求めてないのに出会ってしまった「台湾のラブホ」にご注意を!

遊びに行くならまずは台北市内から、がオーソドックスな台湾ですが、九份込みの王道コースを経験済みなら、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみるのはどうでしょう?

というのも、車社会の台中市はモーテルの激戦区。その密集度は、国内トップレベルなのだとか。北部と比べるとお宿事情はガラッと変わり、バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の部屋に舌を巻くことも。

モーテルですよね?
え、ラブホテル?

「1万円以下でこのクオリティ?」と予約サイトをスクロールしながら旅欲が高まりますが、台湾におけるモーテルって、ラブホテルであることが時々……いえ、結構な頻度であるんですよね。
外装がソレっぽく見えないどころか、予約サイトに「大人のホテル」などの注意書きも、休憩のコースすら無いことも。

間違えて予約しちゃうじゃん!って思いますよね。それこそ、ラブホ大国に住む“日本人っぽい考え”なのかもしれません。

台湾のモーテル(ラブホテル)は、家族連れや友達同士でもOKなケースが珍しくない。愛を育むアメニティは揃っていますが、日本よりフラットに利用されているみたいです。
もちろんお色気満載のモーテルもあるので、安さだけで選んでガッカリしないよう、利用者の口コミや清潔度は慎重にリサーチするのがベター。

「本人任せ」なモーテルも、
台湾カルチャーのひとつです◎

実際にSNSでリサーチしてみたら、誕生日パーティや女子会の会場としても頻繁に使われていました。家族写真をみることも、そんなに珍しくない。

例えば「ALLUR CHAIN BAUTIQUE MOTEL」なら、ローカルファーストにデザインされた部屋から、海外セレブの豪邸さながらのラグジュアリーな部屋まで揃っているので用途によって選びやすい。安っぽさはまるで感じないし、広さだって十分すぎるほどにあります。

画像を見てもらえればわかりますが、ジャグジーは当たり前、ビリヤードのプレイルームや、プールが併設されていたりも!

シーズンにもよりますが、料金はひとり4,000円〜10,000円で泊まれます(Booking.comより)。

人数が増えればより安くなるし、ちゃんと選んだ「台中でモーテル泊」は賢い旅の楽しみ方だと思いませんか?

ALLUR CHAIN BAUTIQUE MOTEL
住所:台中市南屯區文心南路98號
TEL:04-2472-7711
予約サイト:Booking.com / agoda.

台湾での買い物や街歩きって楽しいけれど、ガイドブックでよく見る観光地にはもう飽きたな。お土産も似通うし。そんな人に行ってみてほしい、台中の「綠光計畫」。
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
この国の「安うまグルメ」から抜け出すことは、容易ではない!
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
小籠包、魯肉飯、牛肉麺、タピオカミルクティーにかき氷。それぞれお気に入りの専門店があるはず。でも、台湾庶民の味ならばコチラ!
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。