目の前にプレイヤーがいなくても、勝手に駒が動く「チェス盤」

「Square Off」は、インドのスタートアップが開発したチェス盤。世界中のプレイヤーとの対戦が楽しめるのですが、このチェス盤と専用アプリをペアリングさせれば、オンライン対戦をリアルで再現してくれます。

要するに、目の前に相手がいなくても自動で駒が動くんです。ハリポタみたいですね。

少し詳しく説明をすると、「Square Off」には磁石とモーターが搭載されていて、これらが駒を動かしていくれるそうです。

価格は329ドルで購入可能。結構高い!?

©Square Off
Reference: Square Off
Top image: © Square Off
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

チェスが好き、興味があるという人に紹介したい「Square Off」。これ、AIによって駒が自動で動くという魔法のような代物です。専用のアプリを介せば、相...
子どもの頃、お祖父さんがベンにチェスのルールを教えてくれました。小中学校では、チェスサークルに。高校では学校のチャンピオンでした。今、チェスをプレイする機...
偶数年に「国際チェス連盟」によって開催されるチェスの大会「Chess Olympiad」。今年は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により初めてオ...
知的なゲームとしての一面はもちろん、その美しい駒がインテリアとして愛されることも多い「チェス」。そんなチェスの駒を、アメリカの有名な都市のランドマークでか...
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
これは、アートディレクターの手によってリメイクされた「将棋の駒」。単純明快で、伝わりやすく、客観的な美しさも備えている。だけど…それぞれの役割を識別する“...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...