も会っ...
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
BBQって、夏場に外でワイワイ肉や野菜を焼くことだと思ってませんか? 茨城県つくば市にある「BAR-KIN(バーキン)」の店長・河合さん曰く、あれはただの...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
ウェットスーツの素材を使った財布「SWALLET(スウォレット)」。カリフォルニアのサーファー達の間で人気らしく、陽気なカラーリングがたしかに西海岸のノリです。
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
オーガニックアイスクリームブランド全米No.1が代官山に上陸。
カリフォルニアには、LA以外の近郊の街にも魅力的な場所がたくさんあるので遊びにいくことが多いのですが、今回もサンフランシスコからサンタモニカに戻るまでに「...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。