「2400日」を快適に過ごすための布ナプキン

2,400日。

これは、女性が人生のなかで「生理期間」として過ごす平均的な日数。2,400日は、実に6年半もの時間に相当する。そんなに長いのならば、この期間をもっと大切にするべきだと思いはしないだろうか。この期間は、女性と一緒に過ごす男性にとっても"いつもよりちょっと"気をつかうため、女性が快適であることに越したことはない。

そこで今回は「布ナプキン」という存在に注目してみた。

「布ナプキン」とは?

Ec2fa769ad6146edfed2f0aa05d4971e098b782a

その名の通り、布で作られた生理用ナプキンのこと。色や形は様々だが、共通しているのは「使い捨てない」ということにある。4〜5時間使用したら交換し、洗濯して清潔に保ちながら繰り返し使う。

一方、使い捨てナプキンは「紙ナプキン」と表現されることもあるが、実は紙で作られているわけではない。肌に触れる面は主に、ポリエチレンフィルムまたは不織布、内部は高分子吸収ポリマー、それと直接肌には触れないが、ずれ防止のために粘着剤も使われており、これらはすべて、石油由来だ。

「軽い・薄い・使い捨て」という手軽さと引き換えに、体のデリケートな部分にケミカル素材を触れさせ続けている、とも言える。その反面、ふんわりと柔らかな布ナプキンは、経血をしっかりと吸収してくれながらも、普段の下着と変わらない肌触りをもたらしてくれる。

自分の体調を感じられるのは
自分だけ。

95c44ef2c21efabb4d478daa445d6ea75741fa61

人間の体から排出されるものはすべて「体からの便り」と言われるが、毎月の声まで使い捨ててはいないだろうか。布ナプキンをつかって自分の経血を目で確認するようになると、今までの思い込みにも気づく。

たとえば、不快な匂いが気になっていた人、あれは経血の匂いではなく化学繊維がムレた、あるいは化学繊維に雑菌が繁殖した匂いだと知るだろうし、同様に、使い捨てナプキンよりも通気性が良い布ナプキンにしたら、肌の痒みやかぶれがなくなることも実感するだろう。しかもこれらは、布ナプキンに変えたら比較的早い段階に起こる変化だ。

他にも、実は睡眠中はさほど出血しないということや、毎回4〜5日間で終わることなども、多くの布ナプキン愛用者に起きる。

もしもあなたが睡眠中の経血漏れや、生理が7〜8日も続くという本来なら持たなくてもいいストレスを少しでも感じているのであれば、布ナプキンにすることで解放される可能性もあるだろう。

さらに布ナプキンは、使う年月とともに相乗効果が生まれる人が多い。たとえば生理不順だった人のサイクルが順調になることもあれば、立っていられないほどの生理痛が軽減された人、PMSや冷え性が改善された、といった愛用者が世界中にいる。

大切なパートナーや家族の健康問題に直結していると考えたら、生理は女性だけの問題ではない。大きな意味でいえば、次世代を生み出す女性の体が健全であることは、地域や国の将来に繋がることだとも言える。

男性には理解と知識を深め、布ナプキンを手洗いする女性を愛おしく見守ってほしい。

まずは、試しやすいときから。

東京を中心にオーガニックコットン製品を作って23年、布ナプキンも製造販売している「メイド・イン・アース」のブランドマネージャー、前田けいこさんは「まずは1時間だけでもいいから使ってみてほしい」と話す。

確かに1時間だけでも、それが毎月、何年間も積み重なれば相当な時間だ。さらに前田さんは「最近、おりものシートを使っている人が多い」ことを懸念。薄くて軽いが、あれも同じ石油由来。普段の日に使っているということは、四六時中ずっと触れさせていることになってしまう。

生理中ではない普段の日だからこそ気軽に、布に換えやすいときだと言える。おりものシートの代わりには、ミニサイズで使いやすい布ナプキンを選ぼう。

知って欲しい
「快適さ」

50c84671b9032d8eef0b7eb14735a6e134a53392

もしかしたら”使い捨てないこと”に対する戸惑いが、あるかもしれない。確かに経血のついた布ナプキンを洗濯することや、外出先から持ち帰ることは、使い捨てナプキンしか使ったことない人には大きな変化となる。

しかしそこは最初だけ。あまり考え込まず、できれば早くあの快適さを味わって、必要以上に抱えていたストレスから解放されてほしい。

だいじょうぶ。洗濯はつけ置きするだけだし、外出先や旅先ではジップ付き袋や小さな水スプレーボトルなど、ほんの少しの工夫だけで済むのだから。

そんなことにも勝る、誇らしい快適さを一度味わってみてほしい。

生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
デートレイプドラッグは、日本ではまだ聞きなれない言葉ですが、心も体もひどく傷つける最悪な犯罪です。被害者を減らすため、ある1人の女性が、飲み物に薬物が含ま...
「Breathe(呼吸をする)」と名づけられた家。こちらは、プロトタイプとしてミラノ・サローネ国際家具見本市において、2017年4月4日から9日まで期間限...
NY生まれの「THINX」が開発した新製品は、生理中の人が使うセックス用ブランケットです。
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
体は男性、心は女性であるClemmerさんは、世間の「生理は女性のものだ」という考えによって、辛い思いを味わってきました。身近なところから少しずつ変えてい...
柔らかなチュール布を自在に操るアーティストのBenjamin Shineは、筆で描くのでも、縫うのではなく、アイロンを使った絵画を生み出す。アイロンでシワ...
紙ナプキンって、服を汚したくないからあると嬉しいんだけど、首から下げてるとちょっとダサいように思ってしまう。家では絶対に使わないし、お店で食事をする時は、...
日本のお母さんたちは、お弁当のごはんの上に海苔でメッセージを書きますが、アメリカのお母さんたちはランチボックスに添えるナプキンに子供へのメッセージを書くよ...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
なんとな〜く“ヨーロッパのどこかのブランド”と思ってました。調べてみると、この秋冬にデビューした日本のブランド。生産も奈良県だそうで、正真正銘のメイド・イ...
女性にとって「生理」は、切っても切れないものです。時に体調が左右されたり、時に理解を得られずに苦しんだり。ドラマ 『SUITS』などで女優として活躍する一...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
今の時代、ファッショントレンドのサイクルは早い。せっかくお金をかけて買ったものでも、すぐに流行には終わりがきてしまう。 それは、バッグも一緒。スタイルが絶...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
口には出さないけれど、「生理は仕事に影響する」と感じている女性は多数いるのだと伝えているオーストラリアの調査がある。その割合は、1,000人以上の女性に対...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
「小林製薬」の調査によると、女性の約65%が生理痛・下腹部痛に悩んでいるのだとか。イライラや眠気などが一緒に起きる人もいて、生理中は気分が暗くなる女性も多...
生理痛を振動で軽減もしくは失くすことができると謳うアイテムが登場。「Livia」と名付けられたこの装置は、ゲートコントロール理論を用いているからこそ、薬品...
Tricia J. Belstraの愛する息子さんが自殺したのは、今年の8月12日のこと。乗っていた飛行機で声をかけられた名前も知らないCAの男性に、紙ナ...
前回に引き続き、生理に関する記事を紹介。生理周期に影響する8つのことが書かれている。8つの中には、かなり意外に思うものもある。研究結果などを引用しながらわ...
ああ…今月もアイツが来た。ほんとうに嫌いだ、特に冬のアイツは。寒くてただでさえお腹が痛くなりやすいし、今の時期インフルエンザだって流行している。風邪もひき...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家 「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる...