絶対に立ち止まって眺めたくなる「シャドウ・アート」

んっ!?ストリートを歩くとちょっとヘンな状況に気づく。何がヘンって影ですよ、影。

ここは、カリフォルニア州レッドウッドシティのダウンタウン。これらの影絵は、いずれも正式に依頼されたものなのだとか。ほのぼのとした気分になるんだよなぁ。大人だってこうなんだから、子どもなら大喜びすること間違いないだろう。

#1

B7bef2d0cda96d28248d98e6883701cceb21821c

#2

476cc3bc83a450c3719f389e808100fb3dbeea71

#3

41acd8d457bbda52683f2ad501c00c785b83aa49

#4

59f185d5a1e090c2d961d1a976f5c03903ffbec8

#5

4e9c99e2181f555605ae5a21a8042b89201c0d06

Photo by Beth Mostovoy

#6

4dfdbcfa719e4974a56484524fc7fffab51936a8

Photo by Beth Mostovoy

#7

C81d1d5bdf4a1ee265021c74ca276b112545f7e3

Photo by Beth Mostovoy

B9471ac9fe6670e121703057120b4665c1420e57

Photo by Simon Chuang

想像力豊かな“ニセ影”を描いたのは、サンフランシスコをベースにしているグラフィックアーティストDamon Belanger。今回、ダウンタウンに20作品もの影絵を仕掛けたそうだ。

多忙な日常生活にちょっぴり疲れたら、これらの陽気な影絵が癒してくれる…。そう考えただけでも心に余裕が生まれてくるよね。

Licensed material used with permission by Damon Belanger
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
アメリカ、カリフォルニア州のアーティストRandy Lewisさんの作品は、猫と毛虫など、もの同士を融合させる「合体」アート。少しグロテスクに見えるものも...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
どこまでもトリッキーな絵を生み出すのは、イギリス生まれのアーティストJulian Beeverさん。パフォーマーでもある彼は、自分とイラストが一体になるこ...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader & Fri...
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
Ramon Bruinの3Dアートは、カラースプレーや絵の具を使うこともたまにあるけれど、ほとんどが鉛筆と色鉛筆のみで描かれている。実際に手を伸ばしたら触...