立って、座って、寝転んで。読むだけじゃない「体感型絵本」って?

ワクワクするようなことがあったり、ちょっと怖いものが潜んでいたり、絵本の中には様々な出会いがある。登場するモノや生き物に魅力を感じて読み進めていくのはとても楽しいこと。

でも、それが実際にはどんな大きさでどんなに不思議なものなのかは、実物を見ていないからぼんやりとしかイメージできない。想像力を膨らませるのも良いけれど、「知りたい」って気持ちも大切にしたい。

そこで、その物語をより身近に感じられる体感型の絵本「Big Book」を紹介。『おおきなかぶ』と『うらしまたろう』を今までと違う形で楽しむことができます。

どーん!
カブが抜けました。

Photo by 多田ユウコ

これだけ立派なものだと抜くのは相当大変。そう思ってしまうほどの大きなカブを持つ子どもたち。一枚2050×594mmサイズで、葉っぱに虫食いがあったり、てんとう虫がいたり、よく見ると好奇心をくすぐられるモノがたくさん潜んでいる。それに、ページのあちこちに日本語と英語の文章が散りばめられているので、言葉の意味を覚えながら、物語を読み進めることもできます。

楽しむのも大切だけど、小さな子が扱うから、汚してしまったり、破いたりしないか心配だと思います。そんなこともちゃんと考えられていて、耐水性と耐久性に優れた素材が使用されているから、紙の上で遊んでも安心なんです。

Photo by 多田ユウコ

カブをひっぱるシーンを家族で再現。

Photo by 多田ユウコ

あちこちに散らばったストーリーを追いながら、言葉を覚えるのも楽しみの一つ。

Photo by 多田ユウコ

まだ文字が読めない子どもも、カブの上にのったり、てんとう虫や毛虫を発見したり、様々な形で楽しむことができます。

Photo by 多田ユウコ

大きなシートだけど、たたむと220×315mmの箱に収まります。

Photo by 多田ユウコ

カメの背中は
こんなに大きかった!

Photo by 多田ユウコ

『うらしまたろう』に登場するカメ。こんな甲羅に乗って、竜宮城に行ったんですね。

Photo by 多田ユウコ

細かいところまで描かれているから、じっくり観察したくなる。

Photo by 多田ユウコ

親子で一緒にカメに乗って、物語の主人公に。

Photo by 多田ユウコ
Photo by 多田ユウコ

誰もが主人公になれるこの絵本。ただ、読み聞かせるのではなく、子どもと一緒に大人も楽しむことができるのも嬉しいですね。

Top Photo by 多田ユウコ
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
本を開いてパッ!と現れたは、円柱型の空間?そう、これはページをめくるのではなく、ひらいて楽しむ3D絵本なんです。真っ赤なお日さまや霞のような雲、鶴もいて日...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
自分にとって最高の家族の生前を子孫へと受け継ぐために、亡くなった人の人生を絵本にすることを思いついたJuliette Eame。彼女の場合は、小さい頃によ...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
南インド・チェンナイにある出版社「タラブックス」。『夜の木』は、日本語だけでなく、フランス語、ドイツ語、韓国語、スペイン語、イタリア語にも翻訳され、タラブ...
毎晩ベッドの中で子どもに読み聞かせる絵本、その重要性をアルベルト・アインシュタインは、こんな言葉で表現しました。子どもに賢くなってほしいと望むならば、おと...
自分が生まれてきた意味「みたいなもの」を、ちょっとだけ考えちゃう。
自分が「どう見られているか」、どうでもよくなっちゃう。
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
子どもの頃に学んだことは、意外と大人になった今でも胸に刺さることが多いのに、いつのまにかフタをしていたり、見て見ぬふりをしてしまっている…。本当に大事な何...
自分も「明日はだれかにやさしくしたい」って思っちゃう。
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
この赤ちゃんにとって、絵本を閉じることほど「この世に悲しいものはない」のかもしれません。絵本を読んでくれるママの「お〜しまい」を聞くのがイヤでイヤでしょう...
自分だけの「本当のことば」を、さがしちゃう。
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
文学作家のドクター・スースは、彼の本を読んだことがないアメリカ人はいないと言われるほど著名な人物。児童文学会への多大なる貢献が認められたピューリッツァー賞...
世界有数の美術大学ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで学んでいたJuan Fontaniveは、「動きだけではなく、音が生きる」機械じかけのパラパラ絵本を発...
私たちを毎日あたたかく照らす太陽。いつも何気なく目にしているものでも、少しだけ見方を変えるだけで、それまでと違った、あたらしい側面と出会うことが出来ます。...
生きていく上で、最低限のお金は必要ですが、お金を追う毎日に縛られすぎて「人生を楽しむこと」を忘れていませんか?テレビで見た美しい絶景を自分の目で確かめたい...
自分がうまれた世界を、「わるくないかも」って思えてきちゃう。
『えがないえほん』は、正真正銘の歴史的大ヒット作。世界中の子ども達が“絶対に大爆笑する”と謳われ、つい最近日本にも上陸したけれど、そこには他国と変わらず大...
子供のころに読んだ本、読んでもらった本。そんな「思い出」のなかには、大人になっても忘れずにいたい名言がたくさん込められています。海外児童文学のなかでも、日...