タジンだけじゃない。日本でもジワジワとファンを増やしているモロッコ料理を知ろう

モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、ビーフ、チキン、ケフタ(挽肉)……などメニューは幅広い。 他にも様々な料理があるが、どれもスパイスが程良く効いていておいしいものばかり。日本人の舌にも合うのは、全体的にヘルシーで味も複雑で洗練されているからだろう。

最近では国内でもモロッコ料理のお店が増えてきている感があるし、旅行先として考えるなら食べるべきメニューは知っておきたいところ。基本的なモロッコ料理をまとめてみた。

ケーキみたいな前菜
「パスティーラ」

粉砂糖と茶色の色みがまるでチョコレートケーキのようだが、実はパイを使った包み料理。中身は鶏肉が使われる。手が掛かるため、モロッコ料理専門店でもメニューにないところもある。

朝食の定番!
「ムサンメン」

バターとオイルを層状に練りこんだクレープのようなもので、モロッコで食べる朝食の定番。

タジンに似た郷土料理
「タンジーヤ」

マラケシュの郷土料理。素焼の壺で肉を長時間煮込んだもので、ポピュラーなタジンと同じような作り方だが、本場モロッコでもどこのレストランにあるものではない。

某人気ドラマでも話題に
「ハリラ」

トマト、タマネギ、ヒヨコマメが入ったスープで、だしは魚介や羊肉など様々。栄養満点でやさしい味。ラマダン明けに最初に口にするのがこのスープなんだとか。

サラダだってクミンの風味で!
「モロカンサラダ」

ダイス状に切った野菜をクミン味のドレッシングで和えたもの。主役はトマトとタマネギ。

世界最小のパスタ
「クスクス」

小麦粉で作る細かいパスタで、最も有名なモロッコ料理の一つ。毎週金曜日に食べるものとされている。

じつはなんでもアリ!?
「タジン」

タジンとはこの鍋のことなので、野菜だろうが肉だろうが、これに入れば何でも「タジン」と呼ばれる。

モロッコ料理で
ソースといえばコレ!

モロッコ料理でポピュラーなソースといえば、ハリサという辛味調味料をベースに作ったもの。肉料理などによく合う。

モロッコ中で売られている
オレンジジュース

フレッシュオレンジジュースは食卓に並ぶ飲み物の定番。モロッコの街中にもジューススタンドが多数。

ちなみに、モロッコ人は日本食を見てもおいしそうと思わないらしい。その理由は、「黄色くない」から。確かにモロッコ料理はどれも黄色や赤など、暖色系の色みばかり。日本の焼き魚や海苔、醤油味の煮物などは、彼らにとっては「揚げている!」にものに見え、あまり食欲をそそらないという。


そのほかのモロッコの記事はコチラ

All Illustration by Tsukune Kyoko
Licensed material used with permission by 『トリコガイド モロッコ』

近年、旅好きの間で人気のモロッコ。東洋とも西洋とも違う文化を感じる町並みや世界遺産に広大な砂漠、さらにはタジン鍋に代表されるモロッコ料理に可愛い雑貨と、と...
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
ヨーロッパの人々にとってモロッコは極めてメジャーな存在だ。スペインからジブラルタル海峡を挟んで僅か14kmの所に位置するこの国は、「手軽に異国情緒を味わえ...
本場モロッコでは「そんなに?」と思う高さから注がれるミントティ。角砂糖をたっぷり入れて飲む不思議な味に、旅行者は戸惑いつつも、モロッコを離れる頃には名残り...
「中庭付きの邸宅」、「緑のある家」という意味のアラビア語であるリヤド。モロッコの上流階級が建てたリヤドは、今宿泊施設となって、多くの観光客を楽しませていま...
モロッコの革製の履物「バブーシュ」について。さまざまな情報が断片的に載っているけれど、どこよりもまとまってる自信、アリマス!バブーシュとは、カカトが折れて...
リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...
モロッカン陶器ができるまで幾何学模様の組み合わせでできたゼリージュや鮮やかな色……日本でも人気の高いモロッカン陶器。フェスは陶器の代表的な産地だ。「フェス...
インタビュアー(以下I):おいおいお前たち、なんで木に登っているんだ?ヤギ(以下Y):僕たちが住むのはモロッコのサハラ砂漠地帯なのだメ〜。I:砂漠が何か関...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
もし、日本の食卓に並んだら、箸が進まないかもしれない。でも、他の国では愛され、好まれる料理を「The Infographics Show」の動画で紹介され...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
一見すると、だし汁に浸して食べる兵庫県の郷土料理「明石焼」に見えなくもない。けれどこれ、オーストリア・チロル地方の家庭料理として親しまれている「シュペック...
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
小林豊/Yutaka Kobayashi海外で大ブームとなっている日本食。現在その厨房に立ち、世界に挑んでいる料理人がいる。言葉が通じなくてもどんな人でも...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...