「誰もが憧れるライフスタイル」を手に入れるコツ

6月から10月はポルトガルの海岸線、残りの期間はモロッコの海岸線を移動しているカップル。彼らは毎日のようにサーフィンやヨガを楽しんだり、カイトサーフィンやサイクリングを満喫したりしている。

きっと誰もが憧れるライフスタイルだ。

そんな生活を送るポイントは一体なんだろうか。

「好きを仕事に」ではなくて……

© Truck Surf Hotel

Daniela CarneiroさんとEduardo Ribeiroさんは、現在「Truck Surf Hotel」という移動式ホテルを経営している。

利用者は、彼女たちが運転するトラックに乗りながら、ポルトガルもしくはモロッコの海を転々として、その場でサーフィンができる。つまり、人が少なく良い波のあるスポットにほぼ確実に行けるのだ。

そのついでに、彼女たちは自身の趣味も楽しんでいる。

© Truck Surf Hotel
© Truck Surf Hotel
© Truck Surf Hotel

どんなサーファーでも行きたくなるようなサービスを提供しているDanielaさんは、以前はエンジニアとして働いていたそう。世界を見て回りたいと決意して、2013年に仕事をやめることに。

そして、旅の途中でサーフィンと写真に出会った。それは自分の趣味と向き合える自由を手に入れた瞬間でもあった。

なんでもできるライフスタイルを手放したくない。なんとかして同じような生活を続ける方法はないか?と必死に考えて、頭に浮かんだのが「Truck Surf Hotel」のアイデアだった。

趣味のために仕事をする

© Truck Surf Hotel

Dnielaさんがサーファーや写真家の道を歩んでいたら、今の理想の生活はなかったかもしれない。

プレッシャーと戦い続けながら波に乗ったり、危険を冒しながらシャッターを切ったりしていた可能性もある。

だけど、彼女は「Truck Surf Hotel」の経営を通して、好きなサーフィンと写真を楽しんでいる。パートナーのEduardoさんも同じだ。自分の経験を生かして、サーフィンとカイトサーフィンのレッスンをホテルの利用客に提供している。

好きを仕事にしていないからこそ、誰もが憧れるような理想のライフスタイルを送れているのだろう。

Licensed material used with permission by Truck Surf Hotel
特別秀でたモノはない。けれど、歩を進める度に、このホテルの内観は多様で心地いい表情を持っていることに気づかされる。異国の地で抱く冒険心をくすぐってくれるモ...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
カニエ・ウェストがトラヴィス・スコットを迎えた新曲『Wash Us In The Blood』をリリース。虐殺、奴隷といった単語が登場し、現在も進行中であ...
ポルトガルの首都リスボンからバスで約1時間の港町セトゥーバルにある、世界1位のゲストハウス「RM Guest House - The Experience...
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
長野のイタリアンレストラン「ピュルンゴ」でジビエ料理を提供するオーナーシェフの長崎晃は、駆除された野生動物の皮を有効活用すべく、ライフスタイルブランド「I...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
Jamieさんは、モロッコまで飛び、「Anfa riders」というカサブランカのモーターギャングの日常を、動画におさめました。
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
本場モロッコでは「そんなに?」と思う高さから注がれるミントティ。角砂糖をたっぷり入れて飲む不思議な味に、旅行者は戸惑いつつも、モロッコを離れる頃には名残り...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
ポルトガル・イダーニャノヴァで開催されている「Boom Festival」は、何にも縛られない独立性を確立した野外フェスです。だから、スポンサーに頼りません。
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
「ミズノ」は、同社史上最高の反感性を実現したシューズ用ソール素材「MIZUNO ENERZY」を開発。接地時のエネルギーをため、それをできる限り逃さないこ...
お風呂のソムリエが作った「お風呂で洗えるマスク」は、サッと洗えてすぐに乾く。イタリアのバスローブの生地を利用したその素材は、丈夫で汚れも目立ちにくく、使い...
多様なライフスタイルに対応する冷蔵庫「BESPOKE Refrigerator」と「Cube Refrigerator series」を「Samsung」...
今回取り上げるフェスが開催されるのは、「Montemor-o-Velho Castle」という城。ここはポルトガル政府が定める重要な遺産のひとつとして、1...
近年、旅好きの間で人気のモロッコ。東洋とも西洋とも違う文化を感じる町並みや世界遺産に広大な砂漠、さらにはタジン鍋に代表されるモロッコ料理に可愛い雑貨と、と...
「中庭付きの邸宅」、「緑のある家」という意味のアラビア語であるリヤド。モロッコの上流階級が建てたリヤドは、今宿泊施設となって、多くの観光客を楽しませていま...
8月11日にオープンした複合スポーツエンターテイメント施設「スポル品川大井町」。新宿や渋谷からでも電車で30分とかからないくらいの場所にあります。
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...