「みんなの笑顔が見たいから」毎週、日曜日にホームレスの髪を切る美容師

みんなの笑顔をみたいから・・・。僕は髪を切り続ける。

Mark Bustosさん(@markbustos)が投稿した写真 -

ホームレスにヘアカットする美容師

マーク・ブストスさんはニューヨークで理容師をしている。仕事が休みの日曜日に、毎週街にでてヘアカットを行っているのだ。それも、ホームレスの人びとに、だ。 彼の手にかかれば、その数十分後には新しい自分に出会うことができる。こちらの写真の男性も大変身を遂げた。

Mark Bustosさん(@markbustos)が投稿した写真 -

みんなの笑顔をみたい!その理由とは?

2012年5月より始めたこの取り組み。客は街にさまようホームレスたちだ。彼の仕事に対するモチベーションはどこから生まれているのだろう? そのきっかけは、ブストスさんがフィリピンへ訪れた時にある。滞在中、彼は現地の理髪師にお金を払い、専用の椅子を借りた。そして貧しい子供たちにヘアカットを施したのだった。 この経験はブストスさんにとって、言葉にしようの無いほど、かけがえのないものになった。人を元気にしようと始めたのに、誰よりも自分がパワーをもらっていることに気づいた。

「もらったエネルギーを、今度はニューヨークの人々に返していきたい」

笑顔を届けるために

 

Mark Bustosさん(@markbustos)が投稿した写真 -


客であるホームレスは皆、髪を切ってもらう以上のことを要求しない。そのワケはブスタスさんが彼らにかけるこの言葉に現れている。

「あなたの今日をより素敵な日にする為に、僕ができることをしたい」

今週もニューヨークの街で、ホームレスの方に笑顔を届けるために・・・。

Reference :  markbustos on instagram

 

路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
『髪とアタシ』は、ミネシンゴさんと奥さんの三根かよこさんの二人による夫婦出版社「アタシ社」から出版されています。流行の髪型だけを取り上げる美容雑誌ではあり...
「まさにプロの魂を見せつけられた気分だ」。これは、この記事の主人公James WilliamさんのFacebookに投稿された、写真とコメントを目にした人...
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
その独特のカラフルさで夢中になる人が続出した、海外限定の「ユニコーンフラペチーノ」。数日間だけのメニューだったのにも関わらず、爆発的な人気だったのだとか。...
イギリスでマッサージ師をやっているHitesh PatelさんのFacebook投稿が話題となりました。カッサ療法で行った美容師さんの背中が、均等に血行が...
妊婦はもちろん、パートナーや助産師を含めたその場の雰囲気を撮る、それがバースフォトグラファーだと語るKatieさん。ここでは、たくましい助産師にフォーカス...
あなたが笑顔になる理由は?笑うきっかけは?ルーマニアに住む32歳の写真家クリスチャン・マンタさんは「174 Reasons to Smile(笑顔でいる1...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
もしも、今と違う人生を歩めるとしたら。人生のターニングポイントは誰にでも訪れるもの。それが正しい選択だったかどうかなんて、後になっても分からないことばかり...
もしいつも一緒に仕事をしている人が、ホームレスだったら?ここで紹介する男性は、一見普通のカメラマンに見えますが実は家を持たないホームレス。彼の名前はMar...
このCMは「国際女性デー」に際して、バングラデシュを拠点とする広告会社が制作したものです。美容院での一コマを切り取ったこの動画は、女性の権利について訴える...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
4,000万円以上の寄付を集める、「GoFundMe」のクラウドファンディングが話題に。きっかけは、全財産が20ドルだったホームレス男性が、ある女性を助け...
1000年以上も前から続く伝統的なタトゥーを引き継ぐのは、カリンガ州にあるブスカラン村に住むWhang Odさん。100歳になる世界最年長の彫り師であり、...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。廃材をリサイクルして...
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
「Social Bite Village」と名付けられたこの村は、ホームレスの人たちが経験しているネガティブサイクルを断ち切るのを目的にしている。
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp生花を髪に飾りつける「花結い」の技法で独創的なヘッド...