テーブルに並べてもかわいい、手のひらサイズの「宇宙」

え?文字通り「手の中にある宇宙」!?

こちらは海外で話題になっている、リアルでかわいい惑星アイテムです。実は3Dプリンターで作られたもの。販売しているのはロンドンにある「リトルプラネットカンパニー」という会社。小さいころから宇宙のことばかり考えていたという創業者のGeorge Ioannidisさんが、好きすぎるあまり、ついには自分で宇宙を作っちゃったっていうのが、この商品。

私たちの住んでいる、地球

E68b2a0c0aaa426956c61875ff4751b8f2119e3c

指でつまめちゃうこのサイズ感。

Befae6cc3aef70708019d23162caf42ff1470a18

こちらはEarth with relief detailという、海がより細かく作られたバージョン。同じ地球でもいろんなパターンがあるんですね。

太陽系の惑星と並ぶと…

3ba097aeb8a303c288e839f4bdcdb82fc57885bf13ec43f43d47007831e34da17c4217bbce6edd34

こうやってみると「地球って小さいなあ」って実感できますね。

96a073703efe2e6e4239980ff09b737fac6e3be9

ちなみに金星は、分厚い雲でおおわれています。

B271de910b79198f0db9e5739c5f593ce3d0c9bd

雲の中をのぞいてみると…

7d40558923616dd375f1bb1f6da78d83920c04be

本当の金星の姿が出てきます。ユニークでかわいい…しかもその星の特徴が簡単にわかりますね。

「小さな宇宙をプリントアウト」

Dcd54355c270df8feeb46eadf706b62836f1ae50

ーー こんな精巧なつくり、どうやって作っているんですか?

「ラピッドプロトタイプマシンというものを使っています。ほとんどの家庭用プリンタは一色しか使えませんが、私はもともと建築の仕事をする目的で3Dプリンタを使った時に、ラピッドプロトタイプマシンが何色も使えるということを知りました。また、とにかく宇宙と天文学が好きなので、NASAのデータを読み漁っていたんです。そこで、その膨大なデータとラピッドプロトタイプマシンを使い、小さな宇宙をプリントアウトしたってわけです」

58ab9310ec5fab2b1717630cf5ab9b926396f943

テーブルに並べてもかわいい、手の中に収まるかわいい宇宙。商品は大きさは10mmから200mmのなかで選ぶことができ、Etsyにて購入可能です。あなたも手のひらの「天体観測」を体験してみては?

Licensed material used with permission by LittlePlanetFactory
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
プロ・アマチュア関係なく、世界中から応募が集まる「INSIGHT ASTRONOMY PHOTOGRAPHER OF THE YEAR」は、世界最大級の天...
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
日進月歩で研究が進み、ますます宇宙への進出が現実を帯びてきました。とはいえ宇宙に出るには当然、特別な訓練が必要です。今までは選ばれた数少ない宇宙飛行士しか...
思わず「かわいい!」とつぶやきたくなる、天体モチーフのピン。この宇宙ピンを作り出したのは、日本の「Kawaii」に魅せられ、東京を拠点に活動しているイギリ...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
ロシアのソユーズロケットに乗って宇宙を旅した、高知県ひまわり乳業の乳酸菌。その子孫たちを使って作られたグミ、その名も「宇宙のグミ」を紹介する。商品開発の経...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
Ani Liuさんはダイヤル式で3つの匂いを嗅ぎ分けられるネックレス型のアイテムを開発して、地球の香りを宇宙飛行士に楽しんでもらうプロジェクトをおこなっている。
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
この宇宙には、いったいどれだけの銀河が存在しているのか。その答えを解明すべく、銀河の“国勢調査”ならぬ大規模な調査研究が定期的に行われているようです。その...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...