ここに滞在するだけでも旅になる、モロッコの小さなホテル

モロッコの経済の中心地マラケシュにあるホテル「Riad Jardin Secret」。決して大きくはないその建物に一歩足を踏み入れると、歩き回りたくなる衝動に駆られそう。

思わず写真に収めたくなるような淡いピンク色の壁に囲まれた可愛い空間や、モロッコの建築様式が反映されたエスニックな空間がある。中へ進むと、緑が生い茂った中庭が。中央には小さな噴水が設置されていて、まるで都会の中の“プチオアシス”のよう。

特別に秀でたモノはこのホテルにはない。けれど、歩を進めるたびに、このホテルの内観は多様で心地いい表情を持っていることに気づかされる。異国の地で抱く旅人の冒険心を、更に高めてくれるだろう。

ゲストにはゆったりとした時間を過ごして欲しいというホテル側の想いから、部屋にテレビはないとのこと。でもここなら、飽きることがなさそう。

屋上にはベジタリアンレストラン「The Pink Rooftop」もあり、地元の野菜を使用した料理が愉しめる。

観光名所のジャマ・エル・フナ広場までは徒歩約15分。このホテルを拠点にして、マラケシュの街を巡るのもいいのですが、ずっとこもっているのもいい旅になりそう。

©rigotang
©rigotang
©rigotang
©rigotang
©rigotang
Top image: © rigotang
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
もうすぐ一周年の「コモ ウマ チャングー」。このホテルの一番の特長は、優美な曲線を描く屋根付きプールがあるペントハウス。バリで優雅な時間を味わう旅を検討し...
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
Jamieさんは、モロッコまで飛び、「Anfa riders」というカサブランカのモーターギャングの日常を、動画におさめました。
近年、旅好きの間で人気のモロッコ。東洋とも西洋とも違う文化を感じる町並みや世界遺産に広大な砂漠、さらにはタジン鍋に代表されるモロッコ料理に可愛い雑貨と、と...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...