2015年。七夕は、7月7日ではなく8月20日だった!

短冊に願いごとを書き、織姫と彦星の切ない恋模様に思いを馳せる。そんな七夕の日は何月何日か知っていますか?

「もちろん7月7日に決まってるでしょ!」。そんな多くの声が聞こえてきそうですが、その回答、半分は正解で半分は不正解。実は、七夕の日は毎年変化するもので2015年は、なんと本日8月20日がそれに該当するのです!

Yukata150820-0012

どういうことなのか、説明しましょう。

国立天文台のHPによると、もともと、七夕の行事は「7月7日」といっても現在使われている暦ではなく、旧暦など「太陰太陽暦の7月7日」に行われていたそう。しかし、明治6年に現在の暦が採用されると、太陰太陽暦は過去のものとなりました。

とはいえ、現在の暦での7月7日は、たいてい梅雨のさなか。せっかくの七夕の日なのに、輝く星が見えにくい状況が生まれてしまったというわけです。そうした事情を受けて、国立天文台では2001年から、太陰太陽暦の7月7日に近い日を「伝統的七夕」として広く報じ始めました。

基本的に、伝統的七夕の日は、梅雨明け後で晴天率が高く、夜空に輝く星が満喫できる気象条件。ちなみに、この日は天の川だけではなく、「夏の大三角」も見どころの一つです。これは天の川を挟んで輝く、こと座のベガ(織姫)とわし座のアルタイル(彦星)に、はくちょう座の一等星デネブを加えてできる大きな三角形のこと。暗くなってすぐに東の空の高いところから天頂付近にかけて観察できるとされています。

Milkyway01

伝統的七夕の日である本日は、全国的にあいにくの曇り空。でも、簡単に諦めずに、家の明かりを消して星空に目を向けてみては!?

Reference:国立天文台

夏の夜空は、気温の高さもあり星が眩しく瞬く季節。天体観測には気候も快適ですよね。そして、7月1日にはとても貴重な天体ショーを楽しむことができるようです。 ...
七夕の短冊よりも、願いを叶えてくれるものの代名詞といえば流れ星。今年は、7月にもう一度お願いごとをするチャンスが残されているんですよ。7月28日にピークを...
2015年7月の最終日に現れる、貴重な天体現象を知っていますか?それは「ブルームーン」と呼ばれ、3年に1度しか見ることができない珍しい満月なんです。「ブル...
アイスランドで有数のトレイルコースに建つ山小屋です。先に言ってしまいますが、オシャレー!
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
三大流星群のひとつである、ペルセウス座流星群。条件が良ければ、最大で40個以上見えることもあるそうです。一番の見頃は、8月12日の夜半頃から13日の明け方...
2017年8月21日(日本時間22日)、アメリカで大規模な皆既日食が起こります。アメリカ大陸を横断するのは、実に99年ぶり。この世紀の天体ショーを間近に控...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
8月8日は満月で、"部分月食"を観測することが出来る日です。日本で観察できるのは、2015年4月4日以来2年ぶり!「国立天文台」によると、月が欠け始めるの...
ペルセウス座流星群は、比較的観測しやすい流星群としても知られており、しぶんぎ座流星群(1月)や、ふたご座流星群(2月)と並ぶ「三大流星群」の一つ。8月13...
「最高峰の小豆(あずき)・幻の品種」をいただけると聞き、兵庫県の丹波市へ。どうやら小豆界におけるトップオブトップは「丹波黒さや大納言小豆」らしいのです。さ...
『国立天文台』によると、皆既月食のはじまりは21時51分で、食の最大は22時29分。23時8分までの77分間は、赤胴色に染まる皆既月食がつづくみたい。ちな...
9月8日の発表から、見どころを抜粋して紹介。国内で発売されるiPhone 7 / iPhone 7 Plusは、約0.1秒でデータの読み書きができるFel...
「記録は塗り替えられるためにある」スポーツ競技をはじめ、他人と競うことに意味のある種目においては、喜ばしい記録更新。でも、こちらは歓迎しないもの。2015...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
特別、だけど簡単なレシピを、3つご紹介します。
『流星電波観測プロジェクト』によると、あまり条件は整っていないけれど、5月6日17時に、みずがめ座η流星群が極大を迎えます。
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
2015年9月28日といえば、日本では月の大きさも明るさも増大して見える「スーパームーン」が話題。前日が中秋の名月ということもあり一気にお月見ムードが高ま...
もしかしたら、日本でもごく一部の人しか知らないネタかもしれませんが……、毎年6月10日は「アイスティーの日(National Iced Tea Day)」...
中秋の名月に「スーパームーン」が重なった、あの興奮する夜空が記憶に新しいところですが、この10月も天体ショーが目白押し。なんでも、明け方の空が大変なことに...
みずがめ座δ流星群は、流れ星の数はそれほど多くはないものの、強い光でゆっくりと尾を引く比較的見やすい流星群。今年はかなりの好条件が揃っています。一番のピー...
空気が澄んでくる10月ごろから、秋の夜空は次第ににぎやかさを増していきます。天候が多分に左右する天体観測ですが、今秋を占う意味でも、まずは10月8日の夜空...
夜に空を見上げれば、いつでもすぐそこにある月。とっても身近な存在ですが、本当はどれくらいの大きさか、すぐに答えられますか?身近だけど意外に知らない、月にま...