ある意味「勝負ソックス」!

 

シューズで隠れてしまうスニーカーソックスを、見せる前提で選ぶことってほとんどありません。可もなく不可もなく。無難なセレクトに落ち着くのがいつものパターンです。

でも、これは唯一見せるために買ったもの。シューズを脱がなきゃいけない場所へ行く日の、コーディネートの主役にしたいなあと思ったんです。誰かのお家とか、お座敷の居酒屋とかね。

 

©Mikako Kozai

 

『STANCE』のソックスは、履き心地は言わずもがな、茶目っ気があるダイナミックな柄物のラインナップも特徴。なかでも、すまし顔の女性がひしめき合うコレは、かなりのインパクト。カモフラ柄でもモノグラムパターンでもない“華やかな柄“にひかれまくりです。

「なにそれ?変な柄〜」とツッコまれるのは覚悟の上。ううん、むしろツッコんでもらいたい。注目されたい。なんたってコーデの主役として投入するのだから。
だから、このソックスを履く時は、ある意味勝負。勝負ソックス。(シューズを)積極的に、脱ぎたい

 

©Mikako Kozai
スタンダードこそいいものを。
こういうのは個々の足の形状にもよるし、絶対的な評価ではないっていうのは承知の上で、このソックスはオススメ。
ベースボールベアのワンポイントも、めちゃくちゃかわいい!
500mlの牛乳パックって……う〜ん、最高!
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
「MP Magic Socks」は、生地に編み込まれた銀、銅、亜鉛の金属イオンを含んだ繊維を採用した靴下です。
某ファーストフードチェーンおよび某国際輸送物流会社を意識したセレクトです。
アメリカ発の〈ORGANIC THREADS(オーガニックスレッズ)〉の3PACKシリーズです。名前の通り素材はオーガニックコットンのみ。染色も含めて薬品...
なんとな〜く“ヨーロッパのどこかのブランド”と思ってました。調べてみると、この秋冬にデビューした日本のブランド。生産も奈良県だそうで、正真正銘のメイド・イ...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...
「Gorilla Socks」は、ニューヨーク生まれのカラフルな靴下。1組売れるごとにその売上金の10%が、ルワンダのマウンテンゴリラを保護するため寄付さ...
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
「カップル感」を、アピールするでもなく、アピールできます。
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
部屋の温度はエアコンやらファンヒーターやらで調節できますが、足元が寒い。そこで〈もちはだ〉のルームソックスです。
たとえば、2週間の海外旅行に出かけるとすると、荷物の量はそれなりに多い。中でも衣服が占める割合は大。トップスやパンツはある程度着回せるとはいえ、実際に肌に...
スヤスヤと眠る赤ちゃん。といえば微笑ましいものの、あまりに静かすぎて「ちゃんと息してるかな?」と心配になった経験はありませんか?気になってまったく眠れない...
ボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで食べるべきグルメです。
〈POINT6〉は、本格的な登山からトレッキング、さらにはサイクリングなど、アクティブなシーンから支持を集めているブランド。ウールのなかでも最高品質のメリ...
「靴みたいに耐久性がある靴下」「靴下みたいに軽い靴」どちらもあったら嬉しい機能ですが、シカゴのスタートアップ企業が開発したのは、まさにそんな1足。「SKI...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
アウトドアを楽しむ時、持っていく「靴」って迷いませんか?アクティブな動きに耐えられるしっかりとした造りが欲しい、でもかさばらないようにコンパクトであって欲...