服役中の女性にチャンスを。デンマークブランドの新たな試み

服役している人は、統計的に見ると男性が圧倒的多数です。しかし貧困に苦しむ国では、女性の比率も多いと言われています。女性は男性以上に適切な教育を受けにくく、若くしてシングルマザーになるケースも多くあり、生きていくために犯罪に手を染めてしまう、というケースも後をたたないそうです。

そんな「服役する女性」が作ったブランドがあります。デンマーク・コペンハーゲン発の「CARCEL」です。

「刑務作業」で
つくられた服

多くの刑務所では、懲役刑の一部として、受刑者に「刑務作業」が課せられています。内容は、服や家具の制作などが一般的です。

多くの女性が刑務所で服を作っていて、もちろん働いた分の賃金は出るのですが、刑務作業で作られた商品は「刑務作業品」として特別なルートで売られているため、市場に出回らず、一定以上の価格になることはありません。

女性受刑者に
仕事と可能性を

そこで「CARCEL」は、高品質な服を女性受刑者と協力して作ることを考えました。最初のコレクションは、ペルーのクスコ刑務所で手がけたもの。

女性たちはブランド服を作ることでより多くの賃金を得て、家族や子供を養う助けになりますし、刑期を終えてからも、服飾の技術を活かして再就職しやすくなるといいます。

天然素材100%
流行に左右されない
「北欧デザイン」

デザインは、北欧らしいシンプルでオシャレなスタイル。ユニセックスで、流行に左右されずに長く着られるように気が配られています。しかも、一枚一枚の服それぞれに誰が作ったのかがちゃんと記載されているのです。

素材にもこだわっていて、天然素材100%。材料は地元で「神の繊維」と呼ばれている、ペルーのアルパカ毛が使われています。

次のコレクションはインド、
そして世界へ

次のコレクションはインドの刑務所になる予定で、実現のため、現在Kickstarterで支援を募集しています。

受刑している女性には、手を動かして物を作る喜びと、自分や家族のためのお金を。そして、ユーザーには美しいデザインの丁寧な手作りの服を。

このプロジェクトが広がることで、女性の犯罪を取り巻く社会の構造自体が変化していくのかもしれません。

Licensed material used with permission by Carcel
all photo by Petra Kleis
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
2013年に立ち上げられたデンマークの音楽プロジェクト「AquaSonic」。5人のパフォーマーがそれぞれ水槽の中に身を沈めて演奏します。
米国メイン州の刑務所に収容されている受刑者たち。彼らのポートレートを撮り続けているのは、フォトグラファーのTrent Bell。普段は、商業建築物の分野で...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
「AquaSonic」は、デンマークのパフォーマンス団体「Between Music」によるプロジェクト。何といっても、最大の特徴は水中演奏です。
ある事情で息子エメットのベビーシッターが見つからなくなったのは、シングルマザーのアシュトン・ロビンソン。止むを得ず、大学の講義を欠席するメール連絡を教授に...
子どもたちは元受刑者に、僕たちが質問するのをためらってしまいそうなことを聞いています。例えば、何で逮捕されたの?刑務所の生活はどう?友達はいた?といった具合に。
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
インスタントラーメンが、アメリカの刑務所内でタバコに取って代わる“通貨”となった。「The Guardian」が報じたこのニュース、クライム映画やドラマに...
「Eurostat」が行なった、ヨーロッパで一番幸せなのは誰?という研究で、「デンマークのおばあちゃん」との結果が発表されました。同国は、高額な税制度と引...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の...
Melissa Feldermanは、ミレニアル世代の女性たちのイメージに植え付けられたイメージを変えようと、オリジナルのプロダクトでアプローチ。テクノロ...