奈良の「吉野杉の家」で、ディープな日本に触れる。

テクノロジー×伝統。

聞き慣れたフレーズかもしれませんが、「Airbnb×吉野杉」の組み合わせと聞いたら、素通りするわけにいきません。この2つがタッグを組んで作ったのは、名産の吉野杉を使った、スタイリッシュで温かみのあるコミュニティハウス。その名はストレートに「吉野杉の家」。

もちろん、誰でも泊まることができます。しかもこのプロジェクトは「ホストを個人ではなく地域にする」という、Airbnb初のチャレンジでもあるんです。

ディープな「吉野」を
知ってもらうきっかけに

B07813b99dbbe75034eae9b830ddcbecc3e8e8fb

グローバル規模でも利用者がどんどん増えていますが、海外と比べると日本ではまだまだ利用者が少ないAirbnb。そんな、Airbnbがアーティストと地元の職人の支援、そしてコミュニティ基金を設置したのは、ここが世界初なんだとか。2020年に向けて、ディープな日本を知ってもらう良いきっかけにもなりそうです。

ちなみに「吉野杉の家」で得た収益の一部は、吉野のホストコミュニティにわたり、地域コミュニティや文化的遺産を守るために活用されるそう。

72180519b5b6caf11a364d67581753f4e682c57696b31c0a1fcda149d0887c5d78155465520130c9

「吉野杉の家」はAirbnbのデザインスタジオである「Samara」と、日本人建築家の長谷川豪さん、そして地元吉野の人たちのコラボにより実現しました。地元の大工さんや職人さんたちの伝統的な匠の技が光る造りになっていて、場所も吉野川沿い。

周辺は急速に過疎化が進み、4,000世帯あるうちの600軒が空き家になっているそう。ターゲットの中心は、Airbnbフレンドリーな若い人たち。

地元の人と
コミュケーションを

Ac52c422614526f37917e547a055e67f6019c03a5459e7a32b18ebef6bd7f43cf68a5fa4c9c5fab4

1階は、地元の人たちが食事やお茶が楽しめるように長テーブルがあるオープンリビングになっていて、子どもが遊べるスペースもあります。そして、2階にはロフト風の部屋がふたつ。最大7人まで宿泊できます。

23f26593de9a436d562e407fa3a25734db8f74afF18c148f5acc4978a71890d4e416b1a7bc66b094

そして、魅力は
「家」だけじゃない

3fdd7e07830863629047a75ae258e7438acb8766

「吉野杉の家」も素晴らしいですが、その周辺にも見所はたくさんあります。まず、目の前に広がる吉野川。また、吉野杉が生えている森を地元の人に案内してもらうのもいいかもしれません。さらには地元の酒蔵で作られた日本酒や、目の前の吉野川で獲れた鱒(ます)を使った鱒寿司など、この地ならではの食の楽しみも。地元吉野杉で作られたお箸など、地元の職人さんたちがつくる伝統的な作品を見てまわるのも楽しそう

旅の醍醐味はやっぱり「出会い」。そして人だけでなく、地域そのものとの出会いが待っている「吉野杉の家」。

今までとはひと味違った旅にしてくれる、旅行革命になるのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by 吉野杉の家
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
日本各地に伝わる郷土料理には、それぞれの地域の特色がよく出ていて、これだけを食べ歩くのも楽しいものです。ここで紹介する「吉野鶏めし」は大分県の地元めし。そ...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
代官山 蔦屋書店で2017年11月19日(日)まで行われている『「奈良の木」のあるくらし ~森からの贈り物~』。蔦屋書店のコンシェルジュと、日本を代表する...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
大仏といえば、「奈良の東大寺」と「鎌倉の高徳院」が、言わずと知れた有名どころ。それに続く、日本三大仏に名乗りをあげているのが「岐阜大仏」。…それにも関わら...
アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、伝統工芸品分野で異例の1400万円の調達に成功した「Haori Cup」を紹介。軽くて...
無肥料・無農薬のお茶づくりを営む健一自然農園。代表の伊川健一さんは、16歳のときに人生の道を決めたといいます。茶畑を受け継ぎ、地域の人々と栽培・加工に励み...
7月12日(木)から3夜連続で、360°体験型の即興セッションを開催。
奈良県で茶畑を育てる「健一自然農園」の伊川健一さんのインタビュー、最終回。農業に目覚めたきっかけや、一風変わった高校時代の過ごし方、茶畑を始めた頃の苦労話...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
南北に伸びる日本列島。花満開の便りがようやく北海道に渡り、このゴールデンウィークに見ごろを迎えるようです。今年も日本全国が桜色に染まりました。Instag...
仁淀川は、四万十川、吉野川と並ぶ四国三大河川の一つ。なんと、全国1級河川の水質ランキングで、3年連続第1位を獲得中。
福井県池田町は、かつて林業の町として栄えた町。しかし、今では森林資源の利用が減少の一途をたどっているのだそう。こうした状況の中、木や森の新たな価値を創造す...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
「はなれ」は、徳島県那珂町木頭地区という「木頭ゆず」が特産の地域にあるゲストハウス。中野みね子さんは、アマチュアカメラマンだった夫・中野健吉さんの「したい...
幾何学パターンで組み立てられた多面体の物体。一瞬、オブジェにも見える丁寧な仕上げ。これが、ペットハウスだと知って驚いた。日本のナチュラルスローというブラン...
JAPAN LOCAL編集部員によるAirbnb「体験」の体験、第2弾! 前回の味噌作りとは打って変わって、今回は鎌倉で日本舞踊を習ってきました。もちろん...