デンマークに架かる「円形の橋」が、人々の心を癒す理由とは?

コペンハーゲンに次ぐデンマーク第二の都市オーフス。風光明媚な海岸線が続くこの街で、今年、彫刻作品を展示するアートイベント「Sculpture by the Sea」が開催されました。
なかでも、建築デュオ「Gjøde & Povlsgaard Arkitekter」が手掛けた作品が、ヨーロッパ中で話題になっています。

domus-03-thie-infinite-bridge-1074x716Photo by : Aarhus I Billeder

写真でもわかる通り、彼らの作品は、どこからどう見てもまん丸の円形構造の木製橋。トコトコと海の上を歩いて回れる、終わりのない「無限橋」といったところ。

(c) - Peter Hastrup JensenPhoto by : Peter Hastrup Jensen

「我々は街のあらゆる景観を参考にして、街と美しい海岸の風景を融合した作品を作りたかったのです。この橋を歩いて回ることで、終わりなきパノラマ感を味わうことができるはず。それと同時に、回っている間に他の人たちとの会話が生まれたり、見ず知らずの誰かと一緒に、景色の移ろいを共有する機会が得られますよ」

共同創設者のJohan Gjøde氏は「designboom」の記事で、この橋のコンセプトをこう語っています。

c_-_Aarhus_I_Billeder__2_-1074x803Photo by : Aarhus I Billeder

PORTADA_c_-_Aarhus_I_Billeder__1_-1074x858Photo by : Aarhus I Billeder

さて、海抜2mに設置されたこの「無限橋」の直径は60m。森の奥から延びる小川の河口にあたる部分に設置されており、風景の輪郭に調和するように、細部にまでこだわって製作されています。
潮の満ち引きによっては、デッキがほとんど海面と同じ高さになることも。普段は陸からしか眺められない風景も、この橋の上からならゆっくりと楽しめます。

SONY DSCPhoto by : DANISH TM

じつはこの「無限橋」が設置されているのは、20世紀中頃まで、木製の桟橋が架かり、蒸気船の発着が行われていたという場所。人々はその桟橋から船に乗り、余暇を過ごしに海を渡っていたと言います。形は違えど、同じ場所に木製の橋が甦ったことを懐かしむ声もあったと「Gjøde & Povlsgaard Arkitekter」は伝えています。

(c) - danskebilleder.dk (3)Photo by : danskebilleder.dk

(c) Gjøde & Povlsgaard Arkitekter (0)Photo by : Gjøde & Povlsgaard Arkitekter

 Top Photo by : Aarhus I Billeder
Reference:designboom magazine , Sculpture by the Sea
Licensed material used with permission by Gjøde & Povlsgaard Arkitekter

天草には大小120の島々が広がるとともに、島々には個性豊かな橋がかけられています。海、空、島、そして橋が織りなす美しい風景が広がっています。ここでは、天草...
本来、橋の役目といえば、対岸への移動手段。しかし、エーゲ海に面するトルコ・イズミルに架けられたBostanlı橋は、そこにとどまりません。多くの人々がここ...
2013年に立ち上げられたデンマークの音楽プロジェクト「AquaSonic」。5人のパフォーマーがそれぞれ水槽の中に身を沈めて演奏します。
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
男と女が運命的な出会いや別れをはたす場所といえば橋の上。こう決めつける訳じゃないですが、ある意味ラブロマンス映画の鉄板演出がこれでしょう。ルコントもカラッ...
「AquaSonic」は、デンマークのパフォーマンス団体「Between Music」によるプロジェクト。何といっても、最大の特徴は水中演奏です。
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
スイスのマッターホルンに世界一長い吊り橋が架けられた。全長494m、高さは85m。まさに天空に架ける橋だ。橋を渡る人の姿は、空中散歩をしているよう。高所恐...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
「Eurostat」が行なった、ヨーロッパで一番幸せなのは誰?という研究で、「デンマークのおばあちゃん」との結果が発表されました。同国は、高額な税制度と引...
北海道の上士幌町(かみしほろちょう)にある「タウシュベツ橋梁」は、ダムの湖底に沈んでいるコンクリート製アーチ型の橋。水位が季節によって変移する糠平湖という...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
始まりは1944年。セーレン・ポールセンさんは20年間海外で生活をしたあと、故郷デンマークに帰ってきました。クライトロプ湖付近にある実家は酪農を営んでいる...
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...
デンマークのレインウェアブランド〈RAINS(レインズ)〉の「Backpack O.S」は、見ての通りミニマルなバッグ。だけど、容量は14.3リットルと結...
小さな球体にギュウっと景色が閉じ込められたみたい。よ〜く見てみると、建物や人が反射したり、ゆがんだりした幻想的な光景が広がります。でも、すぐに消えてしまう...