ソックスにこだわるなら「Bershka」のスニーカー

赤いチェーンとガラス張りのファサードの渋谷店が印象的なカジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」。この店舗だけでなく、スニーカーまでも“丸見え”になりました。

2019年の春夏アイテムとして発売するシースルースニーカー。透け感のある素材で作られたのは、「ハイカットスニーカータイプ」6490円(税込)と「ダッドスニーカータイプ」7990円(税込)の2タイプ。

写真にもあるように、派手なソックスほどその彩度がスニーカーのカラーとして活かされます。コーディネートでソックスにこだわりがある……もはや、誰かに見て欲しい!という人は要チェックなアイテムです。

靴底の素材はほとんどがクッション材なので、見た目のボリューム感によらず軽量なのもポイント。サイズは大きめなつくりなので、普段よりワンサイズ小さく選ぶのがおすすめです。

©2019 Bershka
©2019 Bershka
©2019 Bershka
Top image: © 2019 Bershka
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
「TO&FROのソックス」は、睡眠中に履くことで疲れた足をリラックスしてくれます。
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
さまざまなアーティストがカスタムしたスニーカーを購入できるプラットフォーム「The Custom Movement」。希少性の高いNIKEやVANSが勢揃い!
国際輸送物流会社「DHL」のロゴがあしらわれたスニーカーが登場。同社の創立50周年を記念し、ラグジュアリーリテーラー「Budapester」とのコラボレー...
絆創膏ブランドのBAND-AID®キズパワーパッド™は、就活生の靴ずれをなくすための「#スニ活」を開始。同時にスニーカーの販売も始め、新しいリクルートファ...
こういうのは個々の足の形状にもよるし、絶対的な評価ではないっていうのは承知の上で、このソックスはオススメ。
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
アウトドアシーンで実力を発揮する、選ぶべき理由のあるソックスブランドを紹介します。
500mlの牛乳パックって……う〜ん、最高!
「Mandem Safe」はAdidasとNikeの箱に収まるようにデザインされた金庫です。
スタンダードこそいいものを。
イタリアで2014年に設立されてから、環境に負担のかからないスニーカーを展開してきた「WOMSH」。そんなブランドフィロソフィーを一番体現しているのが、ヴ...
スニーカー好きにとって、絶対にこだわりたいのがスニーカーケア。おさらいの意味も込めて紹介したいのが「Sneaker LAB」のシューケア用品です。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
Adidasが使い古されたスニーカーを再利用して、ラグマットを作りだしました。彼らと手を組んだのは、ドイツの環境先進企業「I:CO」と、オランダのテキスタ...
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
「アートファイヤー」は、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、焚き火に放り込むと炎が虹色に変化します。