スケートリンクを遮る「明らかにジャマな壁」の持つ深〜い意味

カナダ・マニトバ州南部の町ウィニペグを流れるアッシナボイン川。一面が厚い氷に覆われるこの時季は特設スケートリンクとして、人々のレクリエーションの場に変わるそうだ。ここに2月のある日、凍った川を横断するようにオレンジ色の「壁」が現れた。

いきなり分断
誰が見たってジャマでしょう!

じつはこれ、「Open Border」と題されたインスタレーション作品。、ウィニペグ市内で毎年開催される雪まつり「Winnipeg Warming Huts」で、今年のアウトドア・アーキテクチュア部門のウィナーに選出されたもの。

幅36メートル、高さ3メートルを超える支柱にビニールプラスチック製のストリップがだらんと垂れ下がった姿はカーテンのようでもあり、ビビッドなオレンジが雪景色にひときわ目を引く。

それにしても、なぜリンクのジャマになるこの場所にわざわざ設置したのか。そこにこそ、Open Borderの重要な意味が込められていた。

容易に通過できることが重要な
「物理的な壁」

画像からも分かるとおり、人々はこのBorderに差し掛かると、オレンジのカーテンを手でかき分けてくぐらなければいけない。これじゃジャマで仕方ない。けれど、子どもだって簡単に通ることができる。人々を遮断する境界ではなく、これは誰でも容易に通過することのできる“物理的な壁”だと、製作者のデザインラボ「Atelier ARI」は強調する。

物理的な壁…。

就任からわずか5日後、トランプ大統領は選挙戦から公約に掲げてきたメキシコとの国境を隔てる壁の建造、さらには不法移民の強制送還を急ぐ2つの大統領令に署名。「物理的な壁をただちに建設する」としたトランプの強硬姿勢に、いま世界がどう反応しているかを、誰もが渡れるこのオレンジ色の境界で示している、というわけだ。

カーテンの中では、
みな同じ人間

Open Borderには、もうひとつ心に響く仕掛けがあった。

前後のカーテンの隙間には、人ひとりがすっぽり隠れるほどの内部空間がある。ひとたび銀世界からこのカーテンの内側へと入ってしまえば、目も、髪の毛も、肌の色さえも見分けがつかないということ。つまりはどんな人だって、みんな同じに見える。

「国境のない国は国ではない」、国土安全保障省の式典でこう述べた米大統領。皮肉にもこの開かれた境界では、人と人とが自由に行き来できるのに、本物の壁はそれを分断しようとしているようにも思えてしまう。

Licensed material used with permission by Atelier ARI
他の記事を見る
アメリカとメキシコの国境にビアバーをオープンする計画を発表したのは、スコットランドのマイクロブルワリー「BrewDog」。MAKE BEER, NOT W...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
大統領選挙中からトランプ氏が訴えていた、アメリカとメキシコの国境に壁を建設するという主張。現実離れして聞こえますが、当の本人はいたって本気でその必要性を訴...
トランプ政権を揶揄したアメリカンなジョークグッズと思いきや、その逆。トランプ支持者が作ったものだそうです。
2020年に出港を始めるクルーズ船「Mardi Gras」には、ジェットコースターが設置されるとのこと。その名にふさわしくクレイジーですね。
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
「CleanseBot」は、殺菌灯にも使用される紫外線(UV-C)を照射し、ベッドシーツなど衛生的に気になるものを除菌してくれます。カバンに入るサイズで持...
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
火星のクレーターが写っている一枚の写真。このクレーターの表面は、白い靄のようなもので覆われているように見え、その様子がまるでスケートリンクのようだと噂に。
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、昨今のセクハラ問題について思うこと。
「絶景のなかでアイススケートをする美女」。その言葉だけでも絵になりそうな予感がしますが、この動画は間違いなく想像を超えるはず。こんなところで滑れたら気持ち...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...