男たちを心の闇から救う、些細な違和感に気づけますか?

人は見た目からでは判断できない。それを痛烈に教えてくれるオーストラリア発の動画が話題になっています。

屈強な男性たちが、自分たちのスキルを披露してくれる内容。変わっていることといえば、音声の代わりに字幕が流れる点。

「スキル自慢」をする男性たち

553cd406f4b2d7415d00f10e774677eb523e7905

字幕:「まずは、こうやって穴を探して…」

と、パンクしたタイヤの修理方法を見せてくれる男性。

1ae0bd6bb74974d88919e1f5d1303e296ebd4c5e

こちらは、空き缶を使った釣りの裏技を披露しています。

字幕:「これは家で準備しておくといいね」

 

B0f79e4733718294f4cfe55d2a3df56fa45ddb85

こちらも、バーベキューのときに使える裏技を披露。

字幕:「お湯を準備するんだ」

なるほど、それぞれの専門家が役立ちハックを教えてくれる。何かあったら役に立ちそうですよね。

だけど……、

彼らの“言葉”に耳を傾けて

91c8ed830a9fe3e70f170c5edb45011b9b736d50

「彼らが本当は何を言っているのか、ちゃんと聞いてください」

こうスクリーンに表示され、同じ動画がもう一度再生されます。ただし今回は、音声つきで。

すると男性たち、字幕ややっていることは全然関係のない、自分自身の心の悩みについて語っているじゃありませんか。

見ている人はそのことに気づきません。なぜなら、男性は悩みを隠すのがうまいから。そして誰も、彼らが心の悩みを打ち明けているとは思いもしないからです。

でも、男性にだって悩みはある。自分の苦しみを話したり相談したりする相手が必要なのは、考えれば誰でもわかること。それをなかなか言い出せない。じゃあ、こっちから聞いてあげれば少しは話しやすくなるかもしれない。

そんな想いを込めてつくられた動画でした。

豪男性の自殺率は女性の3倍

このCMはオーストラリアのNPO「the Movember Foundation」が作成したもの。代表のMartinさんがこう訴えます。

「大半の男性が、友達が悩みを打ち明けてきたら彼をサポートすると言っています。でも、逆に悩みを相談することはほとんどしていないのが現実」

オーストラリア政府の統計によると、同国では1日8人が自ら命を絶っている計算になるんだそう。男性の自殺率は女性のおよそ3倍。この数字は、誰にも苦しみを話せずに、沈黙の中で苦しんでいる男性の数が多いことを示しています。

「ただ、助けが必要かを聞き、話を聞いてあげることが重要」

と、Martinさん。もしかしたら、身近な人でも気づかないような苦しみを抱えているかもしれません。 

「男性は強いから、悩みを相談したりしない」

こんなステレオタイプは、日本だけではなく世界共通。あくまでステレオタイプだけど、周りも男性の悩みを聞いてあげられるような環境ではないかもしれない。みんなが無意識に作り出している、その環境にハッと気づかされるCMでした。

Licensed material used with permission by Movember Australia
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...
毎週、平均3人が自殺している。これはオーストラリアの先住民、アボリジニの話。特に若い男性の自殺率は、世界的に見ても高いんだそう。そんな問題を「アプリ」で食...
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...
9月10日は「世界自殺予防デー」です。日本の自殺率は世界でも高いなか、私たちには何ができるのでしょうか。アメリカの自殺予防団体が挙げる自殺のサイン。これを...
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
カナダのYouTuberであるDaniel Tillotsonさんが、「これまでにやった1番バカなこと」と言いながらシェアをしていた動画の紹介です。
日本人アーティストのアボガド6が描いたイラストには「現代社会の深い闇」が生々しく表現されている。
鳥かごの中で仕事をする小鳥、自殺する時計…。ポップなイラストの中に現代社会の闇を描いているのは、Elia Colomboさん。彼が発している強烈なメッセー...
中国・南京長江大橋で、一人の女性が橋の上から自殺を試みようとしていた。が、たまたまその場を通りがかったバスの運転手はとっさの判断で緊急停止し救助に向かった...
今の時代だいぶ働きやすくなったのかもしれないけれど、まだまだ「社会の闇」が存在するのも事実。会社に全てを捧げることに疲れた……。もし、こんな悩みをもつ人が...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
社会の闇を感じるイラストを見つけました。スーツが「喪服」のように見えてしまうサラリーマンたちを見ていると、仕事とは人生において何なのだろう。そう思わずには...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
自ら命を落とすのは人間に限ったことではないのかもしれない。先月トルコで80頭もの羊が崖から飛び降りる事件が起きていたのだ。トルコ国内での集団飛び降りは20...
Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
自殺未遂をする数時間前に撮影をしたセルフィーだとして、SNSに投稿したZoeさん。その表情は和やかで、とても自らの命を絶とうとしているとは思えない。記事で...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。