流行り廃れ、知らず。無数のバッグができる「一枚布」

今の時代、ファッショントレンドのサイクルは早い。せっかくお金をかけて買ったものでも、すぐに流行には終わりがきてしまう。 

それは、バッグも一緒。スタイルが絶えず変わっていくからこそ、ひとつのものを長く使うことができない。

この「MODIBAG 1.0」は、一枚の布からできていて、バッグの形を色々とカスタマイズできるのです

長く愛用できる秘密は
「スタイル」を変えられるから

長く使ってもらえるバッグにするには、どうしたらいいだろうか?

デザイナーのLim Sungmookさんは、そんな想いで作り始めたのだそう。確かに、これだったら自分好みのスタイルやトレンドに合わせて何度でもバッグの形を変えることができる。

スタイルは「想像力」次第

専用のガイドブックがあるので、決まった形にカスタマイズするところまでは誰でもできるはず。

そこには数種類のバッグの作り方があるとのこと。

もちろんアイデア次第で、ここに紹介しているスタイル以外の形をつくることも可能。現在は2色展開で、価格は275,000ウォン(約26,300円)とのこと。購入はこちらから。

さらに「MODIBAG 2.0」も考案中とのことで、選べる色や作れる形が増えるそう。

Licensed material used with permission by Design Studio Lim Sungmook
女性が人生のなかで「生理期間」として過ごす平均的な日数。2,400日は、実に6年半もの時間に相当する。そんなに長いのならば、この期間をもっと大切にするべき...
柔らかなチュール布を自在に操るアーティストのBenjamin Shineは、筆で描くのでも、縫うのではなく、アイロンを使った絵画を生み出す。アイロンでシワ...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
「Breathe(呼吸をする)」と名づけられた家。こちらは、プロトタイプとしてミラノ・サローネ国際家具見本市において、2017年4月4日から9日まで期間限...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
ありそうでなかったバックパックの登場です。
ごめんなさい。これ、今は売ってないんです。3年ほど前に〈かまわぬ〉のみなとみらい店がオープンして、その時に限定で作った商品です。わたし、通勤用のカバンがあ...
畳の縁の部分「畳縁(たたみべり)」で作られたバッグを、ご紹介します。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
ドゥーシュバッグの「The CIA」、グレゴリーの「カメラケース」、フェールラーベンの「カンケン フォト インサート」を紹介します。
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
動物のレザーや石油を使う合皮ではなく、天然資源を用いた繊維の開発は、今では国際的な課題と言ってもいいほど。そんななか、スペインの「ananas anam」...
使い古して役に立たなくなった布やボロ切れを使用して作られた衣服「BORO」。装飾的な美しさだけでなく、寒さをしのぐために、丈夫にするためにと、実用性を追い...