11月に「口ひげを生やす人」が増えた理由とは?

あなたの周りに、11月になると急に口ひげを蓄え始める外国人の友人はいませんか?

日本ではまだあまり知られていませんが、じつはこれ「MOVENBER」と呼ばれる「前立腺がんや精巣がん、鬱を原因とした自殺などで、男性が若くして命を落としてしまうこと」にSTOPをかけるためのチャリティ活動なのです。

「MOVENBER」とは、オーストラリアで口ひげを意味する「MO」と11月の「NOVENBER」を組み合わせた造語。2003年、オーストラリアのアデレードで30人の活動から始まったこのキャンペーンは、2015年には21ヶ国500万人が参加する人気キャンペーンとなりました。

これまでに7.1億ドルもの寄付を集めることに成功しているとのことです。

参加は、いたって簡単。

11月の頭にひげを剃ってクリーンな状態にし、それから一ヶ月、口ひげを伸ばし続けるだけ。MOVENBERに参加する男性は「MO BRO」と呼ばれます。MO BROは口ひげのみを生やし、あごひげは毎日綺麗に剃ります。

仕事上の理由でひげを伸ばせない人や女性の賛同者(MO SISと呼ばれる)は、口ひげマークのグッズをつかってアピールすることもできます。

また、口ひげを伸ばすだけでなく、健康で長生きできるようにランニングするなど、体を動かすのも参加するひとつの方法です。

Sydney Mo Sistas at Bondi Beach getting ready to charge Movember in 4 days! #Movember

Movember Foundationさん(@movember)が投稿した写真 -

始まりは、雑談から。

じつはこのMOVENEBER、そもそもの始まりは口ひげトレンドを復活させようとした2人のオーストラリア男性の雑談がきっかけでした。それが、次第に男性がかかる前立腺がんや精巣がんといった病気を支援する活動へと変化していったそうです。

最終的な目的は、寄付金を活用して、若くして亡くなる男性を減らすこと。

ですが、キャンペーンに参加している人たちはみんな「楽しみながらチャリティをしよう」という気持ちに溢れています。一ヶ月に渡るキャンペーンの締めくくりパーティでは「口ひげアワード」が開催され、MOVENBERのホームページに投稿された口ひげ写真の中から、その年で一番ステキな口ひげやダサい口ひげが選ばれます。

日本ではALS(筋萎縮性側策硬化症)の支援活動であるアイスバスケットチャレンジや、女性の乳がんの啓蒙活動であるピンクリボン運動が有名ですが、このMOVENBERはまだあまり知られていません。

しかし海外では、飛行機や船、バスなどに口ひげの塗装を施して普及したりと、着実に広まってきています。

今までは思い切ってひげを伸ばすことができなかったあなた。11月の間だけでも伸ばしてみてはいかがですか?そして友人から「なんで急にひげを?」と聞かれたら、MOVENBERについて話してみてください。

Licensed material used with permission by Movember
気温が高い地域ってわりとノンビリとしたイメージがあるので、これは意外です。
2019年、月からのHDライブ中継が見れるかもしれません。Vodafone GermanyとNokiaは宇宙開発企業PTScientists社とコラボし超...
9月10日は「世界自殺予防デー」です。日本の自殺率は世界でも高いなか、私たちには何ができるのでしょうか。アメリカの自殺予防団体が挙げる自殺のサイン。これを...
誕生月をチェックするだけで、性格が丸裸になる。とまでは言わずとも、なかなか当たっていると評判の記事が「Higher Perspective」に掲載されてい...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
月が美しい季節です。太陽のひかりの時間が短くなると、月灯りが広がり、穏やかで長い夜がはじまります。月は、私たちのこころを、静かに内省に導いてくれる存在です...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
東日本大震災から7年。あの光景は忘れていないし、忘れてはいけないと、心に刻んでいます。そして、未曾有の出来事がいつ自分の身に起きてもおかしくないのだと、こ...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...
この「MOON+SUN」は、NASAの月探査機「Orbiter」のデータを元に1/2千万スケールで製造された月球儀。このこだわり、人によってはものすごくグ...
近頃、なにかと話題のおうし座流星群。どうやら今月上旬がピークとなり、観測の大チャンスなんだそう。しかし、11月の大空には他にも知っておくべき見どころがあり...
10月中旬から11月末にかけてはおうし座流星群の観測チャンス。ゆっくりと流れる星が多く、比較的明るい流星(火球)が観測されることで知られています。2015...
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
クラウドファンディングサイト「Indiegogo」から、2018年のイノベーティブプロダクト賞を勝ち取った月球儀「LUNAR」。約2300万円の資金調達に...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、5月病にならない方法。
オーストラリアの議会で、ある男性議員は同性のパートナーにプロポーズ。ちょうど、同性婚を合法化する法改正案を審議しているところでした。答えは「YES」。議場...