今こそ見直したい、日本の「缶コーヒー」の魅力

日本のコンビニは、外国人や海外に住んでる日本人にとっては目がキラキラしてしまう場所です。たとえば私の住むアメリカでは、コンビニは少し怖い場所という認識があります。目が虚ろな人がブラブラしていたり、ホームレスの人たちが小銭をもらおうと待っていたり、ゴミ箱を漁っていることもしばしば。

コンビニ内で置いている商品も、炭酸のジュースやビール、お菓子などのジャンクフードが主流で、日本の作りたてのお弁当やデリのようなものはありません(あ、でもホットドックならあるか…)。なので、日本のコンビニのように軽快に立ち寄る場ではないのです。

日本に帰国したとき
缶コーヒーにワクワクする

F2e616f2fe5c79f9e28fec4de20335decb1998aa

私はアメリカから日本へ帰って来たら、いつも空港内のコンビニに直行します。つぶらな私の目も、このときばかりは輝きます。

アメリカのようなコーラ、ポテトチップスだけじゃありません。日本のコンビニには何種類ものお茶、何十種類ものお菓子やスウィーツにアイスが、お行儀よく並んでいます。眩しい限りです。そして1番ワクワクしてしまうのが、缶コーヒー。これはアメリカにはない文化なのです。

缶コーヒーはクイックな
エナジーチャージ?

アメリカのコンビニに、缶コーヒーは(ほとんど)ありません。「ほとんど」と書いたのは本当にごく最近、Whole Foodsなど意識の高いスーパーなどで見かけるようになってきたのと、スターバックスの缶コーヒーをコンビニで何度か見かけたことがあるからです。

でも普通のコンビニでは、あってもスタバの缶コーヒーが1種類あるかないか。ガラス扉の向こうを埋め尽くす色とりどりの缶コーヒーは、まさに日本の素晴らしいコーヒー文化なんです。日本に住んでいるとあまり意識がいかないかもしれませんが、外国人にとっては多種多様な缶コーヒーはとっても珍しいもの。

私も日本に住んでいるときは気にもとめない存在でしたが、アメリカに住むようになって日本の缶コーヒー文化のすごさを実感しました。

そんな日本の缶コーヒーはどっちかというと「クイック・エネルギーチャージ」という立ち位置なのかなと思います。その場でぐいっと飲むことが多いですよね。缶コーヒーのサイズが小さいのも、飲みたいときに一気に飲み干せるようにと聞いたことがあります。

アメリカは
「TO GO」文化

9bab206516ac07be73a1018ec19c1d24db59430d

その反対で、アメリカでは「コーヒーはカップに入れてゆっくり飲むもの」という概念なのかなと思います。アメリカのカフェでコーヒーを注文すると、店内で飲むかテイクアウトするかの意味である「For here or to go?」と必ず聞かれます。

そう、アメリカでは「TO GO (持ち帰り)」の文化がかなり主流なんです。かと言って、持ち帰りにしたコーヒーをその場で一気に飲み干してる人は見たことありません(私はたまにしますけど)。

アメリカのビジネス街の朝は、TO GOしたコーヒーカップ片手に歩いている人だらけです。想像したら変な感じですけど、これが日本で缶コーヒー片手に歩いているビジネスマンだらけとならないのは、やっぱりグイッと飲み干しているからなんでしょうね。

「コーヒー好き」にも
いろいろある

6e06355652e13df4070b51f910e4fd18803603b3

コーヒーが好き、とひとくちに言っても、缶コーヒーが好きだったり、自分で淹れたコーヒーが好きだったり、はたまたお店で飲むコーヒーが好きだったり、色々です。

でもアメリカには「缶コーヒー好き」が今のところ存在していないに等しいのですが、少しずつ浸透していくんでしょうか。数年後、TO GOがなくなって、朝のビジネス街が缶コーヒー片手にした人だらけになっていたらおもしろいですよね。どうなっていくか、楽しみです。

メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
焼きたてハンバーグをカットして上から押すと、断面から肉汁がジュワ〜。あれ、自宅でも再現可能です。
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
オランダはそれだけじゃないだろう! って思うけど、やっぱり飲みたくなる
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
コーヒーのテイクアウト率、先進国のなかで日本が1位なのは、意外?
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...