変わった靴下を履く人ほど成功する!?その「3つの理由」とは

「見ちゃう靴下」ってありますよね。どうやらいろいろとメリットがあるみたいです。ここでは、その理由として考えられている要素を3つ紹介。これをきっかけに、あなたもド派手な靴下に挑戦してみる?参考までに!

01.
周囲の目や意識が
服装によって変化する

crazysocks160329-03

ある程度想像できる話ですが、「Psychology Today」に掲載された研究結果には、実際にその傾向が。

同研究は、靴下にかぎらず服装の違いによる印象を比較したもの。チェーン店で購入したものと、マイナーな店で購入したものとでその第一印象を比べたところ、後者の印象には、自信・成功・活動的・高収入といったイメージが付加されやすい傾向にありました。

着ている人の心境が変化したのか、はたまた見ている人の印象が変わったのかーー。または、その両方なのかもしれません。

02.
フランクな会話の
きっかけに◎

crazysocks160329-06

Quartz」にある、スタイリストLauren Rothmanの意見もポジティブなものです。彼女は以下のように話しています。

「変わった靴下やその他個性的な服を身に着けることによる利点は、自分を勇敢な人間、またはクリエイティブな人としてブランディングできることです。きっと、思いがけない会話のきっかけに恵まれているはず」。

なんでも、会議室で存在感を示すための材料として、派手な靴下を用いるビジネスマンがたくさんいたとか…。

03.
シリコンバレーでは
ビジネスツールの1種だった?

crazysocks160329-04

「The New York Times」の記事にも同じ内容が紹介されていました。名のある起業家たちには、派手な色や模様の靴下を履く傾向があり、他との差別化を図っていたようです。つまり、印象を強くして、人の記憶に残ろうというわけ。なかにはこんな人が。

「会議に参加すると、下を見ている人々が私の靴下に気づきます。すると、みんなウンウンと頷きながら自分のパンツの裾を上げ、靴下を見せてくるんですよ。まるで、ギャングのサインみたいですけどね」。

ちなみに、彼のお気に入りは、イエロー・ブルー・オレンジのストライプだったとか。たしかに目立ちそうですよね。

Reference:Psychology Today,Quartz,The New York Times.