常識から自由になれる! プラスの循環を生むライフスタイルの作り方って?

わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、東京とハワイに拠点を構え、デュアルライフを送る筆者が、「制約にしばられない生き方とはなにか?」についてお話します。

01.
時間・場所・人間関係…
7つの制約をなくす

もし、今のあなたの生活に何の制約もなければ、どんなライフスタイルを送っていると思いますか。多くの人は「制約のある生活を送っていると思っていない」と答えるでしょう。でも、たとえば、「30歳までには結婚しなくちゃ」「社会人になったら(いやだけど)スーツを着て満員電車に乗るのはしょうがない」と思ったことはありませんか?

こうした「思い込み」こそがわたしたちをしばる「制約」なのです。

制約とは「時間・場所・人間関係・お金・働き方・服装・思考」の7つ。これらの制約が全部ないことを前提にして、好きな場所で好きな時間に好きな服装で、人間関係にもわずらわされることなく働くためにはどういう仕事や働き方をすべきなのか。これを想像することがハッピーなライフスタイルへの近道です。

わたしは大学を卒業して就職したとき、「電車に乗らない人生を送れるようになりたい」と考えました。最初からこの制約を外すことは無理だったので、まずは満員電車に乗らないように、早起きして通勤のピークの時間帯を避けることからスタート。一方、将来的に電車に乗らない生き方をするためにはどうすればいいかも考えました。家でもできる仕事に転職すべきか、そのためにはどのようなスキルを身につける必要があるのか。

ひとつずつ制約を外して考えていくと、今の自分に必要なことは何か、が自然とみえてくるのです。

02.
○○は禁止、○○しなさい
「外部からの負荷」を避ける

制約されて生きるとはどういうことでしょうか。それは他人が決めた常識に乗せられているということです。会社員であれば、副業が禁止されている、社内での自分の席が決められている、休みの日が決められている、などです。

そもそもわたしたちは仕事をしていると、なぜストレスや疲労がたまると感じるのでしょうか。

その原因のひとつに「外部からの負荷」をかけられていることが挙げられます。「外部からの負荷」とは、自分がやりたくないことを他人から強制されて、やらされることです。たとえば子どもの頃、親から「勉強しなさい」と言われると、やる気がなくなるというのは誰でも経験があるのではないでしょうか。

一方で、外部からの負荷がない状態というのは、自由です。すべてを自主的に行えます。自主的にやるので、ストレスを感じることなく楽しくできる。楽しいからこそ、さらに打ち込むこともできて成果も上がる、という正の循環でまわっていきます。

03.
「軍隊型」「リクルート型」…
4つの働き方から
自分に合うタイプを選ぶ

あなたが会社員だとして、どうしたらしばられない生き方ができるのでしょうか。負荷のかかり方と仕事に取り組む本人の気持ちによって、働き方は4つのタイプにわけることができます。

1つ目は、「軍隊型」。外部からスケジュールを決められており、命令に逆らうと罰則が与えられるため、やっていてつらい。自分で考える力が失われていきます。

2つ目は、「リクルート型」。外部から制約をかけられてはいるけれど、働いている本人は楽しんでやっている。リクルートのような会社はこのタイプです。

3つ目は、「しばられない生き方」。内部から負荷をかけ、本人も楽しい。成果の上がりやすいこのタイプに、パタゴニアやシリコンバレーの会社が挙げられます。ただし、「しばられない生き方」は外部からの負担がまったくかからないので、やり方を間違えると堕落してしまうリスクがあります。

それが4つ目の、「ミスマッチ型」。制約のない状況に「向いていない」人がここに分類されます。こういう人はある程度レールを敷いたほうがうまくいきます。

「外部から」の負荷とは、「明日ミーティングがあるから、朝7時に会議室にくるように」というように強制的に他人から押し付けられる負荷のこと。「内部から」の負荷とは、「明日ミーティングがあるから企画書を作っておこう」というように自分の意志でかける負荷のことです。

人が成長するためには、外部からでも内部からでも、制約なくしてありえません。もし、自分が内部からの負担だけでは堕落しそうならば、「リクルート型」を目指したほうがいいかもしれません。自分のタイプに合わせた生き方をしましょう。

