オードリー・ヘップバーンの「美しさと強さ」の秘密がわかる5つの言葉

「永遠の妖精」と言われ世界中で愛されたオードリー・ヘップバーンは、世代を超えた美しさで今もなお多くの人々を惹きつけています。しかし、意外にも当時の彼女は大きなコンプレックスを抱えていて、美しく見せるための努力を怠らなかったとか。彼女のスクリーンで見せる外側の美しさは、もしかしたら内側から溢れる魅力や努力の賜物なのかもしれません。

誰もが惹きつけられる彼女の生き方を、書籍『愛される人になるための77の言葉』より紹介します。

01.

優雅さこそが、決して色あせない美しさに繋がるもの。

彼女の完璧ともいえるマナーや洗礼されたセンス、その場にいるだけで上品な雰囲気になるような品格のある態度。それらは、厳格な母親によるしつけのおかげでした。幼い頃から自分を律することに長けていたため、その優雅さを失うことはなかったそうです。

02.

自分の欠点から目をそらさず、きちんと向かい合い、欠点以外に磨きをかけるのです。

容姿に対するコンプレックスを乗り越えるため、彼女は様々な研究を重ねました。カメラに映る自分の顔の角度からヘアメイク、さらには顔色が映える服の色まで。とくにアイメイクには強いこだわりを持ち、誰もが魅了される美しい瞳を印象づけることで、他の欠点を目立たなくしていたそうです。

03.

ヒッピー・スタイルを見つけるよりも、精神的な若さを保つほうが若く見えるのではないでしょうか。

オードリーのファッションはいつもシンプルで上品。まるで彼女を表すかのようなそのファッションスタイルは、世界中に流行を巻き起こしました。しかし、彼女自身は決して流行にとらわれることなく、服をまとう自分がどうありたいかを常に大切にしていました。

04.

人は年とともに変わっていきます。でも、それを直視すべきです。誰もが経験することですから。

1976年、47歳のオードリーは、長らく離れていた映画界に8年ぶりに復帰。スクリーンに映し出されたのは、白髪が目立ち、目尻や頬にシワのある、年相応に年齢を重ねたオードリーでした。その変化に周囲は驚きましたが、彼女自身は「当たり前のこと」と胸を張り、容姿の変化に関して卑屈にならなかったのです。

05.

魅力的な唇になるためには、優しい言葉を話しなさい。愛らしい瞳になるためには、人のよいところを探しなさい。

1992年、オードリーにとって最後のクリスマス・イヴ。彼女が2人の息子に朗読したサム・レヴェンソンの詩の一節です。誰かのために尽くすその心こそが、その人を美しくする…。それはまさにガンに侵された体でも家族に気遣い、心配をかけまいとする彼女の慈愛に満ちた生き方、献身的な信念と重なっていました。

Top Photo by Hulton Archive/Archive Photos/Getty Images
『オードリー・ヘップバーン 愛される人になるための77の言葉』 編著:STUDIO PAPER PLANET

1953年にハリウッド・デビューを果たして以来、世界中の人々を魅了してきたオードリー・ヘップバーン。自らについて多くを語らない、彼女の残した言葉はどれも心に響くものばかり。周囲から愛される人になるためのヒントは、彼女が生涯を通して発した言葉にありました。

オードリー・ヘップバーンは、生涯を通してたくさんの人々に愛情を注ぎ、また多くの人々から愛されました。大女優でありながら献身的な心を忘れなかった彼女の行動は...
女性の輝きとは、内からにじみ出るもの。だから「わたしなんて...」と自分にダメ出しばかりしていると、すぐにその気持ちが表に出てきてしまいます。いつの時代も...
演じる作品はどれも名作となり、輝かしい経歴を手にしたオードリー・ヘップバーン。しかし彼女がバレリーナという夢を挫折し、生活のために女優へと転身したことはあ...
無邪気な「発散力」が大事らしいです。
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
きっかけは、オードリー・ヘプバーンに影響されたことから。彼女は、おばあちゃんのアクセサリーや古着などを使い、人気女優をはじめ歴史上の人物や作品に登場するキ...
眠る前のあなたの5分、私にください。
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
あなたは「自分の人生」というストーリーの主役です。と言われても、日々そう思いながら生活するのは難しいもの。人生経験が浅ければなおのことでしょう。でも早く気...
いつも新しい視点に気づかせてくれる偉人達の金言。今だに古びませんよね。「I Heart Intelligence」は、その中から特にハッとするような言葉を...
この「I Heart Intelligence」の記事は、数千年前から近代に至るまでのさまざまな分野の偉人たちが発した名言をピックアップしています。それら...
水曜日の夜は、やっと折り返し地点だけれどすでに結構疲れている。そんな夜には、明日も頑張れるように優しい名言を読んで、明日に備えてよく眠ってくださいね。
この4種類をデスクに常備しています。
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
挑戦の数だけ、成功があります。偉人と呼ばれる人たちは、この「挑戦」を誰よりも多くしてきた人です。彼らは、どうして挑戦し続けることができたのでしょう?経営コ...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
名言は、人類の歴史の中で活躍した偉人たちの考えを今に伝えてくれます。時を超えて、成功者たちの思想を学ぶことができるのです。そんな古今東西の名言に遠越段さん...
歴史上の人物たちの言葉が、今も多くの人達に届いているなんて驚きますよね。しかも、いつになっても学ぶことが尽きないもの。「I Heart Intellige...
年が明けて、新しい目標を抱く人が多い1月。2018年が終わるときに、どんな自分だったら「最高の年だった」と言えるだろう。去年できなかったことや、反省をいか...
GOOD MORNING!気持ちのいい朝は、私たちを元気にしてくれるもの。だけど、そこに元気ややる気の出る名言があれば、朝はもっと特別なものとなるでしょう...
わずか15歳で命を落とした彼女が残した『アンネの日記』には、過酷な生活のなかで、それでも彼女が夢を描いていたこと、恋をしていたこと、強い志を持っていたこと...