モノ選びのプロが「iPhone、ノートパソコン、モバイルルーター、デジカメの電源問題がこれ一台で解決」と太鼓判。

ありとあらゆるモバイルバッテリーが市場に溢れかえる昨今、僕のモバイルバッテリー探しに終止符を打ってくれる理想のものが見つかった。

〈RAVPower(ラブパワー)〉の20100mAh ポータブル電源。

これが今のところベスト。

5000mAhだの、10000mAhだのうるさいことを言わずに黙ってこれを買えばいい。20100mAhあれば必要にして十分で、iPhone、ノートパソコン、モバイルルーター、デジカメ、すべてのスモールデバイスの電源問題がこれ一台で解決する。

さらに決め手は、USB 2ポート、Type-C 1ポートの他に、AC出力が備わっていること。MacBookの電源アダプターを直接ずぼっと挿すことが出来る。なんて潔いんだ。

それに加え、よくある大容量バッテリーが平型で寝かせて使うのに対して、これは500mlのペットボトルくらいの大きさで立てるタイプ。MacBookの横にすっと立てれば、省スペースで、机の上もぐっとスマートに見える。

A9673b562482ff678b80cc4f2ba01574e34467e9B5f1b638d896caa7c757ba555be0f90b86d4abc2F7931a7852480751e6dcbcb5b4a1acb8697f7b50

ハイロック/メディアクリエイター
アパレルブランド「A BATHING APE®」のグラフィックデザインを経て2011年独立。表現の場を選ばないメディアクリエイターとしての活動中。身近な友人たちに「ねえねえ、これ知ってる?」と話しているようなことを少しきれいに整えて発信する情報メディア「HIVISION」が人気!

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
はっきり言って、これよりも高機能なバッテリーはいくらでもある。ただ、このジャンルでは容量とサイズがだいたい比例するので、自分にとっていい塩梅を見極めること...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
ケーブル類、バッテリー、ポケットwifi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACKE...
〈ファーゴ〉の「STEEL TAP」。ちゃんと鉄製で頑丈だし、3ピンだし(2ピンでも使用も、もちろんOK!)、ブレーカーも付いているし、裏側には壁掛けよう...
さて、ここからはノートの自慢。
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「歴代のiPhoneを水没させたら、どれが一番最後まで生き残るか?」Zach Straleyさんが行ったちょっと過激な実験が、YouTubeで話題を集めて...
「Rekonect Notebook」は、冊子の真ん中にあるノド部分から各ページを自由に着脱できるノートです。まずは以下の動画を見てみましょう。ノドの盛り...
ロモグラフィーの「FISHEYE NO.2」は、フィルムの装填も簡単だし、ピントがどこにでも合うように設計されています。魚眼写真という特徴も加わって、デジ...
「KableCARD」は1台で6通りの使い方ができるマルチ充電ガジェット。クレジットカードと同じくらいのサイズだから収納もカンタンだ。
いざって時にライトニングケーブルがない! そんな事態に陥ったことが、iPhoneユーザーであれば誰もがあるはず。万全を期すなら、自宅用・車内用・持ち歩き用...
オーダーメイドのビジネスウェアを得意とする〈FABRIC TOKYO(ファブリック トウキョウ)〉。スーツやシャツがメインですが、じつはチノパンのセミオー...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
〈Nextbit〉の「Robin」。「Midnight」と名付けられた本体カラーリングやブランドのキーカラーであるミントをあしらったボタンなどは絶妙です。...
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
至るところにHELVETICA書体によるタイポグラフィがプリントされていて、それがアクセントになっています。
普段使いのノートとして、〈コクヨ〉の「測量野帳」をいつもカバンに入れています。その名のとおり、もともとは屋外での測量用として誕生したこのノート。1959年...
超限定生産の「シャビーなiphoneケース」。立体的な錆の具合など、アメカジ、軍モノなどのキーワードが好物の人にはたまらない仕上がりです。
「SUOONO(スオーーノ)」は、360°スピーカーが2台セットになっています。同じ空間に左右2台置いて、ステレオサウンドを楽しむことができるんです。もち...