畑から育てた「3年後も履きたくなる」ソックス

兵庫県加古川市にてコットンの栽培・製品企画・販売をおこなう「かこっとん株式会社」が「畑から育てた靴下」を開発した。

毎日のお気に入りが増えれば、その分だけ暮らしは豊かになる——。「Kacotton完全国産靴下(2020年式)」は、3年後にも履きたくなる愛用品を目指して作り上げられたプロダクトだ。

こだわったのは完全国産

加古川のもたらす豊かな水資源と土壌、そして瀬戸内の温暖な気候は、綿花の栽培に最適。農薬を使わず、肥料は有機肥料のみを使用。加古川の風土の特長を活かしながら、地元農家とともに土づくりからスタートした。

製造は100年近く靴下を作り続けてきた加古川の老舗「田中繊維株式会社」。海外ブランド向けの高級靴下も多く手掛けている工場にて一足一足丁寧に作られている。

男性でも女性でも、ビジネスでもカジュアルでも。春でも夏でも、秋でも冬でも。シンプルだからこそ長年愛用できるソックスは、現在「Makuake」にて支援を募っている。

©かこっとん株式会社
©かこっとん株式会社
©かこっとん株式会社
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事