春に開催!京都発の新たな都市デザインビエンナーレ「KYOTO Shaping the Future」

3月27〜29日の3日間、京都発の新たな都市デザインビエンナーレ「KYOTO Shaping the Future──食がつくる都市」が開催される。場所は「京都市勧業館みやこめっせ」にて。

都市の未来像を京都から発信するこのイベント。今回が初めての開催となり、テーマとして選んだのは「食がつくる都市」だ。

京都の食をめぐる循環構造を歴史的な視点からリサーチし、これを最先端テクノロジーと掛け合わせることで、「食」から派生する新たな未来都市の可能性を描いていく。展示は、直径15mの「都市模型プロジェクションマッピング」や京都における都市と食のダイナミックな関係を6つのキーワード読み解く「京都を形づくる食」と題した展示のほか、3つのプロジェクトが並ぶ。

主催する「京都工芸繊維大学」の「KYOTO Design Lab」は、三方を山に囲まれた京都の周縁を所在地としており、そんな立地を鑑み、一歩引いた視点から街を俯瞰した社会のリデザインを提案していくという。

1200年を超える歴史と伝統を継承する都市の未来像とはどういったものなのか?まだ見ぬ未来の京都の姿をお楽しみに。

都市模型プロジェクションマッピング ©京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab
京都を形づくる食(Photo by Tomomi Takano) ©京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab
点群庭園 ©京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab
©京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab

『KYOTO Shaping the Future──食がつくる都市』
【日時】2020年3月27日(金)〜29日(日)10:00〜19:00(27日のみ13:00開場)
【会場】京都市勧業館みやこめっせ 第3展示場B
【住所】京都市左京区岡崎成勝寺町9-1
【主催】京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab
【共催】KYOTO STEAM-世界文化交流祭-実行委員会
【後援】在日スイス大使館
【コラボレーター】シャディ・ラーバラン&マニュエル・ヘルツ、大阪ガス株式会社 エネルギー技術研究所、スイス連邦工科大学チューリッヒ校 クリストフ・ジロー研究室
【コンテンツ制作】岡田栄造+岩本馨+水野大二郎+木下昌大+三宅拓也[京都工芸繊維大学]
【会場構成】武井誠+満田衛資[京都工芸繊維大学]
【アートディレクション】西村祐一+綱島卓也[Rimishuna]

Top image: © 京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
京都の音楽シーンを担うインディーズバンドが集結する無料ライブイベント「京音-KYOTO-」が今年も開催!第1回目は今月30日で「The Fax」「the ...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
ハッリ・コスキネンが監修するカプセルホテル「MAJA HOTEL KYOTO」が、2019年12月に京都に開業。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...