畑から育てた「3年後も履きたくなる」ソックス

兵庫県加古川市にてコットンの栽培・製品企画・販売をおこなう「かこっとん株式会社」が「畑から育てた靴下」を開発した。

毎日のお気に入りが増えれば、その分だけ暮らしは豊かになる——。「Kacotton完全国産靴下(2020年式)」は、3年後にも履きたくなる愛用品を目指して作り上げられたプロダクトだ。

こだわったのは完全国産

加古川のもたらす豊かな水資源と土壌、そして瀬戸内の温暖な気候は、綿花の栽培に最適。農薬を使わず、肥料は有機肥料のみを使用。加古川の風土の特長を活かしながら、地元農家とともに土づくりからスタートした。

製造は100年近く靴下を作り続けてきた加古川の老舗「田中繊維株式会社」。海外ブランド向けの高級靴下も多く手掛けている工場にて一足一足丁寧に作られている。

男性でも女性でも、ビジネスでもカジュアルでも。春でも夏でも、秋でも冬でも。シンプルだからこそ長年愛用できるソックスは、現在「Makuake」にて支援を募っている。

©かこっとん株式会社
©かこっとん株式会社
©かこっとん株式会社
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「MP Magic Socks」は、生地に編み込まれた銀、銅、亜鉛の金属イオンを含んだ繊維を採用した靴下です。
「TO&FROのソックス」は、睡眠中に履くことで疲れた足をリラックスしてくれます。
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
こういうのは個々の足の形状にもよるし、絶対的な評価ではないっていうのは承知の上で、このソックスはオススメ。
和歌山県の電動バイクベンチャー「glafit」が開発した、立ち乗りタイプの電動スクーター「X-SCOOTER LOM」。発売開始から5日ですでに5000万...
スタンダードこそいいものを。
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
韓国・緑莎坪(ノッサピョン)という駅から南山(ナムサン)の麓まで続く道「経理団通り(キョンニダンキル)」。そのなかで、最近、日本人観光客から注目を集めるよ...
アウトドアシーンで実力を発揮する、選ぶべき理由のあるソックスブランドを紹介します。
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
某ファーストフードチェーンおよび某国際輸送物流会社を意識したセレクトです。
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
アメリカ生まれのサステイナブルなソックスブランド「ソルメイトソックス」。日本公式オンラインストアが先週8日(水)にオープン。
ベースボールベアのワンポイントも、めちゃくちゃかわいい!
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
折りたたみイス「POTATTO350+」は、5秒で簡単に組み立てが可能で、座り心地も抜群。さらに、ゴミ箱や簡易トイレとしても使えるハイスペックな逸品だ。
「見ちゃう靴下」ってありますよね。どうやらいろいろとメリットがあるみたいです。ここでは、その理由として考えられている要素を3つ紹介。これをきっかけに、あな...
10年先まで使用することができるカレンダー「Decade Planner」。2028年まで使えるから、日々の予定だけじゃなく、先々の長期の計画や10年後に...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
書籍『3日で変わるディズニー流の育て方』では、ディズニーのキャストを10万人育てたという著者の櫻井恵里子さんが、人もチームも自立できる「チームビルディング...
インテリアショップ「KEYUCA」が、日本製で298円の靴下を発売中。
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...