たった5枚入り「超贅沢ポテチ(約5,800円)」は、最高のビールに合わせるおつまみだった

どんなに美味しいクラフトビールをつくったとしても、それを飲むときのおつまみにまで消費者は気を配ってはくれない…。スウェーデンのあるクラフトビールメーカーは、そこに歯がゆさを感じていた。

最高のビールには、最高のおつまみがあってこそ。ついに、彼らは自分たちのビールに合う最高のポテトチップスを独自に開発。これがとんでもなくスゴかった。

世界一のビールに合う
世界一の“ポテチ”

Be8699b50317a1a1da613515254f675cf6f89d133ebc0159a06a49d36f98f0c95ce1c281249809d3

クラフトビールメーカー「St. Eriks brewery」が手がけたポテトチップスは、日本円にしておよそ5,800円という代物。しかもこれ、たったの5枚入りでの値段だというから驚き。 

ポテトチップスがたんに塩っぱいだけものもだったり、パリパリの小気味いい音をさせるだけのものに終わってしまっていないか。本当においしいクラフトビールと合わせるのに、そんなポテトチップスで満足していないか。

こんなことを考えるビールメーカーは、世界広しといえど、おそらくはここだけ。どこまで本気だったのかは定かでないが、コストも一切度外視したプロジェクトがスタートした。

 「The world's most exclusive potato chips. (世界で最も気品のあるポテトチップス) 」、と彼らが公言するとおり、今回のミッションは、世界一おいしい(と自負する)ビールメーカーが、世界一のポテトチップス(おつまみ)をつくること。

食のトップチームが集結
マツタケにトリュフの香り

04a68ab8731315c5fe7bf737b580c47750c9e5a25de11e97d4dc549677aea04ef9628ede6f3404bc

こだわりは素材から。ベースのポテトに選んだのはNordic ammarnasポテト。これにまとうフレーバーがまたすごい。秋の味覚マツタケに、トリュフ、スウェーデン中部レクサンド産玉ねぎに、クラウンの名を拝するディルなどが使われている。

これらの食材を厳選し、味つけの総指揮をとったのが、スウェーデン料理界を牽引するトップシェフたちによるナショナルチームだ。その味は看板商品である「インディアン・ペール・エール」と完璧にマッチするよう配合された自信作だとか。

化粧箱に入れられた過保護な贅沢ポテチは、実のところ100セットのみ限定販売だったが、リリースされるやまたたく間に噂が広まり、発売後すぐに売り切れてしまう人気ぶり。もはや、1枚あたり1,160円近いポテチがどんなものだったのか。その味を想像をするほかない。 

D206c6fdf331fecb86433add52101444d5fe084c

飛行機で例えるならファーストクラスの味わい。なのにおつまみがその味を殺してしまっていては意味がない。その味にふさわしいスナックとして、分かる人にだけ試して欲しい──。

ブランドイメージを逆手に取ったこの強気な戦略が功を奏した。しかも合わせてビールの売れ行きまで伸びたとなれば、今回の作戦を企てた張本人たちは、今ごろさぞかし盛大にグラスを空けていることだろう。

 

Licensed material used with permission by S:t Eriks Brewery
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
奈良県の「奈良漬け」は、白瓜やきゅうり、生姜などの野菜を酒粕で漬け込んだ漬物のこと。その歴史は西暦700年代、奈良に都があった平城京の時代にまで遡ります。...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
日本でもすっかり定着したクラフトビール。ブルワリーレストランがオープンしたら足を運んだりするだけでなく、酒屋やコンビニで珍しい銘柄が顔を見せると思わず手に...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...