「誰もが憧れるライフスタイル」を手に入れるコツ

6月から10月はポルトガルの海岸線、残りの期間はモロッコの海岸線を移動しているカップル。彼らは毎日のようにサーフィンやヨガを楽しんだり、カイトサーフィンやサイクリングを満喫したりしている。

きっと誰もが憧れるライフスタイルだ。

そんな生活を送るポイントは一体なんだろうか。

「好きを仕事に」ではなくて……

© Truck Surf Hotel

Daniela CarneiroさんとEduardo Ribeiroさんは、現在「Truck Surf Hotel」という移動式ホテルを経営している。

利用者は、彼女たちが運転するトラックに乗りながら、ポルトガルもしくはモロッコの海を転々として、その場でサーフィンができる。つまり、人が少なく良い波のあるスポットにほぼ確実に行けるのだ。

そのついでに、彼女たちは自身の趣味も楽しんでいる。

© Truck Surf Hotel
© Truck Surf Hotel
© Truck Surf Hotel

どんなサーファーでも行きたくなるようなサービスを提供しているDanielaさんは、以前はエンジニアとして働いていたそう。世界を見て回りたいと決意して、2013年に仕事をやめることに。

そして、旅の途中でサーフィンと写真に出会った。それは自分の趣味と向き合える自由を手に入れた瞬間でもあった。

なんでもできるライフスタイルを手放したくない。なんとかして同じような生活を続ける方法はないか?と必死に考えて、頭に浮かんだのが「Truck Surf Hotel」のアイデアだった。

趣味のために仕事をする

© Truck Surf Hotel

Dnielaさんがサーファーや写真家の道を歩んでいたら、今の理想の生活はなかったかもしれない。

プレッシャーと戦い続けながら波に乗ったり、危険を冒しながらシャッターを切ったりしていた可能性もある。

だけど、彼女は「Truck Surf Hotel」の経営を通して、好きなサーフィンと写真を楽しんでいる。パートナーのEduardoさんも同じだ。自分の経験を生かして、サーフィンとカイトサーフィンのレッスンをホテルの利用客に提供している。

好きを仕事にしていないからこそ、誰もが憧れるような理想のライフスタイルを送れているのだろう。

Licensed material used with permission by Truck Surf Hotel
特別秀でたモノはない。けれど、歩を進める度に、このホテルの内観は多様で心地いい表情を持っていることに気づかされる。異国の地で抱く冒険心をくすぐってくれるモ...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。