拝啓 トランプ大統領─これが「Sh**hole」の魅力です─

Dear President Trump,

「クソなにもない」島は、いつも晴れている。

雄大で「クソなにもない」ところが待っている。

「クソなにもない」人たちが、あなたを感動させる。

歴史的に「クソなにもない」ランドマーク。

私たちの「クソなにもない」文化が、記憶に残るだろう。

Sincerely,
#LoveHaiti

ハイチ≠肥溜め

全てに共通して使われているのは「Shithole」。

もう、気づいている人もいるでしょう。これは、トランプ大統領がハイチをはじめとした中米やアフリカの国々を、「Shithole」と呼んだとされることに関係しています。(本人は否定。)

直訳をすれば、「くその穴」。他のメディアでは「肥溜め」や「便所」と表現されています。日本語にうまく当てはめることができないので難しい翻訳ですが、非常に侮辱的な意味が込められています。

そんな言葉を逆手にとって利用したのが、ハイチの広告代理店「Parkour Studio」。彼らは、“ハイチの魅力”に“トランプ大統領の発言”を組み合わせたイメージを、アメリカの街に広めるために、「GoFundMe」で資金調達をスタートすることにしました。

キャンペーンサイトには、こんなメッセージも残されています。

「あなたがハイチに来て、トロピカルで“クソなにもない”島体験ができるように願っています」

広告代理店の華麗で、清々しい皮肉に賛同した人たちが、今、多くのサポートをしているそうですよ。

Licensed material used with permission byGoFundMe
他の記事を見る
Google Chromeの拡張機能を使ってトランプ大統領のツイートを8歳児のクレヨン手書きフォントに変換してみたら……。
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
日本人にはドナルド・トランプの魅力が理解しがたいという話を何人かの友人から聞きました(信じてほしいのですが、イギリス人だって同じです)。彼の派手で荒々しい...
トランプ政権を揶揄したアメリカンなジョークグッズと思いきや、その逆。トランプ支持者が作ったものだそうです。
3月にオークションで落札されていたトランプの生家、Airbnbを通して宿泊できることになり話題を集めている。場所はニューヨーク州のクイーンズ区。家の中は幼...
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
アメリカで活躍するデザイナーJoe Doucet氏が制作したお遊び要素一切なしのトランプ。シンプルな佇まいで純粋にゲームに集中できそうです。本気でトランプ...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
歴史も国も違う文化が見事に融合したトランプで七並べでもしながら、1つひとつ手にとってじっくり絵柄を楽しみたい
ドナルド・トランプ大統領の毎回のツイートに友達のようにリプライを投稿する男性。実はアメリカの人気コメディ番組の「サタデー・ナイト・ライブ」の放送作家のジョ...
第45代アメリカ合衆国大統領、ドナルド・トランプ。数々の女性蔑視の発言は多くの議論を呼んできた。大統領就任式の翌日「ワシントン・ウィメンズ・マーチ」で歌手...
大統領選挙中からトランプ氏が訴えていた、アメリカとメキシコの国境に壁を建設するという主張。現実離れして聞こえますが、当の本人はいたって本気でその必要性を訴...
元大統領だとは考えられないエピソードで、ビックリ!
メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領が、大統領官邸(通称“ロス・ピノス”)をカルチャーセンターとして一般公開しました。
ポケモンゲットで集票も獲得できる?日本よりも一足先にアメリカでローンチされた「ポケモンGO」。その爆発的人気は、米大統領選にも影響を与えようとしている。ヒ...
「皆が誇れる大統領に」──、接戦を制した共和党候補のドナルド・トランプは、勝利宣言で高らかにこう表明した。アメリカを二分した今回の選挙を象徴するように、両...
7月25日、あのハリウッドスターなどの名前が刻まれている星形プレートが粉々になっていたそう。
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
トランプにも色んなデザインのものがありますが、犬好きのみなさんに是非オススメしたい可愛いトランプがありました。サンフランシスコのアーティスト、John L...