モノ選びのプロが「iPhone、ノートパソコン、モバイルルーター、デジカメの電源問題がこれ一台で解決」と太鼓判。

ありとあらゆるモバイルバッテリーが市場に溢れかえる昨今、僕のモバイルバッテリー探しに終止符を打ってくれる理想のものが見つかった。

〈RAVPower(ラブパワー)〉の20100mAh ポータブル電源。

これが今のところベスト。

5000mAhだの、10000mAhだのうるさいことを言わずに黙ってこれを買えばいい。20100mAhあれば必要にして十分で、iPhone、ノートパソコン、モバイルルーター、デジカメ、すべてのスモールデバイスの電源問題がこれ一台で解決する。

さらに決め手は、USB 2ポート、Type-C 1ポートの他に、AC出力が備わっていること。MacBookの電源アダプターを直接ずぼっと挿すことが出来る。なんて潔いんだ。

それに加え、よくある大容量バッテリーが平型で寝かせて使うのに対して、これは500mlのペットボトルくらいの大きさで立てるタイプ。MacBookの横にすっと立てれば、省スペースで、机の上もぐっとスマートに見える。

ハイロック/メディアクリエイター
アパレルブランド「A BATHING APE®」のグラフィックデザインを経て2011年独立。表現の場を選ばないメディアクリエイターとしての活動中。身近な友人たちに「ねえねえ、これ知ってる?」と話しているようなことを少しきれいに整えて発信する情報メディア「HIVISION」が人気!

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

andmore
他の記事を見る
さて、ここからはノートの自慢。
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
はっきり言って、これよりも高機能なバッテリーはいくらでもある。ただ、このジャンルでは容量とサイズがだいたい比例するので、自分にとっていい塩梅を見極めること...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
ケーブル類、バッテリー、ポケットWi-Fi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACK...
〈ファーゴ〉の「STEEL TAP」。ちゃんと鉄製で頑丈だし、3ピンだし(2ピンでも使用も、もちろんOK!)、ブレーカーも付いているし、裏側には壁掛けよう...
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「KableCARD」は1台で6通りの使い方ができるマルチ充電ガジェット。クレジットカードと同じくらいのサイズだから収納もカンタンだ。
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
オーダーメイドのビジネスウェアを得意とする〈FABRIC TOKYO(ファブリック トウキョウ)〉。スーツやシャツがメインですが、じつはチノパンのセミオー...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
「歴代のiPhoneを水没させたら、どれが一番最後まで生き残るか?」Zach Straleyさんが行ったちょっと過激な実験が、YouTubeで話題を集めて...
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
至るところにHELVETICA書体によるタイポグラフィがプリントされていて、それがアクセントになっています。
ロモグラフィーの「FISHEYE NO.2」は、フィルムの装填も簡単だし、ピントがどこにでも合うように設計されています。魚眼写真という特徴も加わって、デジ...