「みんなの笑顔が見たいから」毎週、日曜日にホームレスの髪を切る美容師

みんなの笑顔をみたいから・・・。僕は髪を切り続ける。

Mark Bustosさん(@markbustos)が投稿した写真 -

ホームレスにヘアカットする美容師

マーク・ブストスさんはニューヨークで理容師をしている。仕事が休みの日曜日に、毎週街にでてヘアカットを行っているのだ。それも、ホームレスの人びとに、だ。 彼の手にかかれば、その数十分後には新しい自分に出会うことができる。こちらの写真の男性も大変身を遂げた。

Mark Bustosさん(@markbustos)が投稿した写真 -

みんなの笑顔をみたい!その理由とは?

2012年5月より始めたこの取り組み。客は街にさまようホームレスたちだ。彼の仕事に対するモチベーションはどこから生まれているのだろう? そのきっかけは、ブストスさんがフィリピンへ訪れた時にある。滞在中、彼は現地の理髪師にお金を払い、専用の椅子を借りた。そして貧しい子供たちにヘアカットを施したのだった。 この経験はブストスさんにとって、言葉にしようの無いほど、かけがえのないものになった。人を元気にしようと始めたのに、誰よりも自分がパワーをもらっていることに気づいた。

「もらったエネルギーを、今度はニューヨークの人々に返していきたい」

笑顔を届けるために

 

Mark Bustosさん(@markbustos)が投稿した写真 -


客であるホームレスは皆、髪を切ってもらう以上のことを要求しない。そのワケはブスタスさんが彼らにかけるこの言葉に現れている。

「あなたの今日をより素敵な日にする為に、僕ができることをしたい」

今週もニューヨークの街で、ホームレスの方に笑顔を届けるために・・・。

Reference :  markbustos on instagram

 

路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
『髪とアタシ』は、ミネシンゴさんと奥さんの三根かよこさんの二人による夫婦出版社「アタシ社」から出版されています。流行の髪型だけを取り上げる美容雑誌ではあり...
心温まる動画をご紹介。
「まさにプロの魂を見せつけられた気分だ」。これは、この記事の主人公James WilliamさんのFacebookに投稿された、写真とコメントを目にした人...
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...