【女性必見】圧倒的に「疲れにくい」ヒールが誕生!(動画あり)

「オシャレは我慢」とはよく言われることですが、その典型的な例は“足元”ではないでしょうか。本音を言えば、疲れにくいスニーカーを履きたいけれど、美しさを演出するならやっぱりヒールだし…というジレンマを抱えている女性は、きっと多いですよね。
それなら、こんな一足はどうでしょう?この「YaCHAIKA」は、脚線美を生み出すというヒールの主な効果を発揮しつつ、歩行の快適性と安全性をも兼ね備える優れもの。ファッションにも移動にも妥協せず、さまざまな事にアクティブに挑戦する手助けとなるアイテムなのです。FireShot Capture 777 - VimeoYaCHAIKA - comfy high heels - https___vimeo.com_1308593904_R詳しい構造を説明しましょう。従来は、リジットな棒で構成されていたヒール部を、2枚の湾曲した板バネと衝撃吸収性の高いゴムシートの組み合わせに置き換えています。
静立時のヒールの高さは10cmですが、歩行時は3cm程度伸縮し、まるで運動靴を履いているかのような滑らかな移動を実現。これにより、関節や筋、腱の負担軽減が期待できることに。FireShot Capture 773 - VimeoYaCHAIKA - comfy high heels - https___vimeo.com_1308593903_R画期的な一足を製作したのは中央大学の山田泰之助教。ヒールは女性ファッションにおいてマストアイテム。にもかかわらず、立ち姿と足取りの美しさが優先され、快適な歩行への配慮が足りないデザインが多いことに違和感を感じたのだそう。FireShot Capture 785 - VimeoYaCHAIKA - comfy high heels - https___vimeo.com_1308593908_RFireShot Capture 781 - VimeoYaCHAIKA - comfy high heels - https___vimeo.com_1308593905_R確かに以下の動画を見ても、歩行時にバネがしっかりと衝撃を吸収していることが確認できるはずです。現時点では商品化には至っていませんが、特に女性は今後の動向に注目しておいて損はないかもしれません。
ちなみに、このYaCHAIKAは、ダイソンが主催するエンジニアリングアワード「ジェームズ ダイソン アワード」の受賞作品。世界20ヶ国の700以上の作品が集まった中で、国内選考2位、および国際選考で上位TOP20に入ったのだとか。
現物は、2015年10月30日(金)から11月3日(火)まで行われる「TOKYO DESIGN WEEK 2015」で展示予定。気になる方は、この機会をお見逃しなく。

 Licensed material used with permission by Bal a Design

ヒールを履いたとき特有の「足の痛み」や「歩きにくさ」。多くの女性が我慢に我慢を重ねてきたあの悩みを、画期的なデザインで解消したハイヒールがあります。驚くな...
ヒールの高さは、その日の気分を決める大事なポイント。結婚式やパーティ、ちょっと高級なレストランに行くときは高めのヒールでキメたいし、友だちや彼氏とのおでか...
デザインを気に入って買ったのに靴ずれができてしまった。ぴったり!と思って1日履いたらマメができてしまった…。そんなトラブルや痛みなどなく、好きな靴を履けた...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
フランスに拠点を置くデジタルラボTHÉORIZ Studioが最近公開した、話題の動画を紹介します。仮想現実をよりリアルに体験するテクノロジーを応用したも...
Melissa Feldermanは、ミレニアル世代の女性たちのイメージに植え付けられたイメージを変えようと、オリジナルのプロダクトでアプローチ。テクノロ...
靴は人間を支える大切なパーツ。靴にはお金を一番掛けた方がいいと俺は信じている。紳士靴を学ぶなら香港がベストだ。
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
社会的な女性のイメージや他人の評価に流され、自分の体型にネガティブになるよりも、欠点も受け入れて、それを愛せる自分でいることのほうが、よっぽど健康的で自分...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア現役慶應大学院生モデルであり、エシカル・ファッションの情報発信、途上国支援...
ビジネスやランニング、トラベルなどの多くのシーンに対応できるように開発されたのが「Shooz」。靴を2つのパーツに分けることで、自分だけのカスタマイズがで...
仕事なんてもうできない…と嫌になってはかわいいネコちゃんの動画をクリックして時間を忘れているそこのあなた。なにも同僚や上司に隠れて閲覧する必要なんてないの...
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
1910年から2010年まで、それぞれ一世を風靡したフィットネスを紹介した動画が話題!時代を感じるファッションにも注目です。1910年代 この時代の人々も...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
「MODE」が男性ファッションの歴史100年分を総まとめ!動画に各世代の流行を再現しました。が、全部下着なんですって。かつては、全身を覆うタイプが主流だっ...
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
精神的なことは、目に見えないからこそ周囲に伝わりにくい面がある。が、周りが思う以上に、症状が悪化していることも。不安に襲われパニック発作を起こしたことがあ...