テーブルに並べてもかわいい、手のひらサイズの「宇宙」

え?文字通り「手の中にある宇宙」!?

こちらは海外で話題になっている、リアルでかわいい惑星アイテムです。実は3Dプリンターで作られたもの。販売しているのはロンドンにある「リトルプラネットカンパニー」という会社。小さいころから宇宙のことばかり考えていたという創業者のGeorge Ioannidisさんが、好きすぎるあまり、ついには自分で宇宙を作っちゃったっていうのが、この商品。

私たちの住んでいる、地球

指でつまめちゃうこのサイズ感。

こちらはEarth with relief detailという、海がより細かく作られたバージョン。同じ地球でもいろんなパターンがあるんですね。

太陽系の惑星と並ぶと…

こうやってみると「地球って小さいなあ」って実感できますね。

ちなみに金星は、分厚い雲でおおわれています。

雲の中をのぞいてみると…

本当の金星の姿が出てきます。ユニークでかわいい…しかもその星の特徴が簡単にわかりますね。

「小さな宇宙をプリントアウト」

ーー こんな精巧なつくり、どうやって作っているんですか?

「ラピッドプロトタイプマシンというものを使っています。ほとんどの家庭用プリンタは一色しか使えませんが、私はもともと建築の仕事をする目的で3Dプリンタを使った時に、ラピッドプロトタイプマシンが何色も使えるということを知りました。また、とにかく宇宙と天文学が好きなので、NASAのデータを読み漁っていたんです。そこで、その膨大なデータとラピッドプロトタイプマシンを使い、小さな宇宙をプリントアウトしたってわけです」

テーブルに並べてもかわいい、手の中に収まるかわいい宇宙。商品は大きさは10mmから200mmのなかで選ぶことができ、Etsyにて購入可能です。あなたも手のひらの「天体観測」を体験してみては?

Licensed material used with permission by LittlePlanetFactory

関連する記事

NPO団体「Thinking Huts」とデザイン事務所「Studio Mortazavi」は、マダガスカルに3Dプリンターを用いて学校を建設するプロジェ...
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
2019年12月にスタートした日本初の3Dプリンターによる住宅建設プロジェクトから、「Sphere」と呼ばれるプロトタイプデザインが公開された。
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡など「NASA」の最先端技術によってとらえた雄大な天体写真を集めた展覧会「138億光年 宇宙の旅」が「東京写真美術館」で開...
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
「UHA味覚糖」が開発を進めていた宇宙日本食ミルクキャンディ「宇宙食 特濃ミルク8.2」。ついに「JAXA」の認証を受け、米国の宇宙企業「スペースX」が開...
もともとは宇宙飛行士のトレーニングの一環として、出発前の宇宙飛行士たちに宇宙の香りに慣れてもらうために作られた「NASA」謹製のフレグランス「Eau de...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「CANON ELECTRONICS INC.(キヤノン電子株式会社)」が開発した超小型地球観測衛星「CE-SAT-I」を使って、宇宙から撮影された高解像...
宇宙とリアルタイムでつながれる遠隔操作ロボット「space avatar(宇宙アバター)」の利用実証プロジェクトが本格スタート!
9月15日、「Hotels.com」が近未来で可能になるだろう宇宙旅行に備えて、宇宙ホテルの宿泊予約を受け付けを開始した。
米スタートアップ企業「ICON」が開発したコンクリートを出力する3Dプリンターを24時間の稼働させ、2つのベッドルームとキッチン、バスルームを有した約45...
プロ・アマチュア関係なく、世界中から応募が集まる「INSIGHT ASTRONOMY PHOTOGRAPHER OF THE YEAR」は、世界最大級の天...
12月8日、米菓で初めて宇宙日本食認証を取得した「亀田の柿の種」が、ついに国際宇宙ステーションに到着。
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
11月5日、「アディダス」は「国際宇宙ステーション」の協力のもと宇宙空間での技術開発や研究をおこなうと発表した。アスリートのパフォーマンス向上に貢献するの...
日進月歩で研究が進み、ますます宇宙への進出が現実を帯びてきました。とはいえ宇宙に出るには当然、特別な訓練が必要です。今までは選ばれた数少ない宇宙飛行士しか...
「BEAMS」が、野口宇宙飛行士とともに製作した宇宙服をファッションウェアにアレンジして、12月2日より先行販売をスタート!
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
宇宙開発企業「SpaceX」は、有人宇宙船「Crew Dragon」の打ち上げから地球への帰還までのプロセスが3分間で理解できる動画を公開した。
「ロールス・ロイス」は「イギリス宇宙局」と共同で原子力宇宙調査を開始する。同社はかねてより原子力産業にも力を入れており、宇宙開発に役立てる。
9月30日、「NASA」が宇宙から投票する方法を公開した。宇宙飛行士たちは、軍に従事する人やその家族と同様、不在者投票を申請する必要がある。そして、宇宙ス...
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
宇宙飛行士アン・マクレーン氏が、狭い空間でポジティブにかつ生産的に生活するヒントをTwitterに投稿。「NASA」の心理学者による研究をベースに、5つの...
10月16日、「Virgin Galactic」が宇宙旅行者向けのオーダーメイドの宇宙服を発表した。デザインは「Under Armour」が手がけている。