04.
「時間の制約が強い」
「会社の都合で転勤が多い」
といった職場はNG

しばられない生き方をするには会社選びが重要になってきます。なるべく避けたほうがよいのは、「時間の制約が強い」職場と「会社の都合で転勤の多い」職場です。

まずは「時間の制約が強い」ショップの販売員やパイロットから考えていきましょう。効率的に少ない労力で多くの成果を上げようとしても、あまりにも制約の多い仕事をしていれば、段階を踏んで制約をなくしていくという準備にかける時間さえなくなってしまいます。

次に「会社の都合で転勤が多い」銀行や証券会社といった仕事について考えてみましょう。新しい仕事を覚え、人脈を築いても転勤でまたイチからやり直さなければならず、これを繰り返すと会社の仕事以外のことを考えられなくなってしまいます。

もちろん、これらの条件がないほうが準備しやすいというだけで、制約のない生き方をまったくできないわけではありません。

それでは、しばられない生き方をより実現しやすい仕事はどんな種類のものでしょうか。それは、結果さえ出せれば自由に働くことができる職場です。オフィスに毎日出勤する必要がなく、時間の制約もなく、副業もOKという会社は外資系のIT企業などに多くみられます。

05.
将来的に制約を受けないために
目標やプランをつくる

しばられない生き方をするためには、いまの自分に足りないことは何かに気がつくことが重要です。そして、それを克服するための目標とプラン作りなど、準備することが大切なのです。目標やプラン作りなんて、それこそしばられる生き方ではないか。そんな声が聞こえてきそうです。

ところが、これはまったく逆で目標やプランがあるからこそ、将来的に制約を受けなくて済む生活を手に入れることができるのです。

目標やプランがなければ、どこに向かってゴールしていいかわかりません。それなしに「何にもしばられず生きるんだ」といって会社を辞めてしまったり、努力を放棄したら、自堕落な生活しか待っていません。

さらに付け加えると、事前準備をすることは、辛く苦しいことではありません。この準備は自分のためにしているからです。自発的な「内部からの負荷」であれば、自分でコントロールすることもできるし、やる気も湧いてきます。

人が生きる上では、どうしても何らかの制約は受けざるを得ません。そのときに、自由でストレスのかからない制約とは「内部からの負荷」なのです。

7つの制約にしばられない生き方
コンテンツ提供元:本田直之

関連する記事

わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観や時代、ライフスタイルとはどのようなものか。ここでは、日米のベンチャー企業へ投資...
わたしたちが暮らす現代社会は、いま大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
いつでもどこでも聴ける「Podcast」より、「おいしいコンテンツ」だけをピックアップ!
テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるよ...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
「働きたくない」と感じながら働いているのは、あなただけではありません。誰もが一度は経験するこの気持ち、どうやって向き合えばいいのでしょう?今記事では働きた...
建設会社の「淺沼組」が樹齢130年の吉野杉の端材を用いてつくった「森の香り」のプロダクト。
アメリカで開発されたフローティングベッド「Splash Runner」には、モーターが付いています。手でハンドルを操作すれば、自由自在に移動ができる仕組み。
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資...
コクヨ株式会社から、オフィスや自宅、3rdプレイスを組み合わせ、場所と時間を選ばずに働くワーカーに向けたビジネスバッグとアクセサリーの新ブランド「THIR...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
ライフスタルショップ「THINK OF THINGS(シンクオブシングス)」から、用途のない文房具がデビュー。
自分の思考が固いのか柔らかいのか。それは自分ではわからない。誰もが「自分の思考」を中心に生きているからだ。でも、これだけは言える。性別や年齢と関係なく、ど...
「アシックス」から、アクティブな機能性ウエアからラウンジウエアまで展開するライフスタイルブランド「UNOHA(ウノハ)」が誕生。

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのい...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
これは、アメリカのパンクロックスター、イギー・ポップが彼のファンである21歳のローレンスへ送ったファンレターの返事。イギーは普段から義理に厚く、人情深いキ...
現代では「内面の美」や「日々の充実感」を求める女性が増えているように感じます。しかし、これらの目に見えないことに価値を見いだすために必要なのは、「自分自身...
眠れない夜にオススメのアドバイスをご紹介。今夜から、試してみてください